ヤサカ

蒼天の拳(漫画)の登場人物。霞拳志郎とはライバル関係。

  • ヤサカ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天の拳(漫画)
正式名称
ヤサカ

総合スレッド

ヤサカ(蒼天の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

西斗月拳の使い手。テンガロンハットをかぶり普段は飄々とした態度。かつて西斗月拳の者たちが、北斗神拳の始祖・シュケンに皆殺しにされたことから、北斗神拳に対して強い憎悪を抱く。西斗の恨みは決して忘れず、北斗抹殺のために霞拳志郎たちの前に立ちふさがった。「ヤサカ」は、古代ヘブライ語で「神を見る」の意味。

登場人物・キャラクター

究極の暗殺拳・北斗神拳の六十二代目伝承者。閻王の異名を持つ。奔放でつかみ所のない性格をしている一方、朋友(親友の意)と認めたもののためには、命をかけて戦う義に厚い男である。北斗神拳の使い手として比類無...

関連キーワード

『蒼天の拳』に登場する拳法。二千年近く前、月氏の民にのみ伝えられていたという経絡秘孔を操る拳法。これをシュケンが学び極めることで、最強の暗殺拳・北斗神拳が誕生した。一撃必殺の北斗神拳と違い、西斗月拳は...
『蒼天の拳』に登場する拳法。北斗神拳の始祖シュケンの生み出した最強の暗殺拳。経絡秘孔と呼ばれるツボを突くことで、人間を体内から破壊できる。人体の潜在能力を限界以上に引き出すことができるため、常人を遙か...

登場作品

1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、三国志の時代に生まれた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者である霞拳志郎...