メッシュ

メッシュ

父親に反発して家出をし、ギャングの間で暮らしていた少年メッシュは、偶然が重なり贋作画家のミロン・ファレルと同居を始めるようになる。中世的な容姿のメッシュは様々なトラブルを呼び込むが、ミロンとの友情を深める中で、次第に精神的自立への道を見出していく。基本的に一話完結の読みきりによる連作シリーズ。中にはセリフがほとんどないものなど、実験的な手法を使った回もある。

概要

パリに住む贋作画家のミロン・ファレルは、ある夜ギャングのボス・バンの制裁で腕を折られた少年メッシュを拾う。アパートの階下に住む医師ルイ・シラノに診せ、面倒を見ているうちになんとなくふたりの同居生活が始まった。メッシュと生活するうちにミロンは、普段は感受性豊かなメッシュが、父であるギャングの大ボスジャン・サムソン・ホルヘスのことになると激しい怒りと殺意を現すのを知る。

登場人物・キャラクター

主人公

女性名で中性的な容姿を持つ少年。金髪だが、前髪の両サイドが銀髪となっているため、メッシュと呼ばれている。銀髪は12歳の頃から出てきた天然の地毛。17歳。ギャングの大ボスである父ジャン・サムソン・ホルヘ... 関連ページ:フランソワーズ・マリー・アロワージュ・ホルヘス

パリに住む贋作画家。ユトリロやシャガールなど、様々な画家の作品のの贋作を描き、贋作専門の画廊に下ろしている。多少癇癪持ちで気分にムラがあるタイプだが、空気を読むのがうまいメッシュとは問題も少なく、概ね... 関連ページ:ミロン・ファレル

メッシュの父親。パリのギャングに絶大な影響力を及ぼす、大ボス的な存在。メッシュの母親であるマルセリーナと結婚する前から、現在の妻であるエーメ・ホルヘスを恋人にしていたが、エーメが子供が生めない体質であ... 関連ページ:ジャン・サムソン・ホルヘス

ジャン・サムソン・ホルヘスの現在の妻で、メッシュにとっては義母にあたる女性。子供を産めない体質で、3人の養女を迎えている。家出をしたメッシュを心配し、折に触れてメッシュの同居人であるミロン・ファレルの... 関連ページ:エーメ・ホルヘス

パリのギャングのボス・バンの片腕。泥棒をして捕まりリンチを受けていたメッシュを助け、そのまま家に住まわせていた。メッシュがバンのボスであるジャン・サムソン・ホルヘスの「お気に入り」であると勘違いし、そ... 関連ページ:ドルー

パリのギャング。ドルーのボス。さらに上のルートを管理しているジャン・サムソン・ホルヘスの下請けのような立ち位置。ドルーの反逆に気付き、見張りをつけていた。 関連ページ:バン

ジュジュの友人。背が高く大柄な体格で、男性風の服装をしていたため、メッシュから最初男性と間違えられていたが、女性。ジュジュとはローザンヌの小学校からの付き合い。穏やかな性格で、洞察力に優れている。出版... 関連ページ:カティ

ローザンヌ出身の元歌手の女性。酔っ払って公園で歌っていたところをメッシュと出会い、友人となる。最初はメッシュを女性だと勘違いしていた。一年前にローザンヌのコンクールで入賞し、ラジオなどでも歌がよく流れ... 関連ページ:ジュヌヴィエーヴ・クールトワ

ジュジュの元恋人の男性。ローザンヌでカルテットのセロ弾きをしている。ジュジュに歌を教えたが、彼女がコンクールで入賞し、成功して自分から離れていくのではないかと不安になる。 関連ページ:ジュノー

メッシュの母マルセリーナがジャン・サムソン・ホルヘスと離婚した後に再婚したルビエの連れ子。メッシュにとっては義兄にあたる。雑誌に偶然載ったメッシュがモデルをしている写真を見て、パリのメッシュを尋ね、マ... 関連ページ:ルイード・ルビエ

メッシュの母親。メッシュが2歳の時、別の男性と駆け落ちをしてジャン・サムソン・ホルヘスとは離婚。故郷聖モーゼルに戻って幼馴染のルビエと再婚する。体が弱く、また精神失調を起こしており、メッシュを知らない... 関連ページ:マルセリーナ

メッシュの母マルセリーナの再婚相手。初老の男性。マルセリーナとは聖モーゼルでの幼馴染だった。マルセリーナの精神状態をよく理解している。ジャン・サムソン・ホルヘスの家ともつながりがあり、エーメ・ホルヘス... 関連ページ:ルビエ

メッシュの祖父。聖モーゼルに住んでいる。マルセリーナとは縁を切った状態にあるため、街の神父に連れられてきたメッシュを一度は拒むが、深夜に足をくじいたメッシュを助け、それ以降は親しく接するようになる。 関連ページ:アラン

メッシュとミロン・ファレルが暮らすアパートの階下で医師をしている初老の男性。メッシュの骨折した腕を治療するなど、何かとメッシュとミロンの世話を焼く。 関連ページ:ルイ・シラノ

SHARE
EC
Amazon
logo