プニャリン

背は小さくて顔も不細工だが、「プニャリン」の愛称で慕われる18歳の超天才力士と、将来実家の相撲部屋をおかみさんとして継ぐためにプニャリンとの結婚を迫られる女子高生を中心に展開するギャグ漫画。「週刊少年サンデー」2000年44号から2001年36・37号にかけて連載された。

正式名称
プニャリン
作者
ジャンル
相撲
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

わずか18歳で横綱昇進も間近という大関・男股山は、プニャリンの愛称で人気の超天才力士。しかし、プニャリンは稽古とチャンコが嫌いで、美少年とペペロンチーノが好きな変わり者だった。一方、プニャリンが所属する男館部屋の一人娘・土橋佐知子は相撲部屋に嫌気が差し、さらに不細工なプニャリンとの結婚を父親から迫られ、苦悩していた。

相撲以外にもさまざまな才能を発揮するプニャリンの予測もつかない行動に、周囲の人々は巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

男館部屋に所属する超天才力士。本名は「石井一久」。「男股山」という四股名があるが、「プニャリン」の愛称で、相撲ファンから慕われている。年齢は18歳。下がり眉に黒くつぶらな瞳、上を向いた鼻にぶあつい唇と... 関連ページ:プニャリン

私立つばめ学園高等学校に通う1年生の女の子。男館親方の一人娘。茶髪のショートカットで、活発な性格の、いまどきの女子高生。実家が相撲部屋であることに嫌気が差しており、父親が男館部屋で最強の力士であるプニ... 関連ページ:土橋 佐知子

男館親方

相撲部屋である男館部屋の親方。土橋佐知子の父親でもある。スキンヘッドで、小柄な男性。弱小部屋である男館部屋で力士たちの指導にあたる苦労人。最強ながら超天才ゆえにわがままで、予測もつかない行動をとるプニャリンには手を焼いている。娘の佐知子を大学卒業後に、プニャリンと結婚させようと考えている。

男館部屋に所属する若手力士。「男黄山」は四股名で、本名は「古田敦也」。サラサラのロングヘアで、イケメンなため、土橋佐知子から好意を寄せられている。食べても体重が88kgから増えず、相撲の実力は伸び悩ん... 関連ページ:男黄山

男道仙

男館部屋に所属する十両力士。男館部屋にいる2人の幕内力士のうちの1人。うっすらと胸毛を生やした、大柄な力士。稽古では新米の男黄山がぶつかってもびくともしない実力者。そんな男道仙でもプニャリンにはまったく歯が立たない。

男館部屋に入門した新米力士。日体体大出身の元学生横綱で、体重は145kg。角刈りでニキビがある。先輩の十両力士である男道仙を、稽古でぶちかましで倒すほどの実力者。同じく先輩力士であるプニャリンを、その... 関連ページ:香紋

山岳部屋に所属する前頭8枚目の力士。山岳部屋で一番の出世力士で超美形。横綱昇進のかかったプニャリンの大一番であたることになる。その実力差は圧倒的で、親方からは、正々堂々と戦って「負けてこい」と言われる... 関連ページ:駒ヶ岳

男館部屋のおかみさんで、男館親方の妻。土橋佐知子の母親。なぜか顔はプニャリンにそっくりで、プニャリンを非常に可愛がっている。太った男が好きなデブ専で、現役当時は太っていてぷにぷにだった男館親方と結婚し... 関連ページ:おかみさん

ペロ

男館部屋のおかみさんに飼われている犬。血統書付きのシェットランドシープドッグのメスで、おかみさんからトップブリーダーが薦めるドッグフード「バウバウチャム」を与えられ、可愛がられている。しかし、いつも同じエサのため、バウバウチャムには飽き飽きしている。

プニャリンが拾ってきたオスの捨て犬。顔がプニャリンに似ているので、土橋佐知子に「プニャリン2号」と名付けられ、男館部屋で飼われることになる。しかし、おかみさんからはプニャリンは2匹いらないと、飼うこと... 関連ページ:プニャリン2号

