仁川 三重子

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。読みは「にかわ みえこ」。仁川警部とは親族関係にある。

  • 仁川 三重子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
仁川 三重子
ふりがな
にかわ みえこ

総合スレッド

仁川 三重子(アドルフに告ぐ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

仁川警部の娘。峠草平に思いを寄せるが、後にソ連のスパイ、ラムゼイ(リヒャルト・ゾルゲ)につながる本多芳男と出会い、将来を誓う仲になる。ラムゼイが逮捕され、本多芳男が自殺したと知らされると、その痛手から旅に出てしまう。その後、峠草平お桂の店を訪ね、そこで働く仁川三重子と再会する。

登場人物・キャラクター

親身に話を聞きじっくりと自白を引き出す尋問から「ほとけの仁川」と呼ばれる。放火と赤羽警部への暴行容疑で逮捕された峠草平の無実を証明する。峠草平とともに、秘密文書を持って失踪した赤羽警部を追うが、峠草平...
『アドルフに告ぐ』の主人公の一人。協合通信記者。1936年(昭和11年)、ベルリンオリンピックに派遣される。Q大陸上部で学生選抜陸上大会出場経験を持つスポーツマン。オリンピック取材中に弟の峠勲を暗殺さ...
本多大佐の息子。幼年期を父と共に満州国で過ごし、そこで見た日本人の傍若無人さに反感を抱き、ソ連のスパイ、ラムゼイ(リヒャルト・ゾルゲ)の手下となる。芸者となった叔母の絹子の墓参りを欠かさず、墓で待ち伏...

登場作品

ベルリンオリンピックに記者として派遣された峠草平は、ドイツ留学中の弟を何者かに殺され、その存在の証拠すら消されてしまったことに不審を抱く。探るうち、弟がナチスの秘密をつかんでいたことを知る。帰国した彼...