食キング

潰れそうになっている料理店の店主に特訓を施し、店を立て直すという「再建請負人」をしている伝説のシェフ・北方歳三の活躍を描く料理漫画。シリーズ作に『極食キング』がある。

概要・あらすじ

潰れそうになっている料理店に現れ、一見料理と何の関係もなさそうに見えて料理の腕が上がるようになっている特訓を店主に対して施し、店を立て直すという「再建請負人」をしている料理人・北方歳三。彼は、かつて函館の老舗レストラン・五稜郭亭で「伝説」「北の至宝」とまで呼ばれたオーナーシェフだったが、弟の北方精四郎との確執から店を出たという過去があった。

全国で再建を続けているうちに、精四郎が全国の料理店を乗っ取ることで五稜郭亭チェーンの規模を拡大しようとしていることを知った歳三は、道すがら再建活動を続けながら函館を目指して北上していく。

登場人物・キャラクター

北方 歳三 (きたかた としぞう)

かつて函館の老舗レストラン・五稜郭亭の伝説のシェフとして名を馳せたが、弟の北方精四郎との確執から店を去った。現在は、潰れそうな料理店からの依頼を受けてそれを立て直す「再建請負人」となっており、バイクで全国を放浪している。再建においては、親子丼の修業として卓球の特訓をやらせたり、お好み焼きの修業としてカラオケボックスで「スーダラ節」を歌わせるなど、一見意図が全くつかめない修業を強要し、「質問は一切認めん!」が決め台詞となっている。 西洋料理のレストラン出身だが、和食や中華にも造詣が深い。また、食べる人の気持ちを何よりも大事にするのがポリシー。

北方 精四郎 (きたかた せいしろう)

北方歳三の弟であり、レストラン・五稜郭亭の現オーナー。元は歳三とも仲の良い兄弟であり、経営学を学ぶために大学へ進学したのも裏から歳三を支えるためだった。しかし、大学卒業後、経験を積むために幾つかの会社で働いていく中で人間性が大きく変化し、数字しか信じない冷徹な人間となる。 そのため、戻ってきた五稜郭亭で歳三と激しく対立、歳三が店を出て行く原因となってしまう。現在は五稜郭亭で業界を制圧する野心に燃えている。

佐々木 (ささき)

かつては北海道警に勤める警察官だったが、犯人を追う日々に疲れたことで、かつて自分を料理で感動させた五稜郭亭に再就職した男性。北方精四郎の部下として、五稜郭亭による全国の料理店の乗っ取りの尖兵となる「見廻り組」のリーダーとして働いていたが、自分を感動させた料理を作ったのが北方歳三だと知ってからは、表向きは「見廻り組」を続けながら陰で歳三のために働く。

明石 光秀 (あかし みつひで)

北方精四郎によって五稜郭亭へとヘッドハンティングされたシェフで、現在は札幌五稜郭亭のオーナーシェフであるパンチパーマの男性。北方精四郎からの信頼は厚いが、裏では徳田家康、柴山と共に、五稜郭亭を乗っ取ろうという野心を持っている。かつては純粋に料理人としての夢を追う青年だったが、想いを寄せていた料理学校同期の女性への失恋を機に、料理を権力の手段としか見ない人間へと変わっていった。 羊料理を得意としている。

徳田 家康 (とくだ いえやす)

北方精四郎によって五稜郭亭へとヘッドハンティングされたシェフで、現在は小樽五稜郭亭のオーナーシェフである眼鏡をかけた小太りの男性。明石光秀、柴山とともに、五稜郭亭を乗っ取ろうという野心を持っている。貧しい家庭に育ち、努力に努力を重ねて一流シェフとなった苦労人だが、そのために名声欲が異常なほどに大きくなってしまっており、有名人が来店するというので一般客の予約をキャンセルしてしまうような傲慢さを持っている。 海鮮料理が得意で、その腕は北方歳三も認める一流のもの。

柴山

北方精四郎によって五稜郭亭へとヘッドハンティングされたシェフで、現在は旭川五稜郭亭のオーナーシェフである男性。明石光秀、徳田家康と共に、五稜郭亭を乗っ取ろうという野心を持っている。腕は水準以上だが、店としての個性をうまく出せないことから集客に苦戦しており、経営状況が芳しくないことに悩んでいる。

