ルックバック

ルックバック

スポーツも友達付き合いも、なんでも器用にこなす藤野と、画力はすごいがひきこもりで不登校の京本。正反対の二人の少女が出会い、互いに刺激しあい、共に漫画を作り上げていく。二人の少女が漫画を通して、友情を育みながら成長していく青春長編読み切り。主人公の心情や季節の移り変わりを繊細なタッチで描く。WEBで公開し、SNSで話題になった作品。「このマンガがすごい!2022」オトコ編1位を獲得。集英社「少年ジャンプ+」2021年33号に掲載。

正式名称
ルックバック
ふりがな
るっくばっく
作者
ジャンル
作家・漫画家
 
青春
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小学4年生の藤野は、学年新聞で4コマ漫画を書いていて、周囲からは絵がうまい、話が面白いと、もてはやされていた。先生から「隣のクラスの京本は、学校には来られないが、漫画を書いてみたいそうだ。彼女のために学年新聞の漫画の枠を一枠譲ってくれないか」と頼まれる。藤野は漫画を書くのは簡単じゃないですよと、上から目線で一枠を譲る。二人の漫画が並んだとき、京本の圧倒的画力に驚く藤野。これを見たクラスメイトからも、藤野の絵はフツーだなと言う声が聞こえてきた。藤野は同い年なのに自分よりも絵のうまい人がいることが許せず、その日から絵の猛勉強を始める。デッサンやパースなどの絵の基礎を学び、友達とも遊ばず、勉強も疎(おろそ)かにし、学校でも家でも黙々と絵を書き続けた。季節は移り変わり、藤野は6年生になっていた。いつまで絵を描き続けるのかと、友達や家族からも呆(あき)れられてきた頃、配られた学年新聞を見て、京本との画力の差がさほど縮まっていないことを知り、藤野は絵を描くことをやめてしまう。そして小学校の卒業式。先生から卒業証書を届けて欲しいと頼まれた藤野は、京本の家を訪ねる。ピンポンを鳴らしても、ドアを開け声をかけても出てこないので、物音のする部屋の方へ向かった。廊下に積まれた大量のスケッチブックの上に4コマの枠の入った白紙の用紙を見つけた藤野は、京本を題材にした4コマ漫画を描き始めた。手が滑ってドアの隙間から書いた漫画が部屋に入ってしまった。藤野は慌てて卒業証書を置き、逃げるようにその場を離れた。すると半纏(はんてん)を着た京本が飛び出してきて、ずっと藤野の漫画のファンだったことを告げ、サインを求めた。京本から「6年生の途中からどうして漫画をやめてしまったのか」と聞かれた藤野は「漫画賞に出す話を考えていたから」と答え、京本に話ができたら見せると約束して帰った。こうして出会った二人は、藤野がネームを書いて、京本が背景を描くという分担をして、1年かけて作品を作り上げていった。二人は「藤野キョウ」というペンネームで漫画賞に応募し、13歳で入選。その後も二人で漫画を書き続け、藤野は徐々に京本を外へ連れ出すようになる。高校卒業間近に編集部から連載の話が来るが、京本は美大に進学したいから連載を手伝えないと藤野に話す。

登場人物・キャラクター

藤野 (ふじの)

ショートカットの女の子。運動神経が良くて、友達も多い。ずっと絵がうまいと言われてきて、自分の才能に自信を持っていた。小学3年生の時から学年新聞の4コマ漫画を書いており、評判も良かったので少しいい気になっていた。負けず嫌い。

京本 (きょうもと)

藤野の隣のクラスの女の子。人が怖くなり、不登校になってしまう。家でずっと絵を描いており、圧倒的な画力を持っている。また絵に対する向上心も高い。藤野の漫画の大ファンで、学年新聞の4コマを切り抜いて保存している。髪はボサボサで毛先が跳ねており、前髪が長い。

SHARE
EC
Amazon
logo