ヘンルーダ

クリスタル☆ドラゴン(漫画)の登場人物。ソリル・ニャールセンとは親族関係にある。

  • ヘンルーダ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
クリスタル☆ドラゴン(漫画)
正式名称
ヘンルーダ
ふりがな
へんるーだ

総合スレッド

ヘンルーダ(クリスタル☆ドラゴン)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

緑の原の一族の族長・セドリックの娘。真の名は「フェリシア(幸福)」。金髪碧眼で見た目は華奢だが、気丈な性格をしている。アリアンロッドを追うための道具として、額を邪眼のバラーの血で汚され、以降様々な魔物に憑りつかれやすくなる。ローマ船で出会ったソリル・ニャールセンに惚れられ、彼の妻になる。

登場人物・キャラクター

『クリスタル☆ドラゴン』に登場する、ヴァイキング族の狂戦士(バーサーカー)。筋肉質の偉丈夫で、体には多くの刀傷がある。「百の傷の武装戦士」という通り名も持つ。性格は好色、粗雑で礼儀知らずだが、狡知に長...

関連キーワード

『クリスタル☆ドラゴン』に登場するエリンの島にあった一族の名。ヘンルーダの父・セドリックが族長として統括していた。邪眼のバラーによって滅ぼされ、男は殺され、女は奴隷として深淵の谷に連れ去られた。

登場作品

邪眼のバラーによって、女魔法使いアリアンロッドの村、緑の原の一族は滅亡した。彼女は、生き残った族長の娘ヘンルーダと共に、一族再興の誓いを果たすための旅に出ることになる。旅の途中、自分が伝説で語られる「...