久野 淳志

久野 淳志

せいせいするほど、愛してる(漫画)の登場人物。読みは「くの あつし」。

登場作品
せいせいするほど、愛してる(漫画)
正式名称
久野 淳志
ふりがな
くの あつし
関連商品
Amazon 楽天

概要

商社に勤める傍ら、小説家としても活動する27歳の男性。三好海里の友人で、真咲あかりの担当作家。眼鏡をかけた、柔和で落ち着いた雰囲気だが、どこか食えない印象のある人物。栗原未亜美山千明とはあかりの紹介で出会い、友人である海里も含めて、5人で会うようになる。ある目的から千明とあかりの両者と親しくなろうとしており、千明と肉体関係を持つ。

小説家としては新人で、第15回小説原石新人賞を受賞し、小説家デビューを果たした。海里とは大学時代からの付き合い。

登場作品

せいせいするほど、愛してる

世界観不倫の恋愛と、仕事が題材。勤勉で仕事熱心、恋愛よりも仕事を大切に生きてきた女性、栗原未亜が道ならぬ恋に苦しみながらも、化粧品会社の広報として懸命に働く姿が描かれる。並行して友人たちの三角関係が描... 関連ページ:せいせいするほど、愛してる

SHARE
EC
Amazon
logo