ラブひな

男子禁制の女子寮「ひなた荘」の管理をすることになった、東京大学志望の浪人生浦島景太郎と、同じく東京大学志望の美少女成瀬川なるの恋模様を描いた、ドタバタラブコメディ。第25回講談社漫画賞少年部門受賞作。

  • ラブひな
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ラブひな
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
講談社コミックス(講談社) / 講談社コミックスDX(講談社) / アニメKC(講談社) / Magazine KCDX(講談社)

総合スレッド

ラブひな(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

前原 しのぶ(ラブひな)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39
乙姫 むつみ(ラブひな)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

地味と言わせない!中国拳法漫画まとめ!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
マガジン選集!忘れられないヒロイン登場のアニメ
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
文の都!文京区が舞台となった漫画特集!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

幼い頃、とある女の子と交わした「とーだいにいっしょにいく」という約束を果たしたい一心で、東京大学合格を目指す浪人生、浦島景太郎。しかし、二浪したにも関わらず彼の成績は未だにどん底で、東大合格など夢のまた夢であった。とうとう家から追い出されてしまった彼は、路頭に迷った挙句、祖母の経営している温泉旅館を訪ねることにする。

しかし、そこにあったのは男子禁制の女子寮ひなた荘だった。祖母の計らいにより、管理人としてひなた荘に住むことになった景太郎だったが、個性的な住人達に囲まれ、毎日が慌しく過ぎていく。そうした日々の中で、彼は容姿端麗、頭脳明晰の高校生成瀬川なるに徐々に惹かれていき、共に東大を目指すうちに約束の女の子の面影をなるに重ねるようになる。

登場人物・キャラクター

主人公
眼鏡をかけた黒髪の青年。大学受験のためにひなた荘にやってきた浪人生。連載開始時点では2浪だが、後に3浪となる。幼い頃、ひなた荘で女の子と交わした「いっしょにとうだいへいく」という約束を果たすために東京...
主人公
茶髪でロングヘアの女子高校生。予備校ではわざわざ眼鏡をかけて野暮ったい格好をしているため話題には上らないものの、相当の美人。優秀な頭脳の持ち主で全国模試で一位を取ったことがあるほど。東大合格には未だ程...
黒髪でショートカットの女の子。ひなた荘の住人。内気で学校の友人は少なく、おっちょこちょいな所もあるが、家庭的で面倒見の良い性格。浦島景太郎に密かに恋心を抱いており、時には大胆な行動を取ることもある。し...
黒髪ロングの女子高校生で、ひなた荘の住人。クールビューティーな身なりをしているが、その実感情が表に出やすい激情家。女子高育ちで男性に慣れていないと言うこともあって、浦島景太郎に対して刀を抜いて険しい態...
金髪で褐色の肌の女子中学生。ひなた荘の住人。前原しのぶとは同い年。明るく元気で、少々おちゃらけた性格をしている、出自不明の女の子。人懐っこく、いつも誰かにくっつきたがる。赤い月の光を浴びると大人になる...
大阪出身で関西弁を話す銀髪でショートカットの女性。ひなた荘の住人。酒、タバコ、ギャンブルの三拍子そろった親父趣味を持つ。成瀬川なるとは小学校から高校まで同じ学校に通っていた。現在はフリーター。恋に思い...
浦島景太郎の叔母で、景太郎が管理人になる前の寮長。幼少の頃からひなた荘で暮らしている。最年長として、保護者的な役回りに転じることが多い。実は瀬田記康とは東大生の頃からの付き合いで、サラ・マクドゥガルの...
沖縄出身の浪人生。浦島景太郎と成瀬川なるの傷心旅行で偶然出会い、同じ東大落ちということですっかり意気投合する。特に景太郎とはノリの波長が合うようで、東大の受験のために彼女が上京してきた後も度々遊んでい...
瀬田記康が連れている出自不明の女の子。金髪碧眼。荒っぽく短気な性格で、浦島景太郎によく暴力を振るっている。景太郎が瀬田の助手となったことで度々会うようになり、その後、瀬田の多忙に伴いひなた荘の住人とな...
浦島景太郎の義理の妹。瀬田記康の助手としてひなた荘を空けることになった景太郎の代わりに、管理人としてひなた荘にやってきた。極度のブラコンで、景太郎が他人と恋仲になるのを良しとせず、あらゆる手を使って景...
東大で考古学を研究している無精ひげを生やした男性。整った顔立ちをしている。東大在学中に成瀬川なるの家庭教師をしていた。なるには好意を持たれていたが、かなりの鈍感のためその想いに気づくことはなかった。サ...
浦島景太郎が傷心旅行の末たどり着いた島、パララケルス島に住む女の子。肌の色以外の容姿が前原しのぶと瓜二つで、歳もまったく一緒である。瀬田記康と共に考古学の研究チームで活動している。しのぶとは似たもの同...
黒髪ロングの女性。青山素子の姉。神鳴流の剣士。剣の達人で、神鳴流の長い歴史の中でも1位、2位を争うほどの強さを誇る。妹の素子の様子を伺いにひなた荘を訪れた。普段は京都の女性らしいはんなりとして優雅な態...
浦島景太郎の祖母。作中では名前だけの登場だが、彼女の発言力は絶大で、誰も逆らうことができない。新しい恋を求め世界一周旅行へと出かけたため、ひなた荘の管理を景太郎に任せた。誰もが恐れる権力を持ちながら、...
サラ・マクドゥガルの母親。故人のため、作中では名前だけの登場となる。瀬田記康と浦島はるかとは大学時代からの親友だった。

場所

『ラブひな』の舞台となる建物。元々は温泉旅館だったが、オーナーの浦島ひなたが世界旅行に出発してからは男子禁制の女子寮となった。現在は、孫の浦島景太郎が管理人となっている。銀山温泉の温泉街がモデル。

その他キーワード

『ラブひな』に登場する場所。ひなた荘の一角。現在は使われていないが、通称「縁結びの宿」で、ここに泊まった男女は必ず結ばれるという伝説の宿。政略結婚にも使われたことがある。

アニメ

東京大学合格を目指して、浦島景太郎、成瀬川なる、乙姫むつみの3人はクリスマスの季節も勉強をしていた。成瀬川なるの部屋にあった「好き」と書かれた手紙とプレゼント箱の情報を聞き、自分に告白すると勘違いした...