伊藤 三弥

剣客商売(漫画)の登場人物。読みは「いとう さんや」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
剣客商売(漫画)
正式名称
伊藤 三弥
ふりがな
いとう さんや

総合スレッド

伊藤 三弥(剣客商売)の総合スレッド
2016.10.03 20:47

概要

剣客・柿本源七郎の弟子。越後新発田藩の御用人・伊藤家の末子。伊藤郁太郎の弟。剣の他、弓を得意とする。病床にある師匠を気づかい、師匠の20年来の宿敵である嶋岡礼蔵をだまし討ちにした。その際、秋山大治郎に右腕を斬り落とされ、それ以来、大治郎をつけねらうようになった。

師匠の柿本源七郎とは男色の関係にあった模様。

登場作品

時代は江戸後期。江戸の郊外・鐘ヶ淵のほとりに住む秋山小兵衛は世に隠れた名人として、知る人ぞ知る老剣客である。息子・秋山大治郎も将来を期待された剣客であり、小兵衛は息子に道場を建ててやり、ひとり立ちさせ...