ヨドバ

値ぶみカメラ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
値ぶみカメラ(漫画)
正式名称
ヨドバ

総合スレッド

ヨドバ(値ぶみカメラ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

未来から現代にやってきたカメラの販売員。作中に名前は登場しないが、『タイムカメラ』で初登場以来、しばしば藤子・F・不二雄のSF短編に登場する人物で、相手のニーズに合わせた不思議なカメラを販売しようとする。本作では、骨董店を営む竹子の父に、被写体の評価額を提示する「値ぶみカメラ」を売りに現れる。

関連キーワード

撮影した被写体の価値を「本価」「市価」「産価」「自価」という4種類の評価軸で示す機能がある。「本価」は構成する物質の材料費。「市価」は販売価格を、「産価」はその被写体が将来もたらす利益を示し、「自価」...

登場作品

家業が骨董店でカメラマン志望の竹子は、好意を寄せられる青年実業家の倉金と、仕事仲間でフリーカメラマンの宇達の間で気持ちが揺れていた。そんな折、ヨドバという不思議なセールスマンに、被写体の価値を金額で提...