マイケル・ロウジーン

マイケル・ロウジーン

フットボール鷹(漫画)の登場人物。

登場作品
フットボール鷹(漫画)
正式名称
マイケル・ロウジーン
関連商品
Amazon 楽天

概要

AFCリーグ・シルバースターズ。ポジションはキッカー、背番号5。自称、1940年代に名キッカーとしてアメフト界で嵐のように大活躍した選手。彼のセールスする「名選手物語」、「幻の名試合」という本には、当時「黄金の足」と呼ばれており、1ミリの狂いも無く80ヤードの超ロングキックを決め劇的な逆転で勝利をもたらした、とある。

シルバースターズのテストを受けに行く途中で知り合った夕日野鷹にして「シルバースターズのテスト生として前途に不安を感じてきた」と言わしめる。

関連人物・キャラクター

夕日野 鷹

AFCリーグ・シルバースターズ・ランニングバック・背番号32、クォーターバック・背番号12。幼少時代、名コーチボブ・マッケンジーにアメリカンフットボールの素質を見い出される。数年後、本場アメリカでスー... 関連ページ:夕日野 鷹

登場作品

フットボール鷹

夕日野鷹はアメフトのスーパースターとなる日を夢見て単身渡米する。スポ根漫画として一代ブームを巻き起こした『巨人の星』の作者・川崎のぼるによるアメリカンフットボールを題材とした作品。1978年、第2回講... 関連ページ:フットボール鷹

SHARE
EC
Amazon
logo