パニックワールド

パニックワールド

都心で原爆の爆発時間が迫り、平凡な青年・敷井隆は、大パニックの渦中に叩き込まれる。出動する近未来仕様の自衛隊兵器群は、作者得意の緻密なメカ描写でリアルに迫り、本作のもうひとつの主役と言えるだろう。

正式名称
パニックワールド
作者
ジャンル
パニック
レーベル
講談社漫画文庫(講談社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦1978年。浪人生・敷井隆の下宿の庭から第二次世界大戦中に投下された不発原爆が発見される。この原爆は、パニック・シンジケートなる謎の組織が、爆破スイッチを握っており、もし爆破されれば国際社会の均衡は崩れ、第三次世界大戦に発展しかねない。都民が一斉非難をする中、は泰然と構えるのだったが、無人の首都にパニック・シンジケートの魔の手が迫っていた。

登場人物・キャラクター

主人公

18歳。東京都文京区の風化荘アパートの四畳半に下宿する九州出身の浪人生。路上で立ち話をした中年男が狙撃射殺されてしまい、それ以降、怪しげな人物達に身辺を嗅ぎまわられることになる。小心者で用心深いが、神... 関連ページ:敷井 隆

北野 ミレイ

カリフォルニアからの帰国子女。由紀という姉がいるが、実は姉妹は共に秘密組織パニック・シンジケートの一員。原爆爆破を阻止するために派遣された日本の秘密情報部員と相打ちになる。

集団・組織

パニック・シンジケート

『パニックワールド』に登場する組織。世界に紛争の種をまき、そのドサクサに脅迫や略奪行為を行う国際犯罪結社。第二次世界大戦中に東京へ投下された原爆を爆破すると脅し、日本政府に対し多額の金を要求する。また、都民が総避難した無人の東京に降下し、残された無尽蔵の金目のものを狙う。

その他キーワード

原爆

『パニックワールド』に登場する爆弾。第二次世界大戦中の昭和20年8月1日、広島、長崎に先駆けて東京に投下された不発弾。ナガサキ型プルトニュウム爆弾と呼ばれ、破壊力は20キロトン。この弾頭は、特殊なFM... 関連ページ:原爆

書誌情報

パニックワールド 全1巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2000年1月発行、 978-4062606776)

SHARE
EC
Amazon
logo