仮面のメイドガイ

メイド忍者やマジカルメイド、古代メイド文明など数々のメイドネタを盛り込んだギャグマンガ。主人公の巨乳に絡めたオチや、最後まで正体不明のメイドガイ・コガラシのキャラクターも魅力。

正式名称
仮面のメイドガイ
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
角川コミックス・ドラゴンJr.(角川書店)
巻数
全15巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

18歳の誕生日に大富士原財閥の財産を受け継ぐとされる富士原なえか。彼女の身の安全を護るため派遣されたのは、超常的なパワーを持つメイドガイ・コガラシと容姿端麗完璧メイドだがドジっ子のメイドガイテイマー・フブキ。二人は誕生日まで彼女を護りきることができるか?

登場人物・キャラクター

富士原 なえか

17歳。私立秀峰制覇学園高校2年C組。女子剣道部副主将だが、後に先代主将を倒して主将となる。18歳の誕生日に大富士原財閥の総帥、大富士原全重郎の財産全てを継承する権利を得る予定で、継承を阻止したい勢力から妨害を受けないようフブキとコガラシが派遣された。本人は至って真面目に生きようとする庶民派だが、家事全般が壊滅的に駄目でフブキたちがやってくるまではゴミ屋敷になっていた。 戦国武将や剣豪など歴史上の武人が好きで、逸話や名言などを引用することがある。関ヶ原では西軍派。バスト88センチの巨乳で男子からも注目されるが、本人は胸目当ての男子を毛嫌いしている。性格は単純で暴走しがち。 特にダイエット関連には熱心で、剣道部もダイエットの一環と言い張る。学校の勉強はあまりできず、特に数学が苦手。栄養が胸に行っているのか、胸にサラシを巻いて小さくすると何故かテストの点は良くなる。18歳になり全重郎から指輪を受け取り、「世界メイド総支配」の頂点に君臨して世界を動かす力を持ったが、本人にはまるで自覚がない。

富士原 幸助

なえかの弟で15歳。ぽっちゃり体型だがダイエットですぐスリムになる体質。さらにコーラなどを一気飲みすると体型が戻る。極度のメイドさんマニアでロングスカート派。エロゲー好きで深夜アニメ好き。高校に進学してからは若返ったツララの猛アタックを受けている。ネットでは、ラッキー幸助のペンネームで携帯小説「隠し砦の三メイドさん」を書いていたが、メジャーデビューを目指し「七人のメイド侍さん」を書きあげ、これが全日本ジュニアメイドノベルズ大賞で優勝。 一躍ヒット小説家となり、大勢の女性ファンに囲まれることになる。しかしWEB小説の内容がアダルトだったため、女性ファンは一気に居なくなる。17代後の子孫、富士原幸時郎は24世紀の時空刑事として活躍中。 幸助と同じくメイドさんマニアで正統派メイド好き。

フブキ

19歳。ランキングはS級メイドだがドジっ子メイドなので肝心なところでミスをする。富士原家のハウスメイドにしてメイドガイテイマー。部下であるコガラシの暴走を止めることができるはずだが、あまり効果はない。主な武装は釘バット。町内では美人メイドとして有名で、下着泥棒たちの間では盗まれた下着が末端価格で数百万~数千万円になることも。 祖母は常若のアラシ、母はタツマキ。アルコールに弱く、酔うと脱ぎ出す。口癖は「お馬鹿―っ!」。

