傷の男

傷の男

鋼の錬金術師(漫画)の登場人物。読みは「すかー」。

登場作品
鋼の錬金術師(漫画)
正式名称
傷の男
ふりがな
すかー
関連商品
Amazon 楽天

概要

褐色の肌に銀の髪、紅い眼を持ったイシュヴァール人の本名不明の男性。大柄な身体に似合わぬ軽いフットワークと常人離れした破壊力と錬金術とのコンビネーションで戦う。額に大きな傷がある。人間兵器として国家錬金術師が投入されたイシュヴァール殲滅戦で多くの友と兄を失い、国家錬金術師に復讐する事を誓い、多数の国家錬金術師を殺害する。鉄血の錬金術師グラン准将も殺害し、エルリック兄弟の命をも狙う。イシュヴァラ教の教えと過去のトラウマから錬金術を忌み嫌っており、もっぱら破壊に特化した錬成陣が描かれた右腕を用いて攻撃する。錬金術師とは元来あるべき姿の物を異形の物へと変成する者であり、万物の創造主たる神への冒涜をする者と考え、神の代行者として裁きを下下すという信念を持っている。登場時は復讐心に駆られるままであったが、人々との交流の中でその心に変化が生まれていった。

関連キーワード

イシュヴァール

アメストリス国の東方に住む、褐色の肌に紅い目を持つ人々。イシュヴァール人とも。イシュヴァラ教という独自の宗教を信仰している。アメストリス軍のイシュヴァール殲滅戦において、彼らが住むほぼすべての街が焦土... 関連ページ:イシュヴァール

登場作品

鋼の錬金術師

錬金術師であるエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックの兄弟が、かつて自らの過ちで失ってしまったものを取り戻すための旅の中で、国家を巻き込んだ大がかりな陰謀を知り、それを阻止すべく活躍する姿を... 関連ページ:鋼の錬金術師

SHARE
EC
Amazon
logo