共学高校のゲンジツ

共学高校の日常を描いたスクールライフコメディ。「彼女が欲しい」と言いながら恋愛フラグを叩き折り、友人たちと楽しい学園生活を送りながら「つまらない」と連呼する。何かが起きそうだけど何も起きない、そんな高校生たちの日々を描く。昭和時代後期を代表する学校あるあるネタ、思春期にありがちな夢想ネタを豊富に盛り込んでおり、無為なようでいて輝きに満ちた青春時代の描写と相まって、なんともいえないノスタルジーを感じさせる。「月刊!スピリッツ」2012年3月号から連載中の作品。

正式名称
共学高校のゲンジツ
原作者
さぬい ゆう
作画
ジャンル
学園
レーベル
BIG SPIRITS COMICS SPECIAL(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

草野仁は異性と一緒に登下校したり、イチャイチャしたりといった高校生活を夢見て、共学である尋常第三高等学校に進学したが、いざ高校に進学してみると、その期待は大いに裏切られてしまっていた。2年生に進級しても彼女はできず、クラス内では男子と女子にグループが分かれ、さながらクラス内別学高校の様相を呈していた。草野はそんな恋愛の欠片(かけら)もない毎日を、クラスメイトの内浦十三奈良木秀畝と愚痴りながら過ごしていた。

しかし、実際には隣の席に座る保延をはじめ、仲良くなった別クラスの尼妻、いつも消しゴムを自分のほうに落としてくる山村など、関係を進展させるチャンスはそこかしこに転がっていたりする。草野たちはそんなことも知らず、やはり今日も彼女が欲しいと愚痴りながら、何の変哲もない日々を過ごしていく。

登場人物・キャラクター

草野 仁 (くさの ひとし)

尋常第三高等学校の2年A組に所属する男子。内浦十三や奈良木秀畝といつも一緒にいる3人組の1人。黒髪のナチュラルヘアで、特筆すべき特徴もない普通の男の子。共学高校に進学すれば自然と彼女ができ、充実した学校生活が送れると夢見ていたが、入学してから1年経っても、その気配が一切ないと嘆いている。しかし、隣の席に座る保延と仲が良く、同じクラスの山村や、偶然出会った別クラスの尼妻からも好意を寄せられているのに気づいていない。 鈍感なうえにデリカシーがないため、実際には多くの恋愛フラグが立っているのに、チャンスをことごとくふいにしている。ゲームが趣味だが、特に上手いわけではない。

内浦 十三

尋常第三高等学校の2年A組に所属する男子。草野仁や奈良木秀畝といつも一緒にいる3人組の1人。若白髪で、万年クマのある落ち窪んだ瞳にこけた頬という、高校生らしからぬ風貌をしている。また「~だべ」「~べ」を多用する方言のような話し方をする。草野らと同じように、彼女ができないことに悩んでいるが、実は同じクラスの女子である大江戸から好意を寄せられているのに気づいていない。 大江戸との仲が進展しないのは、大江戸があまり正直な性格ではないということを差し引いても、内浦が鈍感なため。一方で、草野や奈良木に対してはかなり気遣いのできる男で、特に奈良木とは仲が良く、相合傘をして一緒に帰ったり、お互いの家を頻繁に行き来する仲。

奈良木 秀畝 (ならぎ しゅうほ)

尋常第三高等学校の2年A組に所属する男子。草野仁や内浦十三といつも一緒にいる3人組の1人。ぱっちりと大きな瞳に中性的な顔立ち、前髪をヘアピンで留めている。顔つきだけではなく、性格も明るく穏やかで家庭的、いつも一緒にいる男子2人に気遣いもできるという、まるで大和撫子のような人物。とはいえ、当然男子であるため、草野らと同じように、彼女ができないことに悩んでいる。 実は同じクラスの女子である新里莉々亜から好意を寄せられているが、男子に接する態度と違い、興味のない相手にはとことん素っ気ないという奈良木の性格が災いして、一向に関係が進展する気配がない。大江戸と同じマンションに住んでいる。

保延 (ほのべ)

