俺の妹がこんなに可愛いわけがない

中学生ギャルの高坂桐乃。彼女のはエロゲーと萌えアニメが大好きだという秘密を抱えていた。好きなモノを貫こうとする妹の心を、兄の高坂京介は助けようと奔走する。原作は伏見つかさ。コミックスは4巻で終了後、『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』というタイトルで、続編が出ている。

正式名称
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
原作者
伏見 つかさ
作画
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
電撃コミックス EX(アスキー・メディアワークス)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

普段はモデルをやっている中学生ギャルの高坂桐乃。彼女の秘密はエロゲーと萌えアニメ、特に妹物が大好きなこと。高坂桐乃の趣味は理解できないものの、好きなモノを貫こうとする妹を高坂京介は助けてあげたく思い、彼女の背中を押す。最初はギャルであるがゆえにオタク女子の輪には馴染めなかった。

しかし沙織・バジーナ黒猫というオタク仲間ができて、夢に見ていたオタクライフを送りはじめる。ところがモデル仲間でオタクが嫌いな親友の新垣あやせに趣味がばれ、高坂桐乃は友達と趣味を選びきれず苦しむみはじめる。高坂京介は、なんとか妹の幸せを壊さぬよう、身を挺して彼女たちの問題のフォローに取り組む。

登場人物・キャラクター

高坂 京介 (こうさか きょうすけ)

千葉県千葉市に住む17歳の高校生。平々凡々とした日々を送っている。妹の高坂桐乃からは非常に嫌われていたが、ある日彼女から「人生相談」と称して、隠していた萌えアニメやエロゲーの数々を見せられることになる。ギャルであるがゆえにうまく趣味の羽を伸ばせない彼女の後押しを、身体をはって手助けする。 恥をものともせず、妹の趣味に反対する人々への説得をする熱意あふれる人物。自分なりの仁義ゆえに、妹が窮地に立った場合、喧嘩で殴られようとも守る決意をしている暴走熱血漢。田村麻奈実とは幼なじみの関係で、彼女といるとほっとするようだが恋人になるつもりはないらしい。

高坂 桐乃 (こうさか きりの)

中学生14歳、ライトブラウンに染めた髪の毛、両耳にピアス、マニキュアをつけ、ファッション誌のモデルをやっており、学業優秀、スポーツ万能、クラスでも垢抜けた美人と非の打ち所のない少女。ある日兄に、自分が好きなアニメ『星くずうぃっちメルル』と、隠し通していたエロゲが見つかって焦燥。 兄に「人生相談」と称して、自分が萌え妹ものがどうしようもなく好きなことを明かす。その後彼女にも沙織・バジーナや黒猫といったオタク友達ができる。一方でモデル仲間の親友でオタク趣味を激しく嫌っている新垣あやせとはオタクバレで仲が壊れかける。兄に対しては基本冷淡で、どんなに優しくしてくれても攻撃的。 だが彼の献身的態度に、次第に心をひらいていくようになる。

田村 麻奈実 (たむら まなみ)

高坂京介の十年来の幼なじみで、ショートヘアのメガネっ子。天然気味だが、成績は優秀。趣味が非常におばあちゃんぽいところがあり、高坂京介はそこが心地よく、一緒にいることが多い。田村麻奈実も彼のことを「きょーちゃん」と呼んでおり、傍から見ると恋人同士に見えることも多いようだが、恋人ではない。 派手なギャルである高坂桐乃とは真逆の性格とビジュアルの持ち主で、時折「地味子」と呼ばれることがある。弟はいがぐりあたまの「ロック」こと田村いわお。高坂京介を慕っている中学生の少年。

沙織・バジーナ (さおりばじーな)

中学3年生で、高坂桐乃が初めて参加したオタクオフ会を企画した管理人。身長が180cmと大きめで、藤原紀香と同じスリーサイズ。ジーンズにバンダナ、背中にポスター、ぐるぐるメガネとステレオタイプオタクを地で行く存在。非常に面倒見がよく、オフ会で浮いていた高坂桐乃と黒猫を二次会に誘い、仲良くなっていった。 高坂京介とも妹のことでお互い相談している部分があり、みなのムードメーカーになっている。実際の姿は、このコミックスの中では不明のままになっている。

黒猫 (くろねこ)

ゴスロリ衣装に身を包んだ、中学3年生。黒髪ロングと泣きぼくろ、赤いカラーコンタクトが特徴。外出中はどんなことがあってもゴスロリ衣装を脱がない。普段から「黒猫」というハンドルネームを名乗っており、人を見下した発言が多い。沙織が開いたオタクオフ会で浮いてしまったため、高坂桐乃と一緒に二次会に呼ばれ、いつしか高坂桐乃とはケンカ友達のような関係になっている『maschera~堕天した獣の慟哭~』というアニメを信奉しており、『星くずうぃっちメルル』が好きな高坂桐乃とはいつも衝突している。 普段の様子と本名は、続編の『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』で明かされる。

新垣 あやせ (あらがき あやせ)

高坂桐乃の友人で、一緒にティーンズ誌のモデルをしている。高坂桐乃のことがものすごく好き。最初のうちは高坂京介が妹思いのいい兄だと思い接触してくる。オタク趣味に対しては「犯罪者予備軍」という偏見が強く、高坂桐乃のオタク趣味が露呈してからは、手のひらを返すように蔑視、彼女にオタクであることをやめるよう訴えかけ、絶交状態にまで陥る。

来栖 加奈子 (くるす かなこ)

高坂桐乃と新垣あやせの友人で、非常に小さいツインテールの少女。マイペースすぎる自由人で、高坂京介も新垣あやせも手を焼く人物。

赤城 浩平 (あかぎ こうへい)

高坂京介の同級生で、親友。高坂京介と田村麻奈実が付き合っていると勘違いしていたことがあった。

高坂家の父 (こうさかけのちち)

警察官で、厳格な性格。口数は少ないが、家族には厳しい教育方針を徹底している。高坂桐乃のモデル業に対しては、真面目な仕事であると受け入れ、学業とスポーツ優先であることを条件に認めている。しかしオタク趣味に対して、特にエロゲーに対しては非常に厳しい見方で、高坂桐乃と激しい喧嘩をしている。 実はド級の親ばか。

高坂家の母 (こうさかけのはは)

高坂京介、高坂桐乃共に優しく見守っている。基本家族への接し方は楽観的で軽い。

その他キーワード

『星くず☆うぃっちメルル』 (ほしくずうぃっちめるる)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』に出てくる劇中作品。高坂桐乃が心酔している子供向けバトル魔法少女アニメで、『maschera~堕天した獣の慟哭~』の裏番組。黒猫は「お子様と大きなお友達しか観ない駄作」とバカにしている。

『maschera~堕天した獣の慟哭~』 (ますけらだてんしたけもののどうこく)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』に出てくる劇中作品。ダークヒーロー耽美サスペンスで、黒猫が心酔している。『星くずうぃっちメルル』の裏番組で、高坂桐乃は「邪気眼中二病アニメ」とバカにしている。

クレジット

原作

キャラクターデザイン

かんざき ひろ

関連

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

書誌情報

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 全4巻 アスキー・メディアワークス〈電撃コミックス EX〉 完結

第1巻

(2009年10月発行、 978-4048681728)

第2巻

(2010年8月発行、 978-4048687324)

第3巻

(2010年12月10日発行、 978-4048701112)

第4巻

(2011年4月27日発行、 978-4048704809)

俺の妹がこんなに可愛いわけがないコミックアンソロジー 全1巻 アスキー・メディアワークス〈電撃コミックス EX〉 完結

第1巻

(2011年4月発行、 978-4048704830)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo