ノラガミ

ノラガミ

二人組みの女性漫画家あだちとかの代表作。無名の神である夜トと、壱岐ひよりや雪音など、仲間との交流や成長を描いた作品。

概要

祀られる社もない無名の神である夜トは、知名度を上げる為にどんな依頼も5円でこなすデリバリーゴッドとして、便利屋まがいの布教活動を行っていた。夜トを助けようとして事故に遭い、半妖となった壱岐ひよりや、神器である雪音との関係を中心に、多くの仲間との交流が始まっていく。

登場人物・キャラクター

夜ト

八百万の神の中でも末端の存在で、祀られる社もない無名の神。黒いジャージと首に巻いた手ぬぐいがトレードマーク。知名度を上げるため、5円でどんな仕事も請け負うデリバリーゴッドとして、便利屋まがいの布教活動をしている。粗野で気まぐれな性格だが面倒見のよいところもある。非常に絵が上手い。

壱岐 ひより

黒髪の少女で、責任感があり優しい性格。夜トを助けようとして事故に遭い、魂が抜けやすい半妖体質になってしまう。半妖体質を治してもらうため夜トに依頼をし、その後、何かと夜トや雪音の世話を焼くようになる。格闘技に造詣が深いため、ある程度の妖相手であれば、勝利することもできる。

雪音

死霊としてさまよっていた金髪の少年。夜トに壱岐ひよりを助けるための神器として拾われる。神器としての姿は白銀の刀。粗野でわがままな性格。夜トに対しても非常に反抗的であったが、禊を受けた後は改心して素直な性格となる。壱岐ひよりに対しては好意を持って接している。

天神

多くの系列神社と神器を持つ有名な神。非常に多忙なため、夜トには嫌味を言われることも多いが、基本的には夜トや壱岐ひよりらに頼りにされており、何かとアドバイスを送ることも多い。

真喩

和服を着ている黒髪の女性。かつては「伴音」の名前で夜トに仕えていた神器だが、「生理的に無理」という理由から3ヶ月でやめ、現在は天神に仕えている。夜トに対するかつての縁から雪音の禊に協力する。

エビス小福

ピンクでセミショートの髪形をした女性。恵比寿は源氏名で、真名は貧乏神である。小福の名前は神器である大黒によって付けられたもの。夜トには甘く、壱岐ひよりをひよりん、雪音をユッキーなどとあだ名で呼ぶのが特徴。

大黒

エビス小福の唯一の神器。オールバックのいかつい外見をしているが、非常に家庭的である。エビス小福のことを、「カミさん」と呼ぶ。だらしない夜トとは、口論が絶えないが、雪音の禊の際には協力者探しに奔走するなど、険悪な間柄ではない。

毘沙門天

金髪ロングの美女で、歩く武器庫と形容されるほど多くの神器を武装している。大量の神器を抱えることは、身体に負担を強いるが、その苦痛を隠しているため、壱岐ひよりや雪音らに「息苦しい」、「地獄」などと言われる。かつての蛮行により、夜トのことを嫌っている。

兆麻

毘沙門天の神器で名は兆。メガネをかけた聡明な青年で毘沙門天のことを「ヴィーナ」と呼び、異常なまでに毘沙門天を敬愛している。すべての神器を取りまとめることができるため、毘沙門天の神器の中でも重要な役割を担っている。かつて毘沙門天を救った夜トに恩義を感じているため、雪音の禊にも協力した。

野良

白衣に天冠を着けた少女。多くの神に仕えた神器で、全身に無数の名が刻まれているなど、多くの神や神器から忌み嫌われている。かつて夜トの神器として、毘沙門天の神器を惨殺したほどに冷淡な性格をしている。夜トの付けてくれた名を気に入っており、夜トの真名を知る一人である。

恵比寿

長身で細身のサラリーマン風の男性。七福神の中でも大黒天と双璧をなす存在。この世の災いを制御すべく、妖を使役しているが、術者として不完全であり、妖にしばしば刺され、代替わりが多い。夜トと黄泉へ向かった際に命を落とし、その後、代替わりによって少年の姿で転生する。

イザナミ

黄泉の女王。夜トの前には壱岐ひよりなど、相対した者と親しい女性の姿で現われる。黄泉に来た夜トと恵比寿、助けに来た毘沙門天を捕らえるが、壱岐ひよりによって恵比寿以外は逃げられてしまう。

場所

黄泉

恵比寿が完全なる術者になるため、夜トともに向かった、イザナミが存在する場所。

アニメ

ノラガミ

住所不定無職のマイナーな神夜トは、自らの社を建てるため5円の賽銭で何でも請け負うデリバリーゴッドを名乗る。ある仕事で夜トが交通事故に遭いそうになった時、壱岐ひよりに助けられる。彼女はそのせいで魂が抜け... 関連ページ:ノラガミ

書誌情報

ノラガミ拾遺集 既刊1巻 講談社〈講談社コミックス〉 連載中

第1巻

(2013年11月発行、 978-4063713985)

SHARE
EC
Amazon
logo