ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ

恋愛に無気力だった干物女、雨宮蛍。突然始まる上司高野誠一との同居生活や、年下のインテリアデザイナー手嶋マコトとの恋愛模様を描く。干物女という言葉を流行らせたひうらさとるの代表作。

概要

雨宮蛍は27歳、OL。職場では有能だが、恋愛には興味がなく、家でゴロゴロするのが大好き。5年も恋愛から遠ざかり、干物女となっていた。とあることから一回りも歳の離れた会社の上司高野誠一と同居することになり、事態が急変。さらに、年下のインテリアデザイナー手嶋マコトと出会い、恋愛に発展。脱・干物女の奮闘の日々が始まる。

登場人物・キャラクター

主人公

27歳。SWビルドのインテリア事業部で働くOL。広報を担当している。家では頭のてっぺんで髪を結んだちょんまげ姿で、ビール片手にゴロゴロしているか寝ているかの干物女。ひょんなきっかけで、同じ会社の高野誠... 関連ページ:雨宮 蛍

雨宮蛍の住む一軒家の大家であり、同居人。SWビルドのインテリア事業部の部長で、雨宮蛍と組んで仕事をすることになる。41歳、既婚。奥さんの深雪とは別居中。何事も用意周到、計画通りに人生を生き、整理整頓が... 関連ページ:高野 誠一

新進気鋭のインテリアデザイナー。24歳。ロンドンの研修からSWビルドへ戻ってきた。職場の女子からは癒しの王子と呼ばれる甘いルックスの持ち主。ほんわかした性格だと思いきや、好意を抱いていた雨宮蛍に自分か... 関連ページ:手嶋 マコト

LD社所属の帰国子女。手嶋マコトがロンドンにいた時に一緒に仕事をしていたインテリアプランナー。24歳。誰もが憧れるステキ女子。雨宮蛍の会社ととある事業で組んで仕事することになった。予定通りのことはキチ... 関連ページ:三枝 優華

27歳。雨宮蛍の15年来の親友で、雨宮蛍のツボを心得ているため、いいように使っている。見た目は地味だが、学生時代はみんなのファッションリーダーだった。現在はファッション雑誌の編集をしており、海外に取材... 関連ページ:古田 優子

葛西 弓子

SWビルドで働くOLで雨宮蛍の同僚。27歳。外見は地味でややぽっちゃり。淡々としつつも、雨宮蛍に鋭い質問をすることもある。

神宮寺 要

ロンドンの会社からLD社にヘッドハンティングングされた切れ者のインテリアデザイナー。27歳。三枝優華の大学の先輩で、ひそかに想いを寄せていた。恋でも仕事でも手嶋マコトをライバル視している。広島弁で話し、オラオラ系の殿様男。イケメンだが、背が低いのがコンプレックス。

虎田 六郎

高野誠一の友人であり、同僚。オネエ言葉で話す。雨宮蛍と高野が同居していることを知っている数少ない人間。山田早智子とは20代の時にダンスホールで知り合い、意気投合してからの長い付き合い。

山田 早智子

SWビルド勤務の雨宮蛍の上司でお局様。38歳。バブル時代を引きずり、周囲を置いていきがちだが、失恋した雨宮蛍にアドバイスするなど姉御肌な一面もある。

作田 葵

旦那は高野誠一の親友だったが、3年前交通事故で帰らぬ人になる。ひとり娘のすみれは、高野誠一になついており、「パパ」と呼んでいる。東京でレストランを開くため長野から戻ってきて、現在はレストランのオーナー兼シェフを務めるサバサバ系美人。娘のため、高野誠一の妻になろうと雨宮蛍に宣戦布告する。

深雪

高野誠一の元奥さん。エステティシャンをしており、雨宮蛍がたまたま行ったエステで施術してもらった。外見はぽっちゃりメガネ女子。包容力にあふれた癒し系。結婚当時は天然でマイペースな彼女に高野誠一のほうが夢中だった。

場所

高野家

高野誠一が父親のために購入した庭付き一軒家。雨宮蛍は飲み屋で意気投合した高野誠一の父親の好意で、一軒家を格安で借り暮らしていた。しかし、高野が実家に戻ってきてしまい、奇妙な同居生活がスタートする。雨宮... 関連ページ:高野家

SWビルド

雨宮蛍や高野誠一が働く総合会社。レストランや商業複合ビルなど、多方面に事業を広げている。海外で活躍するデザイナーを積極的に受け入れており、業務提携も盛んに行っている。

その他キーワード

干物女

『ホタルノヒカリ』のキーワードとなる言葉。「恋愛するより家出寝ていたい」を貫く恋愛日照りの女性のこと。ズボラな雨宮蛍の生活を見て、高野誠一が命名。反対語として、見た目・仕事・気配りと三拍子揃ったステキ女子がある。

SHARE
EC
Amazon
logo