孫がゆく~孫正義物語~

佐賀県で産まれた孫正義が、アメリカ留学後、コンピュータ卸売事業で起業し、日本ソフトバンクを設立。株式店頭公開、M&Aなどをしつつ、巨大な企業となったソフトバンクの社長の半生を描く自伝マンガ。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
孫がゆく~孫正義物語~
作画
原作
ジャンル
自伝

総合スレッド

孫がゆく~孫正義物語~(漫画)の総合スレッド
2016.05.06 18:09

新着関連スレッド

コムデックス(孫がゆく~孫正義物語~)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09
ハドソン(孫がゆく~孫正義物語~)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.05.06 18:09

新着関連スレッドもっとみる

概要

佐賀県で産まれた孫正義は、幼少の頃、母親に「男は太かことを考えなあ」と言われて育つ。貧乏な生活だったが、数々のアイデアで商売を助けていく。その後、アメリカ留学。帰国後、コンピュータ卸売事業で起業し、福岡県に日本ソフトバンクを設立した。株式店頭公開、ヤフーによるM&A、メインバンク制からコアバンク制への移行などを経験し、実業家として大きくなっていく。

今や巨大企業のソフトバンクの社長の半生。

登場人物・キャラクター

主人公
実在の企業家、孫正義がモデル。孫正義は、貧乏な幼少期だった。残飯を回収するリヤカーで、母親から「男は太かことを考えなあ」と言われ育てられた。中学高校では、既に商売のアイデアを出していた。司馬遼太郎の『...
実在の人物、フォレスト・モーザーがモデル。アメリカの工科大で音声合成チップを開発した権威。音声合成チップ、辞書、電卓という組み合わせを元に、孫正義が研究開発の依頼をする。
実在の人物、佐々木正がモデル。シャープの天理中央研究所所長。電卓の神様といわれる人物。孫正義の開発した音声付多言語翻訳機の契約を決める。
実在の人物がモデルで、上新電機の社長。ソフトウエアの流通を行う孫正義が、日本中のソフトをかき集めるという約束のもと、独占契約をとりつける。

集団・組織

『孫がゆく~孫正義物語~』の登場会社。実在の会社がモデル。孫正義は90年代に日本一のソフト製作会社だったハドソンとの独占契約を行う。これによって、流通の上流であるハドソン、下流の上新電機をおさえて、勝...
『孫がゆく~孫正義物語~』の登場会社。実在の会社がモデル。アメリカのコンピュータ展示会の会社で、8億ドルで孫正義が購入。孫正義は、世界のコンピュータビジネスの檜舞台への出場権だと思えば安い買い物であり...