東京に本拠地を置くプロ野球チーム「神宮ハムスターズ」に所属する二軍選手。プニャリンの実の兄。年齢は21歳。プニャリンからは「フッ君」と呼ばれる。小学6年生の時、弟のプニャリンが「どす子」と呼ばれ、女装... 関連ページ:石井 二美男

J2のサッカーチーム「リセット大阪」に所属する選手。プニャリンと石井二美男の実の兄。年齢は23歳。プニャリンからは「ミッ君」と呼ばれる。キーパーなのにやたらと前へ出る「どすこい突進」を大阪名物と自称し... 関連ページ:石井 三津造

私立つばめ学園高等学校に通う1年生の女の子。身長180cmで、女子バスケ部のエース。黒髪のショートカットで、片目が常に前髪で隠れている。バスケ同好会の土橋佐知子の才能に目をつけ、しつこく勧誘を続ける。... 関連ページ:池山 隆美

藤井 修悟

私立つばめ学園高等学校に通う2年生の男子。身長190cmで、男子バスケ部のエース。髪型はリーゼントスタイルで、女子生徒からの人気も高い。女子バスケ部のエースで後輩の池山隆美と交際し、人もうらやむビッグカップルだったが、プニャリンに惚れた池山に捨てられる。池山を取り戻すため、プニャリンに勝負を挑む。

渡辺 進

神保(じんぼう)新聞の社主の男性。横綱審議委員会の一員でもある。眼鏡をかけ、頭髪が薄く、年齢は50代と思われる。力士としての品格と行動に問題があるプニャリンの横綱昇進に強く反対しており、たとえ全勝優勝しても横綱昇進は認めないと吠える。

渡辺 久信

墓穴組に所属するヤクザ。太って口髭を生やした、リーゼントヘアの男性。横綱審議委員の1人である渡辺進の息子でもある。かつて福満(ふくまん)部屋に所属し、三段目まで行った力士だった。今は夢破れ、カブキチョーにあるぼったくりバーで、用心棒のような仕事をしている。店に客としてやって来たプニャリンと対決する。

男館親方とおかみさんの息子。土橋佐知子の実の兄。20歳という若さながら、鳶職人として一級品の腕とカンを持つ。関係者からは「カリスマ鳶」と呼ばれ、名だたる現場にひっぱりダコの超売れっ子。それゆえ高給取り... 関連ページ:土橋 勝征

夕子

土橋勝征の妻で、年齢は20歳。ヤンキーっぽい外見をしている。夫は売れっ子の鳶職人で高給取り。しかし、夕子がブランド好きなうえ夫婦そろってギャンブル好きのため、生活は苦しい。夫と娘の理梨依の3人でアパートで暮らしている。

土橋勝征と夕子の娘。まだヨチヨチ歩きの可愛い女の子。年齢は2歳。両親がプニャリンに金をせびる際に利用されており、プニャリンに「お金貸して」と言ったり、奥の手として「プニャリンお金ちょうだい」と顔をなめ... 関連ページ:理梨依

古田

男黄山の祖父。カウボーイのような恰好をしたおじいさん。古田石油の初代社長を務めていた。北海道に東京23区が入るほどの広大な牧場を持つ。その敷地内の3か所から原油が出たため古田石油という会社を興し、初代社長に就任した。孫の男黄山こと古田敦也を可愛がっており、早く三代目社長に就任させたいと考えている。

駄羅須

男黄山の父親。古田石油の二代目社長で、年齢は36歳。名誉欲にかられて、石油業と牧場以外にリゾート開発にまで手を広げており、初代社長で父親でもある古田からは快く思われていない。引退する気はさらさらなく、まだまだ息子の男黄山に社長の座を譲るつもりはない。