コガラシ

メイドガイ。大富士原全重郎によって、富士原なえかと富士原幸助を警護するために送り込まれた万能メイド。筋骨隆々たる男性だが、何故かメイド服を着用し、目の部分を隠すホワイトプリムを着用。年齢は不詳で、第二次世界大戦以前、大正時代での活躍記録もある。マスターメイドガイの言葉によれば、60歳以下ではあるらしい。 過去には妻を娶ったこともある。あらゆることに精通し、頭脳は明晰、肉体は強靭、なえかやフブキによって折檻され半殺しの目に遭っても復活する体力を持つ。ただし常識は通じない。ご主人を守護することを優先し、それ以外のあらゆることを無視し、セクハラも気にしないし自覚もない。上司であるメイドガイテイマーのフブキの命令下にあるが、大概言うことを聞かずに独自行動をおこす。 緊箍(きんこ)と呼ばれる、孫悟空が頭にはめた緊箍児(きんこじ)と同じ効果を持つ笛を鳴らすとダメージを受け、至近距離から十数秒笛の音を聞かせると、流石に絶命するらしいが実際効果はあまりない。メイドガイセンサーやメイドガイ・ヴォイス、37あるメイドガイ・センシズなど数々の人間離れした特殊能力を駆使してご主人を護り、ご奉仕する。

大富士原 全重郎

富士原なえかと富士原幸助の祖父。大金持ちでメイド好き。富士山麓にある広大な敷地に建てられた豪邸に2万人のメイドと共に住んでいる。直系の子孫や継承権を持つ者が次々と行方不明や原因不明の事故に遭い、継承権を持つ者はなえかと幸助の二人だけとなったので、残された二人を護るべく富士原家にコガラシとフブキを送り込む。 初婚は幼い頃からの許嫁、旧姓・中富士原なつき。後にフブキの祖母、常若のアラシと婚約する。世界中のメイドの配置任命を自在に定めることのできる「世界メイド総支配」の地位を持ち、世界379万のメイドの頂点に立つが、この権力の座をなえかに譲ろうとしている。幸助と同じくコーラを一気飲みすると太る体質。

なえかの両親

南米で乗っていた飛行機が墜落し、行方不明になる。しかし考古学者にして元・名探偵のジョー・ライアーの調査により、生存の可能性が示唆された。実際は南米奥地でメイド文明の遺跡調査をしており、世界中の人々がメイドさんを愛するようになるというメイド神殿を探していた。父親である富士原幸一郎は小説家でもあり、世界的ヒットしたメイド少女小説「はぁりぃ・ポッたん」の作者。 映画化もされシリーズ累計80億冊、その印税はゲイツの年収にも迫ると言われる。母親のなおりは幸一郎に付いて調査旅行を続けている。容姿はなえかに似て巨乳。かつてはタツマキと幸一郎を争ったこともある。全重郎となつきの娘。

常若のアラシ

フブキの祖母。半世紀以上16歳を続けており、年齢を感じさせない若い容姿を持つが年齢の事に触れると怒る。御前直属のお側メイドでメイドマスターの称号を持つSS級メイド。そのメイド柔術は大戦中タイガー戦車をもぶん投げたという。メイドアカデミー時代はフブキの教官でもあり、そのスパルタっぷりは音に聞こえていた。 後に御前と婚約することになり、婚前旅行としてなえかたち共に熱海(御前が作った南半球の島)へ旅行に出かけた。眼鏡着用。

タツマキ

フブキの母。母親のアラシ同様に容姿は衰えておらず、顔もプロポーションもほぼ同一のフブキに変装してフブキのクラスメイトとデートをしたり、フブキの名前でミスコン荒らしをするなど自由奔放なことをしている。「怪盗メイド服」を名乗って、きわどいメイド服で歴史的に貴重なメイドグッズを奪う怪盗だが、フブキ同様ドジなところがある。 元々はなえかの両親の専属メイド。

和泉 英子

富士原なえかのクラスメイト。貧乳でAカップ。女子剣道部では会計を務める。髪型はウェーブのかかったポニーテール。一時は登場人物中最貧乳をエリザベスと争っていたため、彼女が巨乳化した際にはショックを受ける。

平野 美和

なえかのクラスメイト。貧乳でBカップだが、和泉英子ほど貧乳ではないのでコンプレックスは少ない。女子剣道部に所属。英子と同じく剣道の腕はいい。髪型はショートカット。

