ホリミヤ

ホリミヤ

原作者HEROが公開していたWEBコミック、『堀さんと宮村くん』をベースとした作品。お互いの秘密を知った堀さん(堀京子)と宮村くん(宮村伊澄)が、互いに惹かれ合う様子を描いた青春日常漫画。荻原ダイスケが作画を担当し、タイトルを『ホリミヤ』としている。ストーリーは概ね原作の『堀さんと宮村くん』を適宜省略しつつ再現し、『ホリミヤ』オリジナルのストーリーが追加されている。主人公以外の登場人物を主としたストーリーもあり、それぞれの視点から楽しむことができる。

正式名称
ホリミヤ
作画
原作
ジャンル
青春
レーベル
Gファンタジーコミックス(エニックス)
巻数
既刊11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

一見派手で学校では人気者だけど、実は地味で家庭的な堀さん(堀京子)と、学校では根暗で地味なメガネだけど、実はピアスだらけで刺青を入れている宮村くん(宮村伊澄)。真逆のようで似ているような2人が、学校の外で偶然出会う。2人はお互いの秘密を共有することになり、宮村くん堀さんの家に遊びに来るようになる。

お互いのことを知っていく2人の距離は、少しずつ縮まっていく。いつも1人だった宮村くんと人気者の堀さんが仲良くなったことで周囲は驚いていたが、堀さんを通して宮村くんと関わるうちに、少しずつ仲良くなっていき宮村くんに高校生になって初めて石川くん(石川透)という男友達ができる。

更に堀さんの友達である、由紀(吉川由紀)を加えた4人で学校生活を過ごすようになる。孤独だった宮村くんの世界は、堀さんとの出会いをきっかけに広がっていく。ある日、宮村くんは、いつも強気でしっかり者の堀さんの弱い一面を知る。幼いころから何でも1人でやってきたからか、人に頼ったり相談したりすることができず、1人で抱え込んでしまう堀さんと、自分が支えになろうとやさしく気遣う宮村くん

いつしか、お互いが大切な存在になっていく。ついに宮村くんが告白し、付き合うことになった2人。関係が変わり、更に距離を縮めていく。しかし、自分の容姿のせいで、堀さんが陰口を言われていることを知った宮村くんは、1つの決断をする。

登場人物・キャラクター

主人公

片桐高校2年1組在籍。進級後は3年1組。学校では美人で頭の良い人気者だが、家では弟の世話と家事に勤しむ地味な女子高生。弟の堀創太が宮村くんに懐いたことがきっかけで、彼と親交を持つようになった。見た目で... 関連ページ:堀 京子

主人公

片桐高校2年1組在籍。進級後は3年1組。学校では暗くて地味なメガネ男子。滅多に怒らない穏和な性格であるが、実はピアスだらけで体には刺青というギャップを持っている。それらを隠すため、髪を長く伸ばし、いつ... 関連ページ:宮村 伊澄

堀京子の弟。幼稚園に通っている。進級後は小学校1年生。学校の外での堀さんと宮村くんの出会いのきっかけを作った人物である。お姉ちゃんのことが大好きで、宮村くんのことはお兄ちゃんと呼んで慕っている。明るく... 関連ページ:堀 創太

明るくて面倒見の良い性格。堀さんに恋愛感情を抱いているが、友達としか思われていない。堀さんと急に仲良くなった宮村くんに最初は嫉妬していたが、宮村くんのつかめないペースに乗せられて、いつの間にか仲良しに... 関連ページ:石川 透

吉川 由紀

堀さんの一番仲良しの友達。ちょっとおバカで、騒がしい面もあるが、友達思いのやさしい子。周りをよく見ていて、石川くんが堀さんに振られたときに、寄り道に誘うなど、さりげなく相手を気遣うことができる。しかし、執着心があまりなく、自分の本当に欲しいものは手に入らないと思い込むといった、暗い一面も持っている。

書誌情報

ホリミヤ 既刊11巻 エニックス〈Gファンタジーコミックス〉 連載中

第1巻

(2012年3月27日発行、 978-4757535435)

第2巻

(2012年11月27日発行、 978-4757538061)

第3巻

(2013年4月27日発行、 978-4757539518)

第4巻

(2013年10月26日発行、 978-4757541078)

第5巻

(2014年4月26日発行、 978-4757542976)

第6巻

(2014年10月27日発行、 978-4757543256)

第7巻

(2015年5月27日発行、 978-4757546585)

第8巻

(2015年11月27日発行、 978-4757548145)

第9巻

(2016年5月27日発行、 978-4757549982)

第10巻

(2016年11月26日発行、 978-4757551671)

第11巻

(2017年8月26日発行、 978-4757554603)

SHARE
EC
Amazon
logo