乾 武之進

影狩り(漫画)の登場人物。読みは「いぬい たけのしん」。別称、日光。

  • 乾 武之進
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
影狩り(漫画)
正式名称
乾 武之進
ふりがな
いぬい たけのしん
別称
日光

総合スレッド

乾 武之進(影狩り)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

影狩り三人衆の中で一番若い。少し太めの体格で、気が短いが明るい性格。細かいことは嫌いだが意外に隙がない。女が好きで、旅先ですぐ女郎屋を探したり、いい女を見かけると劣情に走る。くの一に接近されることもしばしばあり、寝床で攻撃されるが、肢体や性的な忍術に負けることはない。三河の鳴瀬藩で鬼役(毒味役)を務めていたが、天井からのの毒で藩主が暗殺され、藩は取潰しとなり、浪人になった。

岡崎の女郎屋で「居残り」をしたとき、初めて日光と名乗る。この時、食客をしていた月光に初めて出会う。毒味役を命じられただけあって、嗅覚・味覚・聴覚・触覚に優れ、三人に迫る罠の兆候にいち早く気付く。

報酬の金で、絵草紙の店やうどん屋などを開き、影狩りから足を洗おうとしたこともあったが、いつも上手くいかず闇の稼業に舞い戻る。

登場人物・キャラクター

影狩り三人衆のリーダー格の中年男。鋭い眼差しで、もみ上げまでつながる顎ひげと口ひげを生やしており、服装はたいてい黒い着物に真っ黒な合羽を羽織っている。神道無念流皆伝で、いかなる状況でも動ぜずに敵を倒す...

登場作品

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で状況の打開をはかる。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府は影と呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。影の暗躍から自藩を守...