影狩り

影狩り

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で窮地から逃れようとした。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府は影と呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。これに対抗するため藩の重臣たちは「影狩り」と呼ばれる三人の卓越した剣の腕を持つ浪人たちに、潜入した影の殲滅を依頼するのだった。烈剣と忍術が激突する、時代劇アクション漫画。

概要

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で状況の打開をはかる。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府はと呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。の暗躍から自藩を守るため、重臣たちは「影狩り」と呼ばれる三人の凄腕の浪人室戸十兵衛日光月光に高額な報酬を払い、の殲滅と取潰しの回避を依頼する。

様々な忍術で襲ってくる無数のたちを、三人は剣の力で切り捨てていくのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

影狩り三人衆のリーダー格の中年男。鋭い眼差しで、もみ上げまでつながる顎ひげと口ひげを生やしており、服装はたいてい黒い着物に真っ黒な合羽を羽織っている。神道無念流皆伝で、いかなる状況でも動ぜずに敵を倒す... 関連ページ:室戸 十兵衛

影狩り三人衆の中で一番若い。少し太めの体格で、気が短いが明るい性格。細かいことは嫌いだが意外に隙がない。女が好きで、旅先ですぐ女郎屋を探したり、いい女を見かけると劣情に走る。くの一に接近されることもし... 関連ページ:乾 武之進

影狩り三人衆のサブリーダー的役割。痩せ型の体格で、細面。顔の右目のあたりに大きな火傷の痕がある。口数は少なく、常に冷静。しかし、振るう剣は「妖剣」と呼ばれるほど強く、伯耆流抜刀術の達人。室戸十兵衛の、... 関連ページ:日下 弦之介

徳川幕府の重鎮で、 影に命令して諸藩の取潰しを仕切る大目付。しかし、かつては室戸十兵衛が仕えていた越後一条の森家の国家老大渕左衛門であり、幕府 と内通して幼君・輝若に将軍下賜の陶器を壊させた張本人。そ... 関連ページ:大場 瀬左衛門

公儀隠密を支配する職についている。前任者の石根刀自斎は、部下の不始末の責任を取らされ切腹した。峻烈な性格で、徳川の世に忍者が世襲制になり、忍びの技や気概が失われるのを憂い、伊賀の厳しい掟に従うことを幹... 関連ページ:堂本 無格

柳生新陰流の技を使う、柳生一門の刺客三人。室戸十兵衛も顔色を替えるほどの凄腕の持ち主。疋田刃吾(ひきたじんご)、庄田斬左衛門(しょうだざんざえもん)、出渕鞘香(いでぶちさやか)、これに連絡役である忍者... 関連ページ:柳生 三羽がらす

二本松藩の御典医。冷凍睡眠、人工冬眠の秘法を完成したと語る老医師。主君丹波守が影に殺され、これが幕府に知られたらお取潰しというので、家老は室戸十兵衛たちと一緒に御典医道願のところへ行く。道願は、死んだ... 関連ページ:道願

神技の持ち主と言われながら、隠遁した老いた伊賀忍者。伊賀地獄谷の伊賀忍軍首領より、影狩り三人衆の暗殺を命じられる。蚊喰は険しい高山の洞窟に居を構え、大量の蝙蝠と隠遁生活を送っていたが、くノ一のかえでが... 関連ページ:蚊喰

老齢であるが一流の剣人。宿屋で影狩り三人衆を襲った強盗五人を、一刀のもとに切り捨てる。それが縁で、その宿で室戸十兵衛と将棋を指す仲になるが、実は彼は柳生一色一門の元総帥だった。公儀隠密の仕事に嫌気が差... 関連ページ:柳生 一色残無斉

武田 晴繁

隠れ里に住む、戦国の世に滅亡したはずの武田勝頼の子孫たちの統領。先祖の隠した莫大な金塊の在処を捜索中、 影の侵入を確認したため、この排除を影狩り三人衆に依頼する。 影のみならず、直轄地となった甲斐国からも武士たち(甲府勤番)が襲来。隠れ里も襲われ焼かれるが、皮肉にもその時金塊の隠し場所が判明する。

無数のカラスを用いる術を使う忍者で、鯰江藩(なまずえはん)取潰しの原因を作り出すために送り込まれた 影である。鯰江藩浮島城の石垣修築工事に対し幕府 から出された修築認可状、これを失えば「無許可で石垣を... 関連ページ:忍鴉

青江 下坂

大場瀬左衛門の後任の大目付。室戸十兵衛に関する、疑念を生じさせるような風評を流し、影狩り三人衆を仲間割れさせ、さらには殺しあうように誘導しようとした。また、十兵衛の越後一乗時代の旧友であり、剣の達人でもある速水喬四郎の心も操り、「幕府に管理される影狩り」を生み出そうとする。

集団・組織

『影狩り』に登場する集団。財政危機に陥った徳川幕府が、取潰しによる領地没収で窮地からの打開を謀り、取潰しの理由である大名の些細な落ち度を探索・捏造するため、諸藩に送り込むお庭番(忍者)・公儀隠密のこと... 関連ページ:

その他キーワード

くノ一忍法

『影狩り』に登場する術。女性の忍者、くノ一が用いる忍術。「吸い酸漿」(すいほおずき)は、特殊加工した酸漿の袋に毒や催眠薬を入れて口の中に隠し、相手の男と接吻をする際にその液体を相手に飲ませるというもの... 関連ページ:くノ一忍法

隠形化身の術

『影狩り』に登場する術。影狩り三人衆が用いる戦術のひとつ。敵を霧の中に誘導し、そこに兜鎧に身を包み馬に乗った日光が現れて大暴れして敵を混乱させる。残った二人が反対側より飛び出し、これを斬殺する、というもの。

四足の法

『影狩り』に登場する術。忍者の歩き方で、「天地に接して天地に逆らわず、大気になじんで大気を斬る」と言われる。影狩り三人衆は変装して一般人を装う忍者たちを、この歩き方で見破る。

書誌情報

影狩り 全10巻 リイド社〈リイド文庫〉 完結

第1巻

(2002年2月発行、 978-4845821884)

第2巻

(2002年2月発行、 978-4845821891)

第3巻

(2002年3月発行、 978-4845821907)

第4巻

(2002年3月発行、 978-4845821914)

第5巻

(2002年4月発行、 978-4845821921)

第6巻

(2002年4月発行、 978-4845821938)

第7巻

(2002年5月発行、 978-4845821945)

第8巻

(2002年5月発行、 978-4845821952)

第9巻

(2002年6月発行、 978-4845821969)

第10巻

(2002年6月発行、 978-4845821976)

SHARE
EC
Amazon
logo