ムムリン

宇宙旅行からの帰り道、ポコムー星のムムリンを乗せた宇宙船が故障してしまう。緊急脱出したムムリンがたどり着いたのは、地球で暮らす小学生・コウタの部屋だった。容赦ない正論で相手をへこませる小学生と、予想外に歓迎されなかった宇宙人の共同生活を描いたコメディ。お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気が、漫画誌初原作を務めている。講談社「ヤングマガジン」2021年36・37合併号より連載を開始。

正式名称
ムムリン
ふりがな
むむりん
原作者
岩井 勇気
漫画
ジャンル
異星人・宇宙人
 
ギャグ・コメディ
レーベル
ヤンマガKCスペシャル(講談社)
巻数
既刊2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ポコムー星人のムムリンが、宇宙旅行を楽しんだ帰り道。四次元空間を移動中に宇宙船が爆発してしまう。緊急脱出したムムリンは、地球の日本に暮らす小学生・コウタの部屋にたどり着いた。ムムリンは、宇宙船が爆発したこと、帰る所がなくて困っていることを泣きながら説明する。しかし、コウタの対応は冷たかった。「宇宙人というだけで珍しがられ、優しくされると思うのは間違い」という容赦ない言葉で、ムムリンを突き放す。その後、お気に入りの漫画雑誌の発売日であることに気づいたコウタは、ムムリンを無視して外出。その途中で、同級生のナナちゃんと出会う。ナナちゃんは、コウタの跡をつけていたムムリンに気づいた。事情を知ったナナちゃんは「かわいそうだから泊めてあげればいい」と言う。しかし「ペット禁止だから、自分の家は無理」というナナちゃんに、コウタは猛烈に反論する。「自分は何もしないなら、かわいそうという資格はない」「そもそも"ペットを飼う"という意識は、人間至上主義で自分本位」など、痛烈な言葉にとうとうナナちゃんは泣き出してしまう。ちょうどその時、コウタのママが通りかかる。ママは「女の子を泣かせるな」と、コウタの頭をひっぱたき、ムムリンに家に来るようにと言った。こうしてコウタとムムリンの奇妙な共同生活が始まるのであった。

登場人物・キャラクター

ムムリン

ポコムー星に住んでいた宇宙人。丸い頭から手足が生えている一頭身キャラ。体の色は緑。頭頂部からは、アンテナのようなものが生えており、先には赤い玉がある。宇宙旅行の帰り、四次元空間を移動中に宇宙船が爆発し、地球にやって来る。日本に暮らす小学生・コウタの部屋に居候している。容赦なく厳しい言葉を投げかけてくるコウタに、悩まされる。器用なところがあり、コウタにラジコンカーを作ってあげたり、ママのためにロボット猫を作ったりする。

コウタ

小学生の男の子。ある日突然現れたムムリンと共同生活を送ることになる。超合理主義者で、空気を読まずに思ったことをズバズバ言う。正論ではあるが、あまりに痛烈な物言いに、大抵の相手はへこんだり泣いたりしてしまう。ただし、ママにはコウタの言葉は通じず、一喝されて終わる。

クレジット

原作

岩井 勇気

書誌情報

ムムリン 2巻 講談社〈ヤンマガKCスペシャル〉

第1巻

(2022-01-06発行、 978-4065259139)

第2巻

(2022-07-06発行、 978-4065284070)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo