ベルばらKids

ベルばらKids

池田理代子の代表作『ベルサイユのばら』の登場人物たちが、三頭身キャラクターとなって登場する4コマ仕立てのコメディー作品。朝日新聞社記者によるコラムと共に、時事ネタやスピンオフを含む本編のパロディネタが描かれる。キャラクターの性格や設定などは、本編とは若干異なっている。朝日新聞週末別刷り「be on Saturday」で2005年10月から2013年3月まで連載された。

正式名称
ベルばらKids
作者
ジャンル
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

大きな産声を上げてジャルジェ家に誕生した待望の赤ちゃんは、男の子ではなく女の子だった。その子はオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと名付けられ、男の子として育てられることに。やがて、アンドレ・グランディエと共にたくましく成長したオスカルは、マリー・アントワネットに仕えることで、自らの生き方を大きく左右されることになる。

登場人物・キャラクター

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ (オスカルフランソワドジャルジェ)

貴族の名門ジャルジェ家に生まれ、男として育てられた女性。生まれた時の泣き声が大きすぎて、父親であるレニエ・ド・ジェルジェに男の子と思われてしまった。おっちょこちょいでケンカっ早い性格。誕生日がクリスマスと同じであることを、ひそかに損だと思っている。バラの花びらを食べるのが好きで、色んな食べ物に入れてしまう。アンドレ・グランディエのことを愛しているが、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンのこともちょっと気になっている。 酒癖が悪く、飲むとすぐに暴れてしまうところが玉にキズ。

アンドレ・グランディエ (アンドレグランディエ)

マロン・グラッセの孫。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの遊び相手として、子供の頃にジャルジェ家へ迎えられた男性。オスカルと共に育ったため、オスカルにはタメ口をきく。オスカルを愛するがゆえに、日々妄想しては翻弄されている。どこへ行くにも何をするにも常にオスカルと一緒だが、損な役回りからは逃れられない。

マリー・アントワネット (マリーアントワネット)

フランスの王太子妃。のちにフランス国王妃となる。好き嫌いがはっきりしているため、迂闊な発言で周囲の人々とのトラブルを招いてしまうことも。ルイ16世と仲良く暮らしながらも、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンが気になっている。気まぐれな性格だが、大のお気に入りであるオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェに対しては人一倍目をかけている。 笑顔のまま寝てしまうという特技の持ち主。実在した人物のマリー・アントワネットがモデル。

ハンス・アクセル・フォン・フェルゼン (ハンスアクセルフォンフェルゼン)

スウェーデンの上院議員を父親に持つ男性。仮面舞踏会でマリー・アントワネットと運命的な出会いを果たす。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェに密かに思われながらも、その思いに気づくことはなかった。愛のない結婚を選んだことでオスカルから責められるが、生涯、アントワネットを愛し続ける。最近は韓国料理に凝っている。 実在した人物のハンス・アクセル・フォン・フェルゼンがモデル。

ルイ16世

フランスの王太子。のちにフランス国王となる。マリー・アントワネットとは政略結婚だったが、持ち前の優しさを発揮しながら楽しく暮らしている。物静かで穏やかな性格が災いしてか、王室では影が薄い。趣味の錠前作りに没頭するあまり、アントワネットからはいつも呆れられている。実在した人物のルイ16世がモデル。

ロザリー・ラ・モリエール (ロザリーラモリエール)

パリの下町でオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェに拾われた女性。実はマルティーヌ・ガブリエル・ド・ポリニャックの隠し子だったが、召使のラ・モリエールに育てられた。首飾り事件でフランス王室を危機に追いやったジャンヌ・ド・ラ・モット・バロアの義理の妹。か弱そうに見えるが、何でも器用にこなしてしまう。 現在はジャルジェ家にてレディとして修行中。

ジェローデル (ジェローデル)

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの部下で、貴族の将校の男性。大の猫好きで、猫に話しかける時は言葉遣いが別人のように変わってしまう。猫のためなら、お金に糸目をつけないところも。上官であるオスカルを「マドモアゼル」と呼んで求婚するが、こっぴどく断られる羽目に。

マロン・グラッセ (マロングラッセ)

アンドレ・グランディエの祖母。ジェルジェ家にオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの乳母として仕えている女性。オスカルが立派に成長した現在でも「お嬢様」として接しており、オスカルの良き相談相手でもある。韓流の先駆けとして日本にブームをもたらした「冬のソナタ」の大ファン。

ル・ルー・ド・ラ・ローランシー (ルルードラローランシー)

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの姪。自分が三等身であることを気にしている女の子。大人になったら、自分もオスカルのような美人になると信じて疑わない。お化けを見ても驚かない強さの持ち主だが、テレビの有名人に夢中になるなど、女の子らしいところもある。

レニエ・ド・ジェルジェ (レニエドジェルジェ)

ジャルジェ伯爵家の当主。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェの父親。オスカルを、ジェルジェ家の跡継ぎとして、女であることを容赦せずに厳しく育てた。妻に花を贈ろうとしたり、お忍びでメイド喫茶へ行ったりなど、堅物だった本編では見られなかった一面も。

ジャンヌ・バロア・ド・ラ・モット (ジャンヌバロアドラモット)

ロザリー・ラ・モリエールの義理の姉。貴族に取り入ることでのし上がり、数々の悪事を働く。フランス王室を相手取り、首飾り事件を巻き起こす。野心的な性格だが、古いものを大事にする古風なところもある。暴露本を書いたことで、人気作家の仲間入りを果たす。

SHARE
EC
Amazon
logo