リトル巨人くん

リトル巨人くん

長嶋監督と王選手が見出し、読売ジャイアンツに入団した小学生投手・滝巨人の活躍を描く野球漫画。小学館の学年誌、「コロコロコミック」等いくつかの誌面で同時進行的に連載されていた。球界関係者は、連載当時活躍していた実在の野球選手。また、学年誌の方は新学年に切り替わるたびに入団エピソードが新規に挿入される形となっており、そのため年毎に設定が異なっている。後期は投手ではなく、打者としての腕を買われての入団となっていたり、新しく入団した有名選手などが追加されている。

正式名称
リトル巨人くん
作者
ジャンル
野球
レーベル
てんとう虫コミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

1976年のペナントレース、読売ジャイアンツは優勝こそしたものの、リリーフピッチャー不足に悩んでいた。そんなある日、街中で野球をしている少年たちと出会った長嶋監督と王選手は、彼らの中に天才的センスを持つ速球投手・滝巨人を見出す。11月のドラフト会議で読売ジャイアンツは8歳の滝巨人を3位指名。驚愕した報道陣を前に、滝巨人は本当は大リーグに行きたいと言いつつ、巨人軍入団を認めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

8歳の少年。北町小学校に通っている。街で会った読売ジャイアンツの長嶋監督と王貞治に、投手としての天才的資質を見出され、ドラフト3位指名で入団する。以降、主にリリーフピッチャーとして活躍。左投左打。背番... 関連ページ:滝 巨人

滝巨人の読売ジャイアンツ入団時の監督。滝巨人の才能を見出し、小学生をドラフト指名で入団させるという大抜擢を行う。プロとしての心構えを滝巨人に説く反面、子供心を理解して遊びに付き合うこともある。モデルは... 関連ページ:長嶋 茂雄

読売ジャイアンツの選手。4番を任される主砲バッター。長嶋監督とともに、滝巨人の才能を見出す。生真面目な性格だが、滝巨人と堀内恒夫の深夜のバッティング特訓に付き合ってくれる面倒見の良さも持つ。モデルは実... 関連ページ:王 貞治

読売ジャイアンツの投手。同じ投手として、滝巨人の教育係を務め、遠征先などでも寝食を共にしている。学校の宿題を手伝ったりすることもしばしば。ピッチャー返しの恐怖を克服する特訓や、バッティングの特訓なども... 関連ページ:堀内 恒夫

読売ジャイアンツの選手。バッターとして首位打者を狙う位置にいるが、あくまで優先するべきはチームの優勝であることを語り、滝巨人にチームワークの心構えを悟らせる。モデルは実在の野球選手、張本勲。 関連ページ:張本 勲

読売ジャイアンツの捕手。滝巨人とバッテリーを組むことが多い。モデルは実在の野球選手、吉田孝司。 関連ページ:吉田 孝司

読売ジャイアンツの投手。滝巨人の同僚ピッチャーとして、彼とよく助け合う。モデルは実在の野球選手、小林繁。 関連ページ:小林 繁

読売ジャイアンツのコーチ。長嶋監督を補佐する右腕的な存在。モデルは実在の野球選手、杉下茂。 関連ページ:杉下 茂

阪神タイガースの捕手。強打者として滝巨人の前に立ちはだかるライバル。オールスター戦では、滝巨人とバッテリーを組んだ。モデルは実在の野球選手、田淵幸一。 関連ページ:田淵 幸一

阪神タイガースの選手。強打者だが、滝巨人の低めのストレートを苦手としている。モデルは実在の野球選手、掛布雅之。 関連ページ:掛布 雅之

中日ドラゴンズの選手。大リーグ出身。滝巨人の投球時に癖を読み取り、それを試合に活用する。モデルは実在の野球選手、ウィリー・デービス。 関連ページ:ウィリー・デービス

大洋ホエールズの監督。滝巨人の快進撃対策として、ピッチャー返しで恐怖を植えつけるという作戦を行う。モデルは実在の野球選手、別当薫。 関連ページ:別当 薫

ミネソタツインズの選手。ハワイで滝巨人と出会い、バッティング勝負を挑む。モデルは実在の野球選手、ロッド・カルー。 関連ページ:ロッド・カルー

ロッテオリオンズの捕手。「御大」と呼ばれる強打者。オールスター戦、オープン戦などで滝巨人と対戦する。モデルは実在の野球選手、野村克也。 関連ページ:野村 克也

SHARE
EC
Amazon
logo