BIOMEGA

〈ドローン禍〉と呼ばれるバイオハザードが発生した未来の地球を舞台に、人造人間や改造人間、異能力者らによるハイスピードな戦いを描きつつ、不老不死を巡る企業の計画や、壮大な地球人類の変容をテーマにしたSFバトルアクション漫画。3巻以上に達する作者の長編作品としては、初連載作品『BLAME!』に続く2作目となる。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
BIOMEGA
作者
ジャンル
SF一般
 
バトル

総合スレッド

BIOMEGA(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

逆相写像重合体(BIOMEGA)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:42
カノエ・フユ(BIOMEGA)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:42

新着関連スレッドもっとみる

概要

かつて大規模なデータテロにより全世界のデジタル記録が消失し、文明が衰えていく中、そのデータの復旧事業を行う財団「DRF」が世界を牛耳るようになった未来の地球。西暦3005年、DRFは人類にとって7世紀ぶりとなる火星への有人飛行を成功させた。翌年、未知のウイルス「N5Sウイルス」が地球に持ち帰られ、〈ドローン禍〉という災厄が地上に蔓延する。

東亜重工のエージェント・庚造一DRFの管理下にある人工島に潜入し、そこでDRFの下部組織と戦闘するが、東亜重工も敵の攻撃に遭い、壊滅。直後、武力を背景にしたDRFは世界統一政府の発足を宣言する。そして造一と仲間たちは、DRFの進める人類総改換計画を巡って戦い続ける。

その計画とは本来、N5Sウイルスを用いて人類の不老不死化を目指すものだったが、DRFの二代目総主・ニアルディは別の可能性を考えていた。ニアルディの強行によって地球の環境は大きく変容する。造一たちは新たな世界に君臨しようとするニアルディを止めるため、長きにわたる旅を経験する。

登場人物・キャラクター

主人公
東亜重工のエージェントとして、N5Sウイルスが蔓延した街の「浄化作戦」の支援のため派遣された男性。正体は東亜重工製の合成人間であり、共に育てられた女性型AI、カノエ・フユをパートナーに庚班(かのえはん...
庚造一と同じく、東亜重工のエージェントである合成人間の男性。「ヒノト・タイラ」と呼ばれる女性型AIをパートナーに丁班(ひのとはん)を組み、造一の庚班とは別行動を執っていた。CEUの巡回査察員、ヒグイデ...
東亜重工安全保障部所属の特務員を名乗る。庚造一を「造一兄さん」と呼ぶ合成人間の女性で、機械の義手のような左腕を持つ。一人称は「私」。男性型AIのミズノエ・シンをパートナーとし、壬班(みずのえはん)を組...
庚造一と共に育てられた女性型AIであり、映像(ホログラフ)上の髪型はストレートロング。造一と2人で庚班を組み行動。彼女のAIの本体は小さな球状の装置であり、合成人間用大型二輪車「重二輪HDC-08B-...
東亜重工の合成人間・丁五宇のパートナーである女性型AI。AIの本体は小さな球状の装置であり、合成人間用大型二輪車(重二輪)に搭載され五宇と2人で丁班を組んでいた。五宇と別れた後、コズロフ・レーフヴィチ...
東亜重工の合成人間・壬二銖のパートナーである男性型AI。AIの本体は小さな球状の装置であり、合成人間用大型二輪車(重二輪)に搭載され二銖と2人で壬班を組み行動する。強引な行為を執りやすい二銖のブレーキ...
庚造一が派遣された街で出会う、ショートカットの少女。驚異的な再生回復能力を持つ不老不死者であり、N5Sウイルスが蔓延した地域にいてもドローンに変貌することなく人間の姿を保っていた。記録では17歳で、両...
庚造一が9JOで出会う、イオン・グリーンの保護者。大きな熊の姿をした男性で、着ぐるみなどではなく本物の熊の体を持っているが、言葉を話すことや、器用に銃器を操ることもできる。熊の体のためか、N5Sウイル...
ミドルネームのグリゴリエヴィチは「г(ガンマ)」で表記されることもある。世界一の巨大企業、DRFの発祥であるマイクロボルト社の創設メンバーの1人。そして「人類総改換計画」の立案者である。延命手術によっ...
世界一の巨大企業、「DRF」の下部組織、公衆衛生局の強制執行部隊「CEU」に属する巡回査察員。ワイヤーに繋がれた鉈状の片手武器と、先端に刺のある3本のワイヤーで武装している。東亜重工の合成人間・丁五宇...
世界一の巨大企業、「DRF」の下部組織、公衆衛生局の強制執行部隊「CEU」に属する巡回査察員。若い女性の姿をしているが、特殊な繊維で全身を包み込むことで戦闘形態を構える。強力なバリアを張ったり衝撃をぶ...
700年前に発見された、特異体質の女性。24対の染色体を持ち、その時点で年齢は300歳を越えていると言われたが、とても若く見える外見をしていた。ときどき体から小さなプラスチック片(植物の花粉のような粒...
長い髪の女性で、DRF二代目総主。「触れた物を理解する力」を持つ異能者。生き物の思考も、古代遺跡に染み込んだ古代人の残留思念すらも読み取ることができる。「人類総改換計画」の改正案を却下され、本来の計画...
「ナレイン将軍」とも呼ばれる男性。DRFの下部組織、公衆衛生局を統率している。DRL総主であるニアルディが「人類総改換計画」に対して出した「改正案」を危険視しており、彼女と対立する。かつては強力な殺傷...
公衆衛生局の男性研究者で、通称「ウィルデンシュタイン博士」。ナレイン・メグナード将軍にも敬語を使わず、対等に話しかける人物。(公衆衛生局の上部組織にあたる)DRF本部以外では禁じられた合成人間の研究を...
東亜重工の男性研究員で、通称「黒川博士」。庚造一を始めとした合成人間の開発を主任していた。なお、合成人間の造一らや、AIのカノエ・フユらの母親役を担っていたのは黒川博士の娘であった。特別製の脳から生み...
復物主と呼ばれる存在が創造した新しい世界においてニアルディが生ませた女の子であり、〈復物主の子〉とされる。子宮から誕生した直後は庚造一の手に乘る程度の小ささだったが、その時点から言葉を話して歩行する力...

集団・組織

『BIOMEGA』に登場する組織。庚造一を始めとした合成人間たちをエージェントとして派遣した企業。火星へ探査船を送ったDRFの動きに対応し、社の命運を賭した大事業を行うために造一らを開発した。社名に表...
DRF
『BIOMEGA』に登場する組織。世界一と謳われる巨大企業であり、大規模なデータテロによって消失した全世界のデジタル記録を復旧する事業をその起源とする。現総主(二代目)はニアルディという女性で、下部組...
『BIOMEGA』に登場する組織。略称はPHS。DRFの下部組織であり、ナレイン・メグナードを将軍とする。CEU(セウ)と呼ばれる強制執行部隊を擁する。なお、公衆衛生局の職員は白い前垂れを着けているこ...
CEU
『BIOMEGA』に登場する組織。DRFおよび、その下部組織である公衆衛生局が擁する強制執行部隊のこと。空母機動部隊や機甲部隊を構成し、政府の軍隊をも脅かす戦闘力を保有している。なお、公衆衛生局のCE...
『BIOMEGA』に登場する組織。西暦2272年に設立された会社。「MV社」とも表記される。不老不死や延命医療を研究し、幾度も社名を変えながら慈善事業なども行いつつ、やがてDRFという世界一の企業へと...

場所

9JO
西暦2206年頃(作中の800年前)、太平洋上に建造された人工島。DRFの管理下にあり、複数のMSCF(最重要警備隔離施設)を抱えている。庚造一とカノエ・フユの庚班が、N5Sウイルス感染者の浄化作戦に...
かつて遺棄されたことになっている、巨大人工衛星と地球を繋いだ巨大なケーブル施設(軌道エレベーター)。軌道上にある人工衛星は「本体」と呼ばれ、そこは7世紀前に人類が火星へと入植した船の出発地点でもあった...

その他キーワード

『BIOMEGA』の用語。人工的に生み出される人造人間のこと。庚造一を始めとする東亜重工製の合成人間は、非常に強靭な肉体と怪力を備え、特別なことがなければ僅かな水分補給だけでも5年間の生存が可能な持久...
『BIOMEGA』に登場する架空の乗り物。庚造一が愛騎とする合成人間用大型二輪車で、「重二輪HDC-08B-3」と呼ばれる(HDCは「Heavy Dual Coil」の略)。東亜重工製。車体全高にほぼ...
『BIOMEGA』に登場する架空の兵器。庚造一の愛騎である、十二輪HDC-08B-3に内蔵された大型ライフル型弾体加速装置。軌道大陸間弾道ミサイルの射出後に地上から撃ち落とすほどの長射程と威力、命中精...
『BIOMEGA』に登場する架空の兵器。特別製の脳が弾体を加速する力を生み出す、という東亜重工の技術に基づいて公衆衛生局で製造された巨大砲。黒川真村博士はこの技術を公衆衛生局に漏らそうとしなかったが、...
『BIOMEGA』の用語。作中では「N5Sウイルス感染者」に「ドローン」とルビを振られており、N5Sウイルスに感染して遺伝子を書き換えられ、異形の肉体へと変貌して自我を失ってしまった人間たちを指してい...
『BIOMEGA』の用語。非生物(特に幾何学的な形状をしたもの)に反応し、物質を再構築しながら吸収する性質を持つ。火星にいた小さな虫のような生物から「胚珠に似た組織」(雌性配偶体)の形で発見され、地球...