エリザベス・K・ストロベリーフィールド

通称リズ。イギリスからの留学生で富士原なえかと同じクラスに転校してくる。イギリス人と日本人のハーフ。13歳だが成績優秀なため飛び級で高校に入学している。実はメイド忍者を従えて、なえかの財産継承者の地位を妨害しようと度々アクションを起こしている。兄であるヘンドリックが大好きなブラコンだが、兄が巨乳好きだったので巨乳に対してコンプレックスがある。 浮気者の兄に天誅を下すため、イチゴのマスクをかぶり、「怪傑いちご仮面」として天誅を下すこともある。シリーズ途中で呪いのペンダントにより突然巨乳化するが、再び元に戻る。マジカルメイドとしては、軽量高機動型マジカル剪定士メイド マジカルリッパー=クリス ラズベリーフィールドに変身。 マジカル植木バサミ「ブリュンヒルデ」を使う。

ヘンドリック・K・ストロベリーフィールド

エリザベスの兄。イギリス人と日本人のハーフ。巨乳好きで富士原なえかに一目惚れして、私立秀峰制覇学園に教師としてやってくる。貴族だけあってプライドは高く、庶民感覚からは色々とズレている部分がある。ジェントルメン(紳士)の力を使い、視線だけで異性のハートを射止め、メロメロにすることが可能。 教師の仕事を長期休暇中だったが、後に女性職員や女性理事会員を籠絡し合法的に秀峰制覇学園の校長となる。

シズク

ツララの双子の妹。奥州メイド忍軍に所属する、メイド忍者の下忍。21歳。当初はエリザベスに仕えていたが、後に小富士原家に加担し「侘び介の乱」でも騒動を起こす。髪型はショートカット。ホワイトブリムには十字の星が2つ。ツララと共に行動する。ツッコミ役。

ツララ

シズクの姉。奥州メイド忍軍に所属する、メイド忍者の中忍。21歳。当初はエリザベスに仕えていたが、後に小富士原家に加担し「侘び介の乱」でも騒動を起こす。シズクと同じくショートカットだが目つきが悪い。ホワイトブリムには十字の星が1つ。富士原なえかの暗殺を目論むが毎回コガラシに敗退。 最期は改造手術を受け、メイド・イン・アンバーの力で鬼神に変化して戦うも敗退。その後寒桜によってリサイクル再改造を受け、貧乳の17歳となって復活する。なえかに近づく勢力を監視するべく富士原家に接近しようと、弟の富士原幸助の彼女になるよう指令を受け、秀峰制覇学園に潜入。しかし、数々のラッキースケベのせいで幸助からは痴女として認識され、数々の誤解の果てに全重郎公認の婚約者候補となってしまう。 幸助に言われた何気ない「かわいい」という言葉にもときめくほど男性への免疫がない。意外にも下着はピンクやフリル付きなどかわいらしい物を選ぶ。

氷柱花

奥州メイド忍軍に所属するメイド忍者の幹部五花の一人。シズクとツララに直接命令を下す。コガラシと同じくホワイトプリムの仮面をしており、ロングヘアも自在に動かすことができる。

寒桜

奥州メイド忍軍に所属するメイド忍者の幹部五花の一人で参謀頭。情報部を統括し、呪術・占術に詳しく的中率100%の予知を行うため、氷柱花に助言を請われる立場。わら人形で相手にダメージを与える。登場人物中では最貧乳。

雪月花

奥州メイド忍軍に所属するメイド忍者幹部五花の一人で戦頭(いくさがしら)。メイド忍者内で反乱を起こし、ミニスカートの着用を義務付ける「ミニスカ革命」を起こす。他にも、未来人と結託してメイドの下着を黒下着にしてメイド忍者内の清純派一掃を狙うなど、度々セクシー革命を画策する。 本人はセクシーとは程遠い体型で、「外見はお子様だが、中身はセクハラオヤジ」など陰口を叩かれている。得意技は「変異抜刀ミニスカ斬り」。

御母堂様

支倉常長がメイド王国から招聘した「始祖たる星降るメイドの者たち」の最後の生き残り。メイドの心と忍者のスキルを併せ持ち、日本の裏世界で暗躍してきた奥州メイド忍軍のトップに立つ。400年前に天狗から不老長寿の術を授かり、仙女として生きている。しかし奥の院と呼ばれる浄室から出ることはない。 「始祖のメイドインアンバー」を使って主人である伊達正宗を復活させようとしている。

黒脛巾組零三号

奥州メイド忍軍に所属し、御母堂様の住む奥の院を護る雇われ忍。氷柱花に匹敵する忍術の持ち主だが、男とは戦わない主義のため対メイドガイとして雪月花・ミズチ・シズク・ツララなど女性との特訓には付き合う。根本的に下心見え見えのセクハラを行うスケベ親父。巨乳好き。 後にツララ・シズクを娘とし、寒桜を母とした偽装家族を作っており、父親役をしているため「パパ三号」とも呼ばれる。

黒脛巾組零四号

御母堂様のお側役として仕えるメイド忍者。顔には刀傷がある。

内藤 昌

女子剣道部部長で3年生。長髪に頬にはそばかす。目は糸目だが本気を出すと目が開く。実家は秀峰市旧市街にある内藤一刀流の剣道場で、名家のお嬢様。その跡取り娘にして師範代を務めており、剣道の腕は全国屈指で富士原なえか以上だが、あがり症のため大会などでは今ひとつ実力を出せていない。後に大学受験面接の際にも四苦八苦する。 特技は居合いと据え物斬り。乗馬も少々。

荒屋敷 芳江

修験道高校2年生。17歳。女子剣道部員として富士原なえかと着衣を賭けて対戦し敗北。人間とは思えないサイズの巨漢。「女子剣道界の武蔵坊」とも呼ばれる。

カナエ

龍玉神社の巫女。コガラシのことをガイと呼ぶ。神と交信し、筆でその意思を伝える神下ろしの巫女。幼い頃に、巨乳好きで貧乳嫌いの武将・真平乳門の怨霊を鎮めるため、裸に剥かれて貧乳攻撃に使われるなど、昔からコガラシには酷い目に遭っているが、憎からず思っているらしい。怪しい心霊グッズなどを通販で売りさばいており、時にはトラブルを起こすことも。

中富士原 なでしこ

巨乳好きの武将・真平乳門の怨霊を鎮めるために生贄となるところをコガラシに救われる。後にコガラシの妻となり、なつきを生む。つまり、全重郎の義母であり、富士原なえかの曽祖母にあたる。

小富士原 侘び介

大富士原財閥分家の頭領の肩書を持つ男。末席とは言え財閥の財産継承権権利保有者で、小富士原商事社長。大富士原全重郎を拉致して財産継承者権を手に入れようと、奥州メイド忍軍と共に「侘び介の乱」を起こすが失敗。秀峰制覇学園の理事長も務めている。

小富士原 ネロ秀

秀峰制覇学園の生徒会長。小富士原侘び介の息子。父親が学園の理事を務めているので、勝手な校則を作るなどやりたい放題をしている。毎回登場しては、富士原なえかたちにボコボコにされ入院して終わっていたが、父である侘び介の失脚に伴い後を継いで秀峰制覇学園の理事長となる。

水無瀬 由里

秀峰制覇学園の副会長。18歳。眼鏡っ子。代々小富士原家に仕える御奉仕一族の末裔にして、小富士原ネロ秀付き専属メイド。幼少時よりメイドとしての英才教育を施されてきた。国際A級メイドライセンスを15歳で取得。東大A判定を叩き出し空手とテコンドーに精通し、さらには校内美人コンテストでベスト10入りを果たす。 技能頭脳容姿に資格全てにおいて隙のない完璧超人的女子高生メイド。ただし、ネロ秀に対する言動は割と乱暴。蹴り技中心。

フレイア

マジカルメイド。大英帝国のために邪魔なメイドガイたちを一掃しようと、ヘンドリックと共に来日する。掃除専門特化型のメイド。21のマジカルお掃除兵装を内蔵した「マジカル重箒」を装備する、重機動お掃除メイド魔法少女・マジカルフレイムアーラヤーに変身する。マジカルメダルを破壊されると、変身が解け、元の姿に戻る。

