波打際のむろみさん

波打際のむろみさん

ある日、近所の堤防で釣りをしていたところ、竿に掛かったのは人魚だった。釣り好き少年・向島拓朗と、むろみと名乗る人魚の面白おかしい交流を描いた、名島啓二の代表作品。

概要

聖ピスタチオ学園に通う高校生・向島拓朗は、学内で唯一のフィッシング部員。その日もひとり釣り竿を担ぎ、近場の堤防で糸を垂れていた。ところが拓朗が釣り上げたのは大魚ならぬ人魚。むろみという名のその人魚は、拓朗を気に入り、その後もしょっちゅう堤防に遊びに来るようになる。さらに、むろみの友達の人魚たちをはじめ、様々な存在が訪れるようになって、静かな堤防は一転、賑やかスポットに。

拓朗むろみを中心とした奇妙な日常が幕を開ける。

登場人物・キャラクター

主人公

見た目は十代後半だが、推定年齢8桁以上の人魚である。ただし、精神年齢は18歳くらい。地元が福岡県の小倉近辺らしく、流暢な博多弁でまくしたてるように話すのが特徴。向島拓朗の釣り竿に掛かったことをきっかけ... 関連ページ:むろみ

主人公

聖ピスタチオ学園に通う高校生で、学園でただ一人フィッシング部に所属している。釣りが趣味で天候が悪い日以外はほぼ毎日、近場の堤防で釣りを楽しんでいるが、腕前はそれほど高くない。その堤防で、むろみを釣り上... 関連ページ:向島 拓朗

『波打際のむろみさん』に登場する人外の存在。見た目は人魚のカタチをしているが、それはかりそめの姿で、実際には太古から存在する超巨大な海竜・リヴァイアサンである。その力は作中の時代において地球最強であり... 関連ページ:リヴァイア

『波打際のむろみさん』に登場する人魚。むろみと親しい人魚のひとりで、よく旅行に出かけたり、ガールズトークに華を咲かせたりしている。ポニーテールに巻貝(アッキガイ)の髪飾りを付けているのが特徴。ちなみに... 関連ページ:隅田

『波打際のむろみさん』に登場する人魚。隅田の友達でむろみとは友達の友達、といった関係だが、人魚の中でも随一の美しさを誇っていたむろみの尾びれに、密かに憧れていた過去を持つ。だが、むろみが陸上に頻繁に上... 関連ページ:富士

『波打際のむろみさん』に登場する人魚。むろみと同じ地元で育った妹分的な存在で、むろみと同じく博多弁を喋る。極度の博愛主義者で、とくにイルカをはじめとする水棲哺乳類に対して強い思い入れを持つ。菜食主義者... 関連ページ:ひい

『波打際のむろみさん』に登場する人魚。懸賞金が掛かった魚類や水棲哺乳類を捕獲する狩人で、割れた腹筋が特徴。舎弟の明石、鳴門とともに瀬戸内三連星と称されている。生来の荒っぽい性格とハンターという稼業の性... 関連ページ:淡路

『波打際のむろみさん』に登場する人魚。海洋生物の保護団体「海域なき医師団」に所属し、海洋生物の怪我・病気の治療に尽力。さらに淡路らハンターによる海洋生物捕獲の妨害活動などにも血道を上げている。大昔に大... 関連ページ:ミズーリ

『波打際のむろみさん』に登場する人外の存在。ヒマラヤ山脈の奥深くに住まう、いわゆる雪男。小さな子供のような可愛らしい外見と動物的な耳、手足をもち、世間一般の伝承とはだいぶ姿が異なる。同じ種族で構成され... 関連ページ:イエティ

『波打際のむろみさん』に登場する人外の存在。ギリシャ神話に登場する半人半鳥の怪物・ハルピュイアの一族で、罠に掛かっていたところをイエティに救われたことから、共に暮らすようになる。鳥頭なため、三歩進む(... 関連ページ:ハーピー

『波打際のむろみさん』に登場する元人間。大昔に知り合った人魚によって、不老の身体と水中で生活できる能力を与えられたことから、生活拠点を海に変えて竜宮城を建設。歓楽の殿堂として一時代を築いた。しかし、生... 関連ページ:乙姫

『波打際のむろみさん』に登場する河童。強面にマッチョな肉体という威圧感を抱かせる風貌と、口数の少ない無愛想な性格をしている。このため気難しいイメージを与えやすいが、実はとてもいいヤツ。仁義に篤く、かつ... 関連ページ:川端

『波打際のむろみさん』に登場するツチノコ。九州某所の山奥に住んでおり、山の環境を整えている。むろみや川端の長年の友人。毎年彼女らに毒キノコ狩りを手伝ってもらっている。川端にとって大恩のある相手らしいが... 関連ページ:宝満

『波打際のむろみさん』に登場する宇宙人。太古の昔に、宇宙船の燃料切れで故郷に帰れなくなったため、地球で暮らすようになった。人類を遥かに凌ぐ超科学テクノロジーを有しており、寿命を延ばすために肉体を機械化... 関連ページ:ワイズマン

SHARE
EC
Amazon
logo