三人の侵略者

三人の侵略者

脱獄囚と人質との緊迫感あふれるサスペンス・ストーリーに、意外などんでん返しの展開を盛り込んだSFミステリー短編。物語の展開や登場人物設定は、アメリカのサスペンス映画「必死の逃亡者」へのオマージュとなっている。「週刊少年チャンピオン」1969年11月5日号に掲載された作品で、手塚治虫漫画全集の『ザ・クレーター』第2巻に収録されている。

正式名称
三人の侵略者
作者
ジャンル
サスペンス
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

とある避暑地の別荘に、刑務所を脱走した凶悪犯の3人組が忍び込む。彼らはそこで暮らす老婆と少年、その姉の3人を人質に別荘に立てこもる。さらに3人の脱獄囚たちは、近くの別の別荘で避暑を兼ねて仕事をしている漫画家をターゲットにして、かねてからの計画を実行へと移すのだった。

登場人物・キャラクター

ケン

網走刑務所から脱獄して来た悪党3人組の兄貴分。北海道出身のヤクザを自称する、角刈りに着流し姿の男性。サラシの腹巻きの中に短刀を入れており、相手を脅す時に使う。

カポネ

脱獄囚3人組の一人。黒いソフト帽に黒いスーツを着用し葉巻をくわえた禁酒法時代のシカゴギャングのような格好の中年男性。ギャングなのに賭け事にめっぽう弱く、寝たきりのばあさんにも負けるほど。

ピガ

脱獄囚3人組の一人。縞シャツにスーツ姿で傷だらけの顔をした大柄な男性。少し頭が弱く、いつも兄貴分のケンに叱り飛ばされている。酒に弱く飲むとすぐに酔っ払って寝込んでしまう。

SHARE
EC
Amazon
logo