尋常第三高等学校の2年A組に所属する女子。草野仁たちのクラスメイト。常に眠たそうな半目がちの瞳をしている。髪型はミディアムボブヘア。クラスでは草野の隣の席に座っており、内浦十三、奈良木秀畝たちを含めた男子3人組の会話によく混ざってくる。会話の中では、男子たちの恋愛観や女性観を茶化すような振る舞いをするのが常。 スカートの下にいつもジャージを穿いているためあまり色気がなく、基本的に無表情で何を考えているのか分からない。しかし、草野に対しては本気ともとれるような形で、アプローチをかけることもある。本人いわく、鼻が弱いとのことで、いつもティッシュを常備して鼻をかんでいる。

尼妻 (あまづま)

尋常第三高等学校に通う女子。クラスは草野仁たちとは異なる。毛先にシャギーを入れ、襟足だけ伸ばした金髪のショートカットの髪型。目つきの悪い吊り目を持ち、ぶっきらぼうな口調で話すヤンキー系の人物。ある日の休み時間に、草野が教室外でゲームをしていたところ、同じゲームのプレーヤーとして意気投合し、仲良くなる。その見た目や「オレ」という一人称から、草野には男子と勘違いされていたが、れっきとした女子。 男子と思っていた草野から猛烈なスキンシップを受け、徐々に草野のことを異性として意識するようになる。

崩喰 (ほうばみ)

尋常第三高等学校に通う女子。尼妻と同じ部活に所属している。髪型は肩に届くぐらいの短めツインテールで、前髪はセンター分け。太く丸い眉毛と猫のように丸い目、八重歯が特徴。いつでも明るく能天気で、恋愛と流行に敏感という軽い性格の持ち主。服装も短いスカートにルーズソックスとギャル系で、尼妻や鬼添とは違った不良風。 最近めっきり女の子らしくなった尼妻をからかっては楽しんでいる。当の本人も恋愛に興味のある年頃で、男好きを思わせる発言が目立つ肉食系。しかし、自分からは誘いに行かず、相手が来るのを待っているタイプ。

鬼添 (おにぞえ)

尋常第三高等学校に通う女子。尼妻と同じ部活に所属している。長い黒髪ストレートで、前髪も目元が隠れるほどに伸ばした陰気な容姿をしている。また服装も膝下まで隠れるほど長いスカートを穿くなど、尼妻や崩喰とはまた違った不良系の格好をしている。一方で、性格は見た目ほど陰気ではなく、女の子らしくなった尼妻を、崩喰と2人でちゃかすようなノリの良い性格。 また、実はなんでもできるという万能キャラで、特に筆文字は教師から代筆を頼まれるほど達筆。定期テストでは学年上位3位につけ、父親の知り合いに頼まれたからと、ファッション誌のモデルもこなすほど。年頃の女の子らしく恋愛には興味はあるが、やはり自分からグイグイはいかない。

おさげの女子生徒 (おさげのじょしせいと)

尋常第三高等学校1年A組に所属するおさげ髪の女子。妄想癖の激しい性格をしており、学園モノの創作物にありがちな展開を常に夢見ている。具体的には、下駄箱に入ったラブレター、なぜか開いている校舎屋上でのドラマ、遅刻ギリギリでパンをくわえて走る通学路での出会いなどなど。しかし当然それらの出来事が起きるはずもない普通の毎日を送っている。 ちなみに、家庭構成は両親と弟がいる4人家族。成績は中の下。帰宅部で委員会にも入っていない、ごくごく普通の女子だが、クラスの席は窓際の一番後ろという、学園漫画の主人公的ポジションにある。作中でもおさげの女子生徒を中心としたショートネタが頻繁に描かれ、登場回数は非常に多いが、いまだに名前も登場せず、顔も前髪で隠されており、しっかり描写されたことは一度もない。

重本 (しげもと)

おさげの女子生徒のクラスメイトで友人の女子。おさげの女子生徒からは「しげぽん」というあだ名で呼ばれている。黒髪のロングヘアをハーフアップにし、リボンで結んだ髪型とアンダーリムのメガネをかけている。おさげの女子生徒の妄想癖や中二病的な発想に毎回付き合わされている不憫な女子だが、ノリも面倒見も良いため、よく一緒にいる。

山村 (やまむら)

尋常第三高等学校2年A組に所属する女子。草野仁たちのクラスメイト。頭頂部の髪をヘアゴムでくくり、立たせた髪型をしている。草野に対して好意を寄せており、何か理由をつけては話しかけようとしているが、毎回さらっと対処されてしまって、立つ瀬がない。

大江戸 (おおえど)

尋常第三高等学校2年A組に所属する女子。草野仁たちのクラスメイト。ゆるくパーマのかかったミディアムボブの髪型でメガネをかけ、少し吊り目気味の目をしている。出席番号の都合上、内浦十三と同じ日に日直になることが多い。内浦に対して好意を寄せており、内心では仲良くなりたいと考えているが、どうしてもツンツンとした態度を取ってしまい、素直になれないのが大きな悩み。 会うたびに小言を言うため、内浦からは「俺のことを子供扱いしてる」と思われてしまっている。奈良木秀畝と同じマンションに住んでいる。

新里 莉々亜 (にっさと りりあ)

尋常第三高等学校2年A組に所属する女子。草野仁たちのクラスメイト。セミロングの髪を三つ編みのお下げにして、ゆるく前に垂らした髪型をしている。奈良木秀畝と同じ委員会に属しており、好意を寄せている。なんとか距離を縮めようとするものの、奈良木にはまったく相手にされておらず、かなり素っ気ない態度を取られている。 それでも諦めずに、なんとか距離を縮めようと健気に頑張るが、その思いで突拍子もない行動に出てしまいがち。

保健室の先生 (ほけんしつのせんせい)

草野仁らの通う尋常第三高等学校で養護教諭を務める女性。大きなスクエア型のメガネをかけて、茶髪のロングストレートの髪型をしている。年齢は29歳で、独身。心ときめく出会いを求めつつも、何も起きずに、今まで独り身で過ごしてきてしまった寂しい人物。青春時代を謳歌する若者たちの眩しい姿を、ひねくれた目線で見守る毎日を送る。 学校ではほとんど保健室にいるために、職員室でもけっこう浮き気味。しかしその中でも気さくに話しかけてきてくれる焚沢に、ちょっとした恋心を抱いている。

焚沢 (たきざわ)

草野仁らの通う尋常第三高等学校の男性教諭。尼妻らの所属する運動部の顧問も務める。担当科目は国語。無造作にかきあげたオールバックの短髪に、メガネをかけた知的な風貌を持つ。また人当たりが良く、授業中も軽い冗談を飛ばすような気さくな人物で、生徒や同僚からも親しまれている。保健室の先生によれば、30歳で独身の一人暮らし。 実家は神戸で、4人兄弟の3番目。趣味はタウンウォッチ。嫌いな食べ物はニンジン。

中本 (なかもと)

草野仁らの通う尋常第三高等学校の女性教諭。そばかすの残る幼い顔立ちが特徴で、いつも側頭部に1束だけ寝癖のようなハネっ毛がある。同じ職場で働く焚沢とは、大学生時代からの先輩と後輩の仲。焚沢のことを異性として意識しており、かなりあざとい振る舞いをする。

武田 (たけだ)

草野仁らの通う尋常第三高等学校の男性教諭。担当科目は美術。白髪交じりの髪に、眉間の皺(しわ)が深く刻まれた不機嫌そうな顔つきをしている。実際に気難しいというか生徒に厳しい人物で、少しでも授業に遅刻したり、校則違反している生徒を見つけると、長々と説教を始める。そのため、普段から素行が悪い尼妻たちは、武田の姿を見かけただけでも逃げるほど。 崩喰は廊下でぼーっとしていただけで小言を言われた。

友利 (ともり)

尋常第三高等学校2年A組に所属する女子。草野仁たちのクラスメイト。ゆるくパーマのかかった長く美しい金髪を持ち、優れた容姿を持つ。本人もそのことは自覚しており、容姿に伴った上品な立ち居振る舞いを、意識的に心がけている節がある。一人称は「ワタクシ」、何かにつけて「女子力」を気にする自意識過剰娘。性別の異なる草野とは当然のこと、同じ女子である保延とも、クラス内でのグループが違うためにあまり接点がなかったが、テストの補習で保延と一緒になって付き合いが増えていく。 生徒会会長で、見た目も言動もお嬢様のように振る舞っているが、実は頭の出来はあまり良くない。

三珠原 (みずはら)

尋常第三高等学校の卒業生。何代か前のOGの女性。尼妻と同じ部活に所属していた。切れ長の瞳とポニーテールの髪型で、大人びた見た目をしている。噂によれば、高校時代は普通の人が引くぐらい危ない橋を渡ることで有名だったという。尼妻がスポーツ用品店のショーウィンドウで、値段の高いシューズを見ている時にばったり遭遇し、金がないなら「イイ話」を紹介してやろうか、と誘いをかける。

女子A (じょしえー)

尋常第三高等学校に通う女子生徒。ミディアムボブの髪型をしており、後ろから見ると、保延とそっくりな容姿をしている。保延と見間違えた草野仁から一方的に話しかけられ、なんと返していいか分からず動揺していた。コミックスの人物紹介欄にも登場したが、名前は「!!!」となっており、正式な名前や所属クラスなどは不明。 なお、少なくとも草野と知り合いではない。

委員長 (いいんちょう)

奈良木秀畝の所属する委員会の委員長を務める男子生徒。黒く太い眉毛で、髪型はツーブロック。尋三祭では予算を使い切るために、出し物で使用するメイド服をわざと余分に作っており、余った分を奈良木秀畝に着せるという暴挙に出た。しかし、本人いわく、自分が着なかったのはサイズが合わなかったためであり、最初から奈良木の女装をターゲットにしていたわけではない。 尋三祭での委員会癒やしカフェでは、従業員がトイレに行く場合は「3番に行く」という隠語を使うようにと強要するなど、細かい部分にうるさい性格。

仁の母親 (ひとしのははおや)

草野仁の母親。尋三祭の後援会バザーに、草野が昔使っていた三輪車を出品したので、そのついでに草野に声をかけた。セミロングの髪をゆるく三つ編みにした髪型で、高校生の息子を持つ割にはかなり若く見える。草野のことは「仁ちゃん」と呼ぶ。内浦十三や奈良木秀畝とともにいる草野に声をかけた際、仁ちゃんのカノジョと自己紹介してみたり、妙に高いテンションで息子をいじるため、草野からうざがられている。 一方で内浦たちからは面白いお母さんと、好ましく思われている。変わり者として通じるところがあるのか、保延とは意気投合し、一緒に草野をいじっていた。

場所

尋常第三高等学校

草野仁らの通っている高校。制服は男子はブレザーで、女子はセーラータイプ。服装規定は割とゆるく、保延のように、授業中もスカートの下にジャージを穿いていたり、尼妻のように、指定外と思われるシャツを上に羽織っていても、特におとがめはない。一方で、私物の持込にはうるさく、飴玉1つ持ち込んだだけでも注意されるほど。

葛東水族園 (かとうすいぞくえん)

草野仁らの住んでいる街にある水族館。最近になってリニューアルを果たし、再び地元の注目スポットになった。水族館自体もさることながら、水族館の近くにある観覧車からの眺めが絶景として知られている。リニューアル後の連休には多くの客が訪れ、草野の家族も遊びに行った。しかし、実は同じ連休中に保延も遊びに行っており、2人が同じおみやげを用意していたため、草野は「周囲からあらぬ誤解を受けるのでは」と思い悩むことになった。 モデルは葛西臨海水族園。

喫茶浪漫 (きっさろまん)

草野仁らの住む街の喫茶店。メインストリートから離れ、人通りの少ない場所にぽつりと佇む。外装も内装も古びており、尼妻いわく「いかにも不良たちがたまり場に使っていそう」な場所。じつは親戚から経営を任された三珠原が、店長をしている喫茶店。せっかく店長を任されたからには、年下のアルバイトを雇ってイジりたいし、店をバイトにに任せて遊びにいきたいという理由で、尼妻をアルバイトに誘った。 ちなみにその時、時給は最低水準のものが提示されている。

委員会癒やしカフェ (いいんかいいやしかふぇ)

