モテキ

モテキ

29歳、独身、彼女なし、派遣社員の藤本幸世に突然、モテ期が訪れる。恋愛に臆病で受け身の藤本幸世が、このチャンスをものにしようと悩み苦しみながら、葛藤する姿を描く。久保ミツロウの代表作。

概要

29歳、派遣社員の藤本幸世は、独身で彼女もいない。このまま誰にも愛されず生きていくものと思っていたある日、知り合いの女性から次々と連絡が来る。それぞれタイプは違えど、みんな魅力的な女性ばかり。突然、訪れた人生初のモテ期に調子に乗る藤本幸世。しかし、恋愛に臆病なため、あと一歩のところでうまくいかない。藤本幸世の苦悩と葛藤の日々が始まった。

登場人物・キャラクター

藤本 幸世

通称・フジ。彼女なし。黒髪、メガネの29歳、独身。仕事は派遣社員。自分に自信がなく、いつでもネガティブ思考。お金も夢も持たない草食男子。リア充を妬みつつも、実は憧れている。女性に対しては、いつも受け身。豚骨スコールというタイトルのブログを書いていた。九州出身。

土井 亜紀

派遣社員。主人公藤本幸世が以前勤めていた派遣先の同僚。職場では眼鏡をかけている。黒髪ストレートのロングヘア。行動力があり、社交的で気配りのできる性格。女子力が高く、家事全般得意。後に漫画家オム先生のマネージャーとなる。藤本幸世が唯一恋人関係になれた女性。27才、千葉出身。

中柴 いつか

22歳。カメラマン志望で現在は照明助手として働く。彼氏いない歴22年。ボーイッシュで元気な女の子。ほとんどノーメイクで、服装はTシャツにGパンが多い。藤本幸世とは、漫画や音楽の趣味が合い、何でも言い合える飲み仲間。藤本幸世の友人、島田雄一に片思いをしていた。神奈川出身。

小宮山 夏樹

愛されゆるふわ読モ系女子。人懐っこく、話しやすいが、ミステリアスで謎も多い。藤本幸世がいままでで一番好きだと思っていた女性。酒に弱く、酔うと安易に男性と関係を持ってしまい、トラブルを起こす。過去には、それが原因で婚約を解消されたことも。藤本幸世より、一歳年下のOL。静岡出身。

林田 尚子

藤本幸世の中学時代の同級生で、当時はヤンキーだった。藤本幸世が帰省した際に偶然再会し、以降藤本幸世の恋愛相談に乗ってくれている。少々乱暴な性格ではあるが、根は優しく、アドバイスも的確。由真という小学生の娘がいるシングルマザー。

島田 雄一

藤本幸世の中学・高校の同級生。会社員。既婚。藤本幸世の親友であり、なにかと気にかけてくれている。特にイケメンではないが、女性の扱いに慣れているため好かれやすく、何人もの女性と浮気をしている。それが露呈し、妻のユリエとは離婚の危機にある。中柴いつかの初恋の相手。

小野坂 オム

少年誌で『キャバママは18歳!!』を連載しているマンガ家。小柄で口下手で引きこもり体質。土井亜紀を気に入り、マネージャーになってもらい、後にプロポーズするも断られる。メンタルが弱く、ネットなどでネガティブな書き込みを見ると悩んみ、疾走したり寝込んだりしてしまう。

墨田

フリーの編集者。外見は藤本幸世に似ているが、性格は正反対。口がうまく人気者で、女たらし。島田雄一の結婚式で、言葉巧みに中柴いつかに近づき、彼女の処女を奪った過去もある。小野坂オムと同じマンションに住み、落ち込みやすい小野坂の面倒を時々見ている。

神崎 桜子

藤本幸世が高校時代に憧れた先輩。生徒会で書記をしていた。可愛らしい外見で明るく屈託がない性格だが、実は生徒会室で何人もの生徒や教師と肉体関係を持っていた。高校卒業後、上京。

文子

藤本幸世の高校の後輩。藤本幸世の人生のなかで唯一藤本幸世に告白してくれた女性だが、外見が好みではなかったため断われらている。地元九州で結婚し、夫とともに居酒屋を経営している。

小宮山 基樹

小宮山夏樹の姉であり、藤本幸世の初体験の相手。小宮山夏樹への気持ちを持て余し、半ばヤケになって関係を持ってしまった。しばらく会わないうちに、地元静岡で結婚し、一児の母になっていた。

島田 ユリエ

島田雄一の妻。気さくで優しく、女性らしいタイプ。周囲には円満夫婦に見えたが、夫の浮気に気付き、実家に帰る。離婚を望んでいる。

林田 由真

林田尚子の娘。元気で気が強く、同級生の男子たちの人気を集めている。同級生の男子には冷たいが、なぜか藤本幸世には懐いている。

イベント・出来事

フジロック

実在する日本のロック・フェスティバル。毎年7月下旬または8月上旬、新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催されている。フジロックという略称および愛称で一般に広く知られている。土井亜紀と藤本幸世がはじめて一緒に行ったイベント。

SHARE
EC
Amazon
logo