権造親方

2人の横綱と2人の大関を擁する相撲界の名門・権造部屋の親方。頭は薄いが、全身が毛深い45歳の男性。体毛が伸びるスピードが異常に速く、全身を剃ってツルツルにしても、1時間後には毛深い姿に戻っているほど。権造親方が剃り落とした体毛をチャンコに入れて食べた力士は、全身がすぐに毛深くなることが判明する。

山部 太

権造部屋に所属する序二段の力士。年齢は21歳。大相撲をデータで解析することに長けている。権造親方から、権造部屋の最大のライバルであるプニャリンの弱点探しを依頼される。解析の結果、プニャリンが体毛の濃い力士に弱いことを突き止める。

CMディレクターの男性。ロン毛にサングラス、口髭と顎鬚を生やし、タラコ唇のいかにも業界人風の風貌をしている。プニャリンが出演する、プニプニマシュマロというお菓子のテレビCMで、ディレクションを手掛ける... 関連ページ:石堂

巨漢の小学生の男の子。石井二美男が所属するプロ野球チーム「神宮ハムスターズ」が、選手の養成機関として結成することになったユースチームに選出される。120km近いスライダーを投げ、二美男を空振りさせた。... 関連ページ:飯田 哲也

人気漫画家の男性。漫画雑誌「月刊少年ヴォーカル」で、「爆突モン四郎」という空手漫画を執筆している。もじゃもじゃ頭に丸眼鏡をかけて、太っている。執筆する際は登場人物になりきることが多く、ヒロインと同じ格... 関連ページ:あづま 雅

稲葉 篤紀

人気漫画家・あづま雅の担当編集者。セミモヒカンの髪型で唇の厚い男性。担当漫画の「爆突モン四郎」の原稿を受け取るのにいつも苦労している。プニャリンのファンなのだが、あづま雅の正体がプニャリンであることに気づいていない。

私立つばめ学園高等学校に通う男子。生徒からは「つばめ学園のウラ番」と呼ばれ、ツトム組というグループを結成して、文化祭の売上金を巻き上げるなどの悪さをしている。長髪を後ろでしばり、「日本一」と書かれたハ... 関連ページ:若松 勉

若松 徹心

フルコンタクトで地上最強を謳うケンカ空手「若松流」の代表。「ブッダハンド(仏の手)」の異名を持つ男性。若松勉の父親でもある。息子に怪我を負わせたあづま雅を東京総本部の道場に呼び出した。世界最強を謳う若松流よりも、あづま雅が漫画で描く爆突拳のほうが上だという言葉を受け、勝負を挑むが敗れる。

人気女性漫画家。「月刊少年ヴォーカル」という漫画雑誌で、「ボクサーみつを」というボクシング漫画を執筆している。年齢は24歳だが、公称18歳の自称・美少女まんが家。プニャリンの大ファンで、取材して「実録... 関連ページ:真中 満子

プニャリンが「どす子」と呼ばれていた中学時代、所属していた漫研の部長を務めていた男性。ハンサムで、プニャリンが一目ぼれした。プニャリンが描いた美少年のイラストを見て天才だと絶賛し、漫研に勧誘した。その後も漫画の描き方をプニャリンに熱心に指導し、投稿用の作品を完成させる。

めぐみ

東の彼女で中学生。一子相伝の地上最強拳法を自称する「爆突拳」の師範である父親の爆突五郎から、中学を卒業したらすぐに結婚して、爆突拳の継承者となる子供を産むように言われている。東と歩いているところを不良に絡まれ、車で拉致されそうになったが、プニャリンに助けられた。

一子相伝の地上最強拳法を謳う「爆突拳」の師範。ボサボサの髪に口髭を生やし、丸眼鏡をかけた男性。娘のめぐみに、中学を卒業したらすぐに結婚して、爆突拳の継承者となる子供を産むように強いる。めぐみの彼氏であ... 関連ページ:爆突 五郎

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo