ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌

小学生のまる子が「わたしの好きな歌」を題材とした図画の課題を通じて、家族や友人、そして静岡で出会う絵描きのおねえさんである木村しょう子との触れ合いを描いたコメディ作品。同名のアニメーション映画の原作で、さくらももこがその映画のために書き下ろした作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌
作者
ジャンル
ホームドラマ
 
ギャグ、コメディ一般

総合スレッド

ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

さくら ももこ(ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04
大石先生(ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04

新着関連スレッドもっとみる

概要

まる子とクラスメイトたちは、図画の授業中に「わたしの好きな歌」を題材とした絵画を課題として求められる。まる子は音楽の授業で歌った「めんこい仔馬」を題材として選択し、課題に着手するが、上手く描くことができずに悩んでいた。そこで、静岡で知り合った絵描きのお姉さん、しょう子に相談したところ、「めんこい仔馬」ののどかな歌に隠された一面を知ることになる。

登場人物・キャラクター

主人公
マイペースで好奇心旺盛な性格の小学三年生。お使いで静岡に向かった際に、絵描きをしていたしょう子と出会い、親しくなる。図画の課題である「わたしの好きな歌」の題材に音楽の時間にならった「めんこい仔馬」を選...
まる子の父。友蔵の息子でもあり、父親に劣らぬ迂闊さと親しみやすさを持つ。まる子と共に入浴した際に、南の島の話で盛り上がり、居合わせたお母さんを絶句させ、挙句の果てに石鹸を踏んで転ぶという事態を招いた。...
まる子の母。しっかりもので、実質的にさくら家の中では中心的な存在。まる子やヒロシ、友蔵の迂闊さに悩まされる苦労人的な一面も見せる。まる子がしょう子と一緒に水族館に行きたいと語った時は、ヒロシ同様、知ら...
まる子の姉。おかあさん譲りのしっかり者で、まる子には小言をよく言うが、基本的に仲はいい。まる子がしょう子に執心していた時は、自身を姉としてかまってくれなくなったことを密かに寂しがっていた。また、正月に...
まる子の祖父。優しく親しみやすい一方で迂闊な言動が目立ち、そのたびに家族に生暖かい目で見られている。本作でも迂闊な面は健在で、かつて友人の送別会で披露した歌が「めんこい仔馬」の下品な替え歌であったこと...
静岡に住む絵描きのお姉さん。お使いに訪れたまる子と偶然出会い、親しくなった。 まる子が図画の宿題に行き詰まったときはアドバイスを送るが、これはまる子だけでなく、自分に対してもインスピレーションを生み出...
しょう子の恋人である大学生。実家は北海道で牧場を営んでいる。しょう子に対し、大学を卒業したら、共に北海道へ来てほしいとプロポーズをするが、夢を優先する様子を見せられたため、一度はあきらめようとする。し...
まる子の親友。クラスでも屈指の常識人で、クラスメイトのエキセントリックな行動を見ては、まる子に対して微妙な笑顔でコメントする。図画の課題では「うみ」を選択し、まる子と共に絵を描くことの楽しさを分かち合...
まる子のクラスメイト。お金持ちかつ知識が深く、若干ナルシストの面がある。図画の課題では、どんな歌を題材にするのかまる子に興味を抱かれ、その際に「ダンドゥット・レゲエ」を披露する。また、まる子が静岡へ向...
まる子のクラスメイト。眼鏡と「ズバリ」という口癖が特徴的な優等生。1年通じて学級委員を務めている。図画の課題では自分の通う学校の「校歌」を選択し、意気揚々と学校の絵を描く。しかし描写に矛盾があることを...
まる子のクラスメイト。シビアな性格をしており、親友であるはずの藤木くんに声を掛けられた際に 「いないと思っていた」と素で返すなど、辛辣なところはとことん辛辣。しょう子の描いた絵画が載った冊子を偶然持ち...
まる子のクラスメイト。永沢くんの友人であり、彼に負けず劣らずの陰気な性格。「人が欲しがるとゴミでも惜しくなる」など、自己中心的な発言が目立つ。図画の課題では、題材として「ゲゲゲの鬼太郎」を選択。永沢く...
まる子のクラスの担任。温和な性格と容姿が生徒の人気を集めている。図画の課題として「わたしの好きな歌」を出題した。
まる子の学校の音楽教師。戸川先生同様、生徒思いの優しい先生で、まる子たちにも広く慕われている。授業で「めんこい仔馬」を取り上げ、まる子の興味を引いた。