ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

2013年に公開された『名探偵コナン』の劇場版アニメ『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』のコミカライズ作品。モンキー・パンチの代表作である『ルパン三世』とのクロスオーバー作品で、作中にも同作品のキャラクターが数多く登場。2009年に放送されたTVアニメスペシャル版の『ルパン三世 VS 名探偵コナン』とはストーリー上の接点があり、本作はその続編的な内容となっている。「週刊少年サンデーS増刊」2014年3月号から2015年6月号にかけて不定期に掲載された。

正式名称
ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
原作者
モンキー・パンチ
原作者
青山 剛昌
漫画
漫画
ジャンル
探偵
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

神出鬼没の泥棒、怪盗キッドは、厳戒体制を敷いていた警察の裏をかき、月島の宝石店からまんまとダイヤを盗む事に成功した。しかし江戸川コナンは、拳銃を発砲して包囲網を突破するといった、怪盗キッドの今までにないやり方に疑念を抱いていた。コナンは激しい追走劇の末、怪盗キッドを追いつめる事に成功するものの、突如現れた石川五右衛門によって妨害される。実は今回出現した怪盗キッドは偽物であり、その正体は世界を股にかけて盗みを働く、かの有名な大泥棒のルパン三世だった。さらに、盗んだダイヤを釣り人のバケツに入れて逃走する、という不可解な手口を見せたルパン。彼の真の目的がチェリーサファイアという宝石にある事を、ルパンを専門に追うICPOの刑事、銭形幸一から聞かされた警察の目暮十三、高木渉、佐藤美和達は、その情報をもとにチェリーサファイアが納められた銀行の金庫を護衛するが、変装して現場に潜り込んでいたルパンにまんまと出し抜かれ、チェリーサファイアを盗まれてしまう。ルパンは、盗んだチェリーサファイアと引き換えに、謎の男達に捕らわれていた峰不二子を救出する。時を同じくして、来日中のイタリアの人気アイドル、エミリオ・バレッティに会いに行くため、毛利小五郎や毛利蘭、コナン達一行は、サクラサクホテルへと向かっていた。ホテルの受付に案内され、首尾よく中に潜り込んだ一行は、エミリオとそのマネージャーのクラウディア・ベルッチ、プロモーターのルチアーノ・カルネヴァーレに会う事に成功。しかし、その現場には目暮をはじめとする刑事もおり、エミリオが今回のコンサートを中止するように脅迫を受けている事実を知ってしまう。ホテルからの帰宅途中、蘭と鈴木園子は、変装したエミリオに遭遇し、密かに周辺の街を巡る事になった。そんな三人をよそに、ルパンが日本に来た目的を探るため調査を開始したコナンは、ホテルの中でエミリオのボディーガードをしていた次元大介から、情報を聞き出そうとする。そんな中、蘭達といっしょに観光名所のタワーに出向いていたエミリオが、突然展望台の外に飛び出してしまった。エミリオの身を案じた欄は、懸命に彼を説得しようとするが、突風によって二人ともタワーから転落しかけてしまう。エミリオと欄をなんとか支える園子を発見したコナンは、次元との巧みなコンビネーションを披露し、全員の救出に成功する。

第2巻

江戸川コナンは、エミリオ・バレッティから「助けてほしい」と懇願された。聞けば、プロモーターのルチアーノ・カルネヴァーレが不法な闇取引に関与しており、エミリオのコンサートの最中にその取引が行われるという。ルチアーノがイタリアンマフィアと知りつつ、自分のために付き従ってくれているクラウディア・ベルッチの心情を慮(おもんばか)り、エミリオは自作自演の脅迫状を送り、コンサート自体を中止に追い込もうとしていたのだ。コナンはそんな彼の窮状を聞き、ルチアーノに闇取引をさせない事と、悪い奴を全員捕まえる事をエミリオに約束する。一方、銭形幸一達もルチアーノがイタリアンマフィアである事と、その取引の現場をルパン三世が狙っている事を突き止める。さまざまな人間の思惑が絡んだ中でエミリオのコンサートは開催された。その華やかな喧騒の裏で、人気のない旧羽田整備地区では、ルチアーノとアラン・スミシーの闇取引が始まっていた。そこにルパンとコナン、さらに銭形が乱入。銃弾が飛び交う混乱した現場の中、ルパンは取引の品物を入手する事に成功するが、その直後、コナンが呼んだFBIの刑事、ジョディ・スターリング達が現場へと突入し、ルパンを逮捕しようとする。ところが、一瞬のスキを突いたアランがコナンを人質にとり、あらかじめ用意していた飛行機にルチアーノと共に乗り込んだうえ、現場から脱出してしまう。しかし、峰不二子の機転と活躍により、ルパンのみが飛行機に忍び込む事に成功。機内でコナンを救出したルパンは、ルチアーノと大立ち回りを演じるが、ルチアーノが乱射した銃によって機体が傷つき、ルチアーノは機外へと放り出されてしまう。コクピットに乗り込んだルパンとコナンだったが、流れ弾により負傷したアランは、すでに虫の息となっており、そのまま絶命する。アランが命をかけてまで入手を狙っていた取引の品物が、世界の軍事バランスを一変させるほどの強大な力を持つヴェルパニア鉱石である事を見抜いていたコナンは、ルパンがアランとルチアーノの取引を裏からコンロトールし、何者かによって盗まれたヴェスパニア鉱石を奪い返す算段をしていた事も看破する。しかしヴェスパニア鉱石が、賊の手に渡った事を知ったヴェスパニア政府とジランバ共和国の要請により、コナンとルパンは自衛隊の戦闘機に狙われる身となってしまう。戦闘機のミサイルによって撃墜されそうになったその瞬間、コナンの機転によってヴェスパニア鉱石の能力が発動し、すべて電子機器が一時的に無効化され、追跡していた戦闘機は無力化される。危機を脱したコナン達の飛行機も海上に墜落してしまうが、パラシュートで脱出したコナンとルパンは、潜水艦で先回りしていた不二子と灰原哀達によって救出される。ルチアーノから解放されたエミリオ達は無事に帰国を果たし、コナン達も再び平穏な日常へと戻るのだった。

登場人物・キャラクター

アラン・スミシー (アランスミシー)

オールバックの髪型をした男性。隣国から圧倒的な軍事力によって植民地同然の扱いを受けているジランバ共和国の出身で、祖国の窮状に心を痛めている。国家間の軍事バランスを一変させるため、ヴェスパニア鉱石を手に入れようとしていた。峰不二子を人質にとり、ルパン三世を盗みに利用していたが、実はルパンに取引そのものを最初からコントロールされていた。 ルチアーノ・カルネヴァーレとの取引をしてヴェスパニア鉱石を手に入れるが、飛行機に乗って逃亡する際にルパンと江戸川コナンに追いつかれ、乱戦の最中で瀕死の重傷を負い、そのまま事切れる。アラン・スミシーという名は偽名で、本名は不詳。

エミリオ・バレッティ (エミリオバレッティ)

世界的人気を誇るイタリア人のアイドルの美少年。日本で公演をするために来日した。音楽活動を始めた当初は鳴かず飛ばずだったが、プロモーターにルチアーノ・カルネヴァーレがついてから急速に人気が出て、世界的アイドルとなった。ルチアーノの正体が各種犯罪に手を染めるイタリアンマフィアである事に気づいており、信頼するマネージャーのクラウディア・ベルッチの事も心配しているが、それを周囲には言い出せないでいる。 そのため一人思い悩んでおり、ホテルを脱走して日本の観光地を巡り歩いたあとに江戸川コナンに助けを求める。

クラウディア・ベルッチ (クラウディアベルッチ)

ショートカットの髪型をした美しい女性。エミリオ・バレッティが売れない時期からマネージャーを務めており、彼の才能を高く評価しているよき理解者でもある。現在のプロモーターであるルチアーノ・カルネヴァーレがイタリアンマフィアである事を知っているが、エミリオを人気者にした立役者でもあるため、罪悪感にさいなまれながらもルチアーノに従っている。

ルチアーノ・カルネヴァーレ (ルチアーノカルネヴァーレ)

イタリア人の中年男性。エミリオ・バレッティのプロモーターをしているが、それは表向きの肩書にすぎず、その正体はイタリアンマフィア。エミリオの日本公演も、アラン・スミシーとヴェスパニア鉱石を闇取引する事に真の目的があった。取引後に飛行機で脱出を図った際、追いかけて来た江戸川コナンやルパン三世と乱戦になり、割れた窓から空気ごと機外へと吸い出され、消息不明となる。

その他キーワード

ヴェスパニア鉱石 (ヴェスパニアコウセキ)

小国のヴァスパニアで発見された鉱石。非常に特殊な鉱石で、兵器に転用すればあらゆる電子機器に反応しない究極のステルス性を実現できるうえ、特定の電波・電圧で周辺の電気機器を無効させるという特性を持つ。その強力な特性を、軍事転用を企てる国家に狙われている。

チェリーサファイア (チェリーサファイア)

幻の秘宝とされる、非常に美しいサファイアの宝石。ルパン三世が狙っているとされていたが、実はもともとルパンの所有物。アラン・スミシーとルチアーノ・カルネヴァーレを裏取引の現場に誘い出し、ヴェスパニア鉱石を奪還する際の道具として利用した。

クレジット

SHARE
EC
Amazon
logo