北方 総次郎

北方歳三の曽祖父であり、明治時代初期に五稜郭亭を創業した料理人。煮売屋をしていた父のもとを飛び出し、箱館で西洋料理店をしていた英国人・ジョージの弟子となる。25歳の時、五稜郭に来ていた土方歳三に料理を認められたことが五稜郭亭の創業につながったため、「北の土方」の意味を込めて「北方」と姓を名乗った。

小川 清子

母親を早くに亡くした北方歳三・精四郎兄弟の乳母をしていた人物であり、現在は東京都江東区でおでん屋「清子」を営んでいる。そのおでんは歳三にとって「おふくろの味」となっている。

芹沢 丈

レストラン・横浜五稜郭亭のオーナーシェフである男性。傲慢な性格で独裁者として横浜五稜郭亭に君臨しており、いつも手にしている鉄扇で部下を威圧している。

沖田 誠

レストラン・神戸五稜郭亭の若き天才シェフ。その腕は、北方歳三でさえ一度は料理勝負で敗れたほどのもの。しかし自分の才能に溺れており、食べる相手の気持ちを考えることができていない。

近藤 虎之介

元はレストラン・五稜郭亭で働いていた腕の立つパティシエだったが、古株であったために新オーナーの北方精四郎に疎まれ退職。現在は新潟の小さな洋菓子店・とらやのオーナーとなっている。北方歳三のことは小さい頃からよく知っており、「歳ボン」と呼んでいる。

エドワード・クック

北方精四郎がイギリスより招致した凄腕のシェフ。一見すると人が良さそうだが、その実は強引な策で自身のレストラン「キャプテンクック」のチェーン規模を拡大している乗っ取り屋であり、イギリス各地で恐れられている。やはりシェフである曽祖父のエドワード・G(グレート)・クックが北方総次郎に辱めを受けたと思っており、五稜郭亭への復讐心を胸に秘めている。

場所

五稜郭亭 (ごりょうかくてい)

『食キング』に登場するレストラン。明治初期に北方歳三の曽祖父である北方総次郎が函館で創業した老舗で、現在のオーナーは北方精四郎。基本は洋食店だが、和食や中華のメニューも置いており、あらゆる客のニーズになるべく応えるという懐の深さが特徴となっている。元は横浜、神戸にのみ系列店があったが、精四郎によって旭川・札幌・小樽にも新たに系列店が生まれた。 さらに、全国のさまざまな料理店に提携を持ちかけてから最終的に乗っ取ってしまうという強引なやり方でその規模を拡大している。しかしその一方で味が落ち、客離れも徐々に起きている。

書誌情報

食キング 全27巻 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉 完結

第1巻

(1999年7月発行、 978-4537098549)

第2巻

(1999年12月発行、 978-4537098839)

第3巻

(2000年4月発行、 978-4537099041)

第4巻

(2000年6月発行、 978-4537099232)

第5巻

(2000年9月発行、 978-4537099393)

第6巻

(2000年12月発行、 978-4537099621)

第7巻

(2001年3月発行、 978-4537099812)

第8巻

(2001年6月発行、 978-4537100020)

第9巻

(2001年9月発行、 978-4537100235)

第10巻

(2001年12月発行、 978-4537100426)

第11巻

(2002年2月発行、 978-4537100570)

第12巻

(2002年4月発行、 978-4537100730)

第13巻

(2002年5月発行、 978-4537100877)

第14巻

(2002年7月発行、 978-4537101034)

第15巻

(2002年8月発行、 978-4537101119)

第16巻

(2002年9月発行、 978-4537101188)

第17巻

(2002年11月発行、 978-4537101379)

第18巻

(2003年1月発行、 978-4537101560)

第19巻

(2003年3月発行、 978-4537101751)

第20巻

(2003年5月発行、 978-4537101959)

第21巻

(2003年6月発行、 978-4537102031)

第22巻

(2003年7月発行、 978-4537102093)

第23巻

(2003年9月発行、 978-4537102260)

第24巻

(2004年1月発行、 978-4537102567)

第25巻

(2004年2月発行、 978-4537102710)

第26巻

(2004年5月発行、 978-4537102918)

第27巻

(2004年7月発行、 978-4537103083)

食キング 全6巻 日本文芸社〈ゴラク・コミックス〉 完結

第1巻

(2009年8月発行、 978-4537156423)

第2巻

(2009年10月発行、 978-4537156638)

第3巻

(2009年12月発行、 978-4537156805)

第4巻

(2010年2月発行、 978-4537156959)

第5巻

(2010年4月発行、 978-4537157109)

第6巻

(2010年6月発行、 978-4537157222)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo