レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-

梅の研究に没頭する主人公の高遠林が、台湾から嫁いできた兄嫁・メイファの不審な行動の真意を探るサスペンスコミック。老舗梅干しメーカーで巻き起こる二人の女性の対立や騒動、人間ドラマなどが描かれた作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ

総合スレッド

レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

高遠 林(レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
ウメトウ(レッド・リン-紅い梅と蒼い梅-)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

老舗梅干し会社「ウメトウ」の娘・高遠林は、梅林にこもって梅の観察を続けていた。そんな時、兄である高遠壇が台湾からやってきたメイファと結婚。彼女は契約農家の娘で、器量もよく、気の利く良嫁だったが、らの祖父である高遠柱が亡くなった時から、家の墓に唾を吐き捨てたりと不穏な言動が目立っていく。不審に思ったは、メイファの目的を探るべく行動を起こしていく。

登場人物・キャラクター

主人公
高遠家の長女で、人並み外れた記憶力を誇る。メイファがウメトウ乗っ取りを画策していることにいち早く気づき、自分の家族を守るために彼女の闇を暴く決意を固める。一時期はメイファの策略によって家族から孤立する...
高遠壇の嫁として台湾から来日した女性。しかし内心ではウメトウに並みならぬ憎悪を抱いており、嫁に入ったのもウメトウのすべてを奪い取る計画の一部だった。かつてはウメトウの梅干しを好む家族思いの心優しい女性...
高遠家の長男で、ウメトウの現社長。台湾で落とした携帯電話をメイファが拾ったことが縁で、恋愛の末に結婚。仲睦まじい夫婦として共に過ごすが、林の計らいによってすべてが乗っ取りのために利用されていることに気...
高遠家の次男で、ウメトウの副社長。おとなしい性格で、目立つ兄弟たちに対し軽いコンプレックスを抱いていた。それを見抜いたメイファの計略により、社内の立場が盤石になる代わりに徐々に傲慢になっていく。林と壇...
高遠家の三男で、ウメトウ東京営業所の所長。明るく前向きな性格で、かつてはミュージシャンを目指していた。母、栄がメイファに陥れられたことにうすうす気づいており、警戒していたが、逆に母を利用され、間接的に...
高遠家の現当主で、林の父親。ウメトウの社長でもあったが、現在は長男の壇に継承している。それに伴い、もしもの時のために遺言状の用意を始めたが、メイファの演技にほだされてしまい、彼女に有利な遺言を残そうと...
高遠家の当主夫人で、林の母親。息子の嫁であるメイファからは気さくに接されており、本人もメイファを大層気に入っていた。しかしそれもまた彼女の策略の一部で、心を許し油断した隙を突かれ地位を失う。それ以来、...
町立梅山小学校の教師。林の記憶力を南方熊楠のようだ、と強く称賛している。メイファの母親とは知り合いで、彼女がメイファを気にかけていたことを知っていた。そのため、林がメイファの闇を探ろうとしたときは、決...
菓子会社の営業を務めており、ウメトウとも親交がある。壇の結婚式の中で、森の頼みで林を呼びに行ったところ、林の類まれな記憶力を目の当たりにし、圧倒される。後にメイファに見込まれ、森の後釜としてウメトウに...
ウメトウの初代社長で、林の祖父。メイファが壇に嫁入りしてすぐに、病没している。少年時代はピッチャーとして名を馳せており、メイファの祖父とは野球の試合を通して知り合った。それ以来無二の親友となっていたが...

場所

和歌山にある大手梅干しメーカーで、高遠林の実家である。過去の悲劇からメイファにひどく恨まれており、現在は乗っ取りの対象として、彼女に狙われている。それを察知した林は乗っ取りを阻止するために奔走している...