三休老師

父の魂(漫画)の登場人物。読みは「さんきゅうろうし」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
父の魂(漫画)
正式名称
三休老師
ふりがな
さんきゅうろうし

総合スレッド

三休老師(父の魂)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

伊賀大善寺の住職。老人ながらその後ろ姿は巨岩に見えるほど隙が無い。隙の無い空手の構え「水流の形」の創始者で、椿竜太郎明智光成の師匠。伊賀山中の滝修行を通じて南城隼人に無心の境地を教え、「水流の形」を開眼させる。

登場人物・キャラクター

大阪の烈風高校野球部の強打者。バカか天才か分からない怪物。いつも異常なほど大量の涎を垂らしている。三休老師の弟子で、隙の無い空手の構え「水流の形」を体得している。「水流の形」を応用した明智流水流打法を...
昭和25年会津若松で生まれ、3歳の時、父のバット工場移転のため東京に引っ越す。3歳にしてその眼光で長島茂雄を威圧する桁外れの闘志を持つ。また、5歳の時、中学生の王貞治に左打ちをアドバイスするなど、天性...

登場作品

昭和25年、非凡な才能を持つプロ野球選手・波原豪は肺病のため成績不振に陥っていた。波原はスランプ脱出のため、妹・南城民子の夫であるバット作りの名人・南城丈太郎にバットを注文する。民子は息子・隼人を連れ...