乙姫

乙姫

波打際のむろみさん(漫画)の登場人物。読みは「おとひめ」。別称、おつき。

登場作品
波打際のむろみさん(漫画)
正式名称
乙姫
ふりがな
おとひめ
別称
おつき
関連商品
Amazon 楽天

概要

『波打際のむろみさん』に登場する元人間。大昔に知り合った人魚によって、不老の身体と水中で生活できる能力を与えられたことから、生活拠点を海に変えて竜宮城を建設。歓楽の殿堂として一時代を築いた。しかし、生来の高飛車な性格による悪評と、時代の移り変わりにより次第に経営が悪化してしまう。その後、関東大震災による城の倒壊を受けて破綻した。

当初は人魚たちに再興資金の融資を頼んだが、無碍に断られたことから、人魚を憎悪するようになる。やむなく自力で資金を獲得すべく地上に戻り、おつきという偽名で職を転々。ある釣具店で働いていたときに向島拓朗に正体を看破され、以後知り合いとなる。

関連人物・キャラクター

向島 拓朗

聖ピスタチオ学園に通う高校生で、学園でただ一人フィッシング部に所属している。釣りが趣味で天候が悪い日以外はほぼ毎日、近場の堤防で釣りを楽しんでいるが、腕前はそれほど高くない。その堤防で、むろみを釣り上... 関連ページ:向島 拓朗

登場作品

波打際のむろみさん

ある日、近所の堤防で釣りをしていたところ、竿に掛かったのは人魚だった。釣り好き少年・向島拓朗と、むろみと名乗る人魚の面白おかしい交流を描いた、名島啓二の代表作品。 関連ページ:波打際のむろみさん

SHARE
EC
Amazon
logo