集団・組織

メイド忍者

『仮面のメイドガイ』に登場する集団。伊達正宗が支倉常長に命じた慶長遣欧使節団により、伝説のメイド王国から世界を制す力を持つというメイドさんを奥州に招聘した。その末裔たちは奥州の地に赴き、地元の忍者とハイブリッドな融合を遂げてメイド忍者となった。現在でも奥州には奥の院と呼ばれる施設がある。メイドの立場を利用し、時の権力者に取り入ったスパイ活動や窃盗行為、禁制の品々の売買、一般店舗はもちろん政財界の顔役も集う超高級会員制非合法秘密メイド喫茶をも経営し、この国の様々な場所でメイド悪事を働いている。 そのメイド忍者を統べるのが通称「五花」と呼ばれる古き血統を持つメイド幹部。筆頭は仮面のメイド「御頭」氷柱花。戦闘部門を統括する「戦頭」雪月花。 情報部を統括し、呪術・占術を用いる「参謀頭」の寒桜など。

マジカルメイド教団

『仮面のメイドガイ』に登場する集団。魔女狩りを逃れ、英国に逃げ込んだ魔女の末裔と合体したメイドさんの一派。魔術と奉仕の力を併せ持ち、大英帝国の繁栄を陰で支えたという。西欧における歴史的ご奉仕事件の影に、常に存在していたと言われる。手口の勤勉さと計画の大雑把さを併せ持つ、アホの子。マジカル薬物ドーピングによって、マジカルメイドに変身する。 これは魔女の血を一時的に高める造血剤を打ち、超錬金術製マジカルコントロールメダルのレンズ効果で力を終息させることによって超ご奉仕体に変身するのである。ヴィクトリアンメイドのため、専門特化型のメイドで、掃除や食器磨きなど限られた分野に高い能力を持つ。大英帝国が世界の覇権を手にするため、富士原なえかを守護するメイドガイが邪魔となり抹殺計画を企む。

私立秀峰制覇学園

『仮面のメイドガイ』に登場する学校。S県S市秀峰町にある男女共学校。富士原なえかたちが通う学校。

場所

龍玉神社

『仮面のメイドガイ』に登場する神社。富士山麓の秘境に佇む神社で、天に願いを届ける龍神を祀り建立から2万5千年を謳う老舗の社。ありとあらゆる大願成就を叶えるといわれる神社として知られる。かつてはローマ法王が祈願しに参拝したとの噂もある。オカルトグッズ専門店としても有名で、数々の怪しいアイテムを販売しているが、支払いは現金以外でも「ファイン(ファインプレイ)」と呼ばれるメイドさんのあられもない姿の映像媒体や、着用したコスチュームなどでも可能。

アニメ

仮面のメイドガイ

大財閥の孫娘であり、その莫大な財産相続者となってしまった主人公の富士原なえかは、普通の生活から一転、財産を狙う者が放つ刺客から命を狙われるハメになる。そんなとき、自宅に仮面で顔の上半分を隠した筋骨隆々... 関連ページ:仮面のメイドガイ

書誌情報

仮面のメイドガイ 全15巻 角川書店〈角川コミックス・ドラゴンJr.〉 完結

第1巻

(2005年6月発行、 978-4047124073)

第2巻

(2005年12月発行、 978-4047124332)

第3巻

(2006年5月発行、 978-4047124509)

第4巻

(2006年9月発行、 978-4047124622)

第5巻

(2007年4月発行、 978-4047124875)

第6巻

(2008年1月発行、 978-4047125261)

第7巻

(2008年4月発行、 978-4047125407)

第8巻

(2008年5月発行、 978-4047125469)

第9巻

(2009年1月発行、 978-4047125858)

第10巻

(2009年5月発行、 978-4047126022)

第11巻

(2009年12月発行、 978-4047126374)

第12巻

(2010年9月発行、 978-4047126817)

第13巻

(2011年2月発行、 978-4047127098)

第14巻

(2011年9月発行、 978-4047127449)

第15巻

(2012年5月発行、 978-4047127937)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo