リアリズムの宿

リアリズムの宿

漫画のネタを探す青年が青森の漁師町で貧しい商人宿に泊まる姿を描いた旅マンガ。

概要

漫画のネタを探して旅する青年が、青森県鰺ヶ沢の貧しい商人宿で経験する出来事を描く。作者の実体験をもとに創作された「旅もの」で、生活臭が漂うリアリズムすぎる商人宿の哀愁とユーモアを描いたつげ義春の代表作のひとつ。

登場人物・キャラクター

青年

漫画家。漫画のネタを拾いに旅をしている。商人宿をネタに作品を描くことを思いつき、青森県鰺ヶ沢の商人宿に泊まるが、想像以上に生活臭が漂う貧しい様子に辟易とする。

宿屋の子供

青森県鰺ヶ沢の貧しい商人宿モリタ屋の息子。小学五年生。学生服にチョッキを重ねている。お客の夕食を運ぶなど、宿の手伝いをする。

オカミさん

青森県鰺ヶ沢の貧しい商人宿モリタ屋の女将。病気の夫と寝たきりの父、3人の子供がある。宿の様子を見て逃げ出そうとする青年を必死で引き留める。

場所

モリタ屋

青森県鰺ヶ沢の商人宿。古びた平屋。寝たきりの老人、病気の主人、オカミさん、子供が3人いる生活臭が漂う宿。

SHARE
EC
Amazon
logo