• モジャ公 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • フェニックス星

フェニックス星

フェニックス星

モジャ公(漫画)に登場する惑星のひとつ。読みは「ふぇにっくすせい」。

登場作品
モジャ公(漫画)
正式名称
フェニックス星
ふりがな
ふぇにっくすせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

「自殺集団」のエピソードの舞台。特殊な放射線によって惑星の住人全員が不老不死となっている。そのため「死」が非常に珍しく、それに目をつけた詐欺師のオットーは、天野空夫たちを使って「自殺フェスティバル」という一大イベントをプロデュースし、大儲けを狙った。普段は単調な日々を送っている住人たちも、このときばかりは熱狂的となり、「自殺フェスティバル」への期待を歌った「自殺のブルース」や「自殺のスキャット」が大ヒット。

さらにイベントの入場券が買えなかった人たちが暴動を起こすまでの騒ぎに至っている。

登場作品

モジャ公

ごく平凡な地球の少年である天野空夫は、もっと体の熱くなるような刺激を求め、漠然と家出を考えていた。そこを冒険する仲間を探しに地球へやってきたモジャラとドンモに目をつけられ、宇宙への旅に出ることになる。... 関連ページ:モジャ公

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo