レーフ・グリゴリエヴィチ・グレブネフ

BIOMEGA(漫画)の登場人物。別称、レーフ・г・グレブネフ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BIOMEGA(漫画)
正式名称
レーフ・グリゴリエヴィチ・グレブネフ
別称
レーフ・г・グレブネフ

総合スレッド

レーフ・グリゴリエヴィチ・グレブネフ(BIOMEGA)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

ミドルネームのグリゴリエヴィチは「г(ガンマ)」で表記されることもある。世界一の巨大企業、DRFの発祥であるマイクロボルト社の創設メンバーの1人。そして「人類総改換計画」の立案者である。延命手術によって数百年生き続け、DRF二代目総主であるニアルディの野望に最初に気付いたと言われるが、現在は行方知れずとなっている。

個人でゼル研究所という施設を運営していたが、それは180年前に閉鎖されている。

登場人物・キャラクター

700年前に発見された、特異体質の女性。24対の染色体を持ち、その時点で年齢は300歳を越えていると言われたが、とても若く見える外見をしていた。ときどき体から小さなプラスチック片(植物の花粉のような粒...

関連キーワード

DRF
『BIOMEGA』に登場する組織。世界一と謳われる巨大企業であり、大規模なデータテロによって消失した全世界のデジタル記録を復旧する事業をその起源とする。現総主(二代目)はニアルディという女性で、下部組...
『BIOMEGA』に登場する組織。西暦2272年に設立された会社。「MV社」とも表記される。不老不死や延命医療を研究し、幾度も社名を変えながら慈善事業なども行いつつ、やがてDRFという世界一の企業へと...

登場作品

かつて大規模なデータテロにより全世界のデジタル記録が消失し、文明が衰えていく中、そのデータの復旧事業を行う財団「DRF」が世界を牛耳るようになった未来の地球。西暦3005年、DRFは人類にとって7世紀...