ユメカゲロウ

ユメカゲロウ

藤子・F・不二雄によるSF短編の一作。民話に登場するユメカゲロウの実在を証明しようとした者たちの、幻想的な体験を描く。

概要

虫博士と呼ばれる少年・深山田精一とその友人の少女は、浅野を名乗る男と出会う。彼は日本各地の民話に登場するユメカゲロウという昆虫が実在すると信じ、ある無念を晴らすためにユメカゲロウの採取に人生を賭けていた。やがて浅野と自分の祖父に浅からぬ因縁があることを知った深山田精一は、自らもユメカゲロウの存在を信じて行動を共にするが、功を焦ったために山火事を起こしてしまう。

しかし命の危険にさらされた3人は、そこで奇跡のような体験をすることとなる。

登場人物・キャラクター

主人公

虫博士とあだ名されるほど昆虫に詳しい少年。ユメカゲロウが実在すると言う浅野の話を当初は受け入れることができなかったが、数々の仮説と証拠を示され、自らもユメカゲロウの存在を信じるようになる。しかし、祖父... 関連ページ:深山田 精一

作中に名前は登場しないが、本作のヒロイン。女の子にしては珍しく、昆虫に強い興味を持つ。セミの羽化が見たいと深山田精一に頼み込み、深夜に家を抜けだしてふたりで山中へと向かったことが、ユメカゲロウを追う浅... 関連ページ:精一のガールフレンド

浅野

ユメカゲロウを追う男。祖父が一度はユメカゲロウの捕獲に成功するが、人々の前で公開するはずだった標本が消滅。それが原因で人生の軌道が狂った祖父の無念を晴らすべく、ユメカゲロウの捕獲に執念を燃やす。

『ユメカゲロウ』に登場する架空の昆虫。浅野の祖父が残したスケッチによれば、体長は25〜30mm。薄紫色で透けた羽を持ち、触覚は糸状に長い。また、複眼は光沢のある黒色となっている。最も神秘的な能力として... 関連ページ:ユメカゲロウ

SHARE
EC
Amazon
logo