但馬 真一

限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)の登場人物。読みは「たじま しんいち」。

  • 但馬 真一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)
正式名称
但馬 真一
ふりがな
たじま しんいち

総合スレッド

但馬 真一(限界集落(ギリギリ)温泉)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

下田市長。白髪の男性で、眼鏡と長いもみあげが特徴。好色。伊豆弁で話す。市長を4期務めており、次の選挙でも対立候補が弱いため次回も当選確実と見られてはいるが、市民の評判はあまり良くない。旅館組合と癒着している。廃業状態の温泉宿山里館がネットアイドル及川あゆを担ぎ出して再生の道をたどっているのを快く思わない川辺伊豆雄の手引きで、成果を横取りするような形で横槍を入れる。

その後、山里館の主人山里康成が市長選挙に立候補したため、激しい選挙戦を演じることになる。

登場人物・キャラクター

伊豆下田にある温泉宿天正館の次男。茶髪で目付きの悪い男性。実家を出て一人暮らしをしている。一橋大学に二浪して入学できず早稲田大学を卒業、地元の建設会社に入ったが喧嘩により退職。31歳独身。無職で釣りや...
伊豆下田の限界集落にある廃業状態の温泉宿山里館の主人。銀髪で眼鏡を掛け、やや鼻が大きいのが特徴の男性。5年前に妻山里いずみが病死し、息子山里龍之介と二人暮らし。何かをやる前に諦めてしまう男。旅館を立て...

登場作品

伊豆のとある集落にある閉鎖寸前の温泉旅館山里館に暮らす山里康成、龍之介の父子の元に謎の男溝田とおるという男が訪れる。彼は父子に立ち退きを迫る組合理事を舌先三寸でおい返し、一宿一飯のお礼に山里館再興のた...