ヴ王

風の谷のナウシカ(漫画)の登場人物。読みは「ヴオウ」。クシャナとは親族関係にある。

  • ヴ王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風の谷のナウシカ(漫画)
正式名称
ヴ王
フリガナ
ヴオウ

総合スレッド

ヴ王(風の谷のナウシカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

トルメキア王。3皇子と皇女クシャナの父。子供らを王位の簒奪者としてしか見ておらず、幼いクシャナに毒を飲ませようとしたこともある。聖都シュワ神聖皇帝らと同じく不老不死になることを願う。3皇子らの軍が敗退した後、自ら軍を率いて聖都シュワに侵攻。オーマシュワの墓所の戦闘で聖都シュワが壊滅した後、教団に招かれてシュワの墓所に足を踏み入れる。

そこで後からやって来たナウシカ墓所の主とのやり取りに立ち会った。ナウシカを「破壊と慈悲の混沌」と呼んで気に入り、ともにシュワの墓所の墓守になることを拒む。墓所の主の有毒な光からナウシカをかばった後、瀕死の状態で脱出。

シュワの墓所の外で皇女クシャナに王位を譲る遺言を残した後、絶命した。

登場人物・キャラクター

風の谷の族長・ジルの娘、後に族長を継ぐ。11人いたジルの子のうち、唯一の生き残り。空を飛ぶ船や凧(グライダー)を巧みに操り、剣術なども人並み外れた腕前。精神世界で蟲や一部の人間と交信する能力も持つ。ト...
トルメキア皇女。幼い頃に父・ヴ王から毒を飲むよう仕向けられるが、母が身代わりとなった。自ら育てた精鋭軍の信頼が篤いことから、ヴ王や兄の3皇子にうとまれる。トルメキア戦役では腐海の南下を命じられるが、こ...

関連キーワード

『風の谷のナウシカ』に登場する国家。大部分を腐海に覆われた陸地から突き出す半島状の土地を治め、風の谷など辺境の小国群を従える。南端にある首都トラスは、かつての巨大都市の廃墟に寄生した街。王族同士が血塗...

登場作品

現代を遥かにしのぐ文明が火の7日間によって崩壊してから1000年近く経った世界。人々は旧世界が残したテクノロジーを発掘し、船と呼ぶ多様な航空機を操って暮らしている。だが火の7日間後に広がり始めた猛毒の...