底辺チューバーが宇宙戦争を撮ってみた

ポンコツ底辺動画配信者の富士宮神無は、突如として現れた巨大宇宙船と自衛隊との戦いを撮影することで人気配信者となった。配信を通して戦争の真相へとせまっていく神無の姿を描くSFパニック漫画。「少年ジャンプ+」2020年9号から配信の作品。

正式名称
底辺チューバーが宇宙戦争を撮ってみた
ふりがな
ていへんちゅーばーがうちゅうせんそうをとってみた
原作者
渡辺 恒造
作画
ジャンル
異星人・宇宙人
レーベル
ジャンプコミックス(集英社)
巻数
既刊2巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

大手動画サイト「グーチューブ」で動画配信をしていた底辺動画配信者の富士宮神無は、自身の人気と才能のなさを嘆く日々を送っていた。そんなある日、謎の巨大宇宙船によって川崎と横浜が砲撃されるという大事件が発生する。砲撃と巨大宇宙船から出現した謎のロボットの攻撃によって街は瞬く間に破壊され、神無自身も幾度となく命の危機を迎えてしまう。しかし必死に逃げ惑う中で、崩壊する街を呆然と見つめ続ける数多くの住民の顔を見た神無は、この悲惨な光景にこそ人々の需要があることに気づく。戦場となった都市の撮影を開始した神無は、命を懸けてこの戦いのすべてを世界に伝えることを決意するのだった。(File:1。ほか、4エピソード収録)

登場人物・キャラクター

富士宮 神無 (ふじみや かんな)

動画配信を生業にしている少女。頭に目立つリボンを付け、ミニスカートに黒いハイソックスをはいた奇抜なファッションをしている。愛情不足の環境で育ったため、人々から注目されることに飢えており、2年前から大手動画サイトの「グーチューブ」に日々動画をアップしている。ハンドルネームは「富士宮カンナ」。動画配信者として人気はまるでなく、動画の再生回数も一桁を連発している。そのため、ここ最近は自信喪失気味になっている。両親が不仲で、その原因が自分にあるのかもしれないと思い悩んでおり、今は親元を離れてアパートで一人暮らしをしている。動画撮影をしている時に巨大宇宙船の襲撃を受け、破壊される街を逃げ惑うことになってしまう。その最中に戦場の光景を撮影することを思いつき、その迫真の動画が1日で数千万という再生数を叩き出すことに成功。人気動画配信者の仲間入りを果たし、スターダムへとのし上がる。それ以来、世界の人々から注目される快感に取り憑かれてしまい、旧友の綾瀬と組んで危険な戦場に出向いては動画を撮影し、グーチューブにアップすることを繰り返すようになった。動画のためなら命を落とすこともいとわないという、動画配信中毒者。同じ戦場関連の動画で頭角を現した梶原マリエをライバル視している。

梶原 マリエ (かじわら まりえ)

元アイドルの少女。右目に眼帯をし、ゴスロリ調のファッションに身を包んだ中二病の美少女で、巨大宇宙船に襲撃された神奈川県の現状を撮影して「グーチューブ」にアップしている。芝居がかった言動と容姿の美しさ、動画のクオリティの高さを武器としており、同じ宇宙船動画の先駆者であった富士宮神無をしのぐ人気を獲得するようになった。神無のことは、クオリティの低い動画を作成する素人上がりの人物であると認識して見下しているが、彼女のファッションセンスだけは認めている。

綾瀬 (あやせ)

富士宮神無の高校時代の同級生で、無職の少女。明るい性格をした陽キャ。神無とは特に親しくはなかったが、彼氏とのデート中に動画配信者となった神無と偶然街で再会し、気軽に話し掛けた。巨大宇宙船の襲撃で倒壊したビルに取り残されたところを神無によって救出される。実家のある神奈川県周辺が戦場となり、帰宅できなくなったため、神無に頼み込んで一時的に同居するようになった。成り行きからいっしょに戦場の動画を撮影するようになる。

クレジット

原作

書誌情報

底辺チューバーが宇宙戦争を撮ってみた 既刊2巻 〈ジャンプコミックス〉 連載中

第1巻

(2020年4月3日発行、 978-4088821498)

第2巻

(2020年9月4日発行、 978-4088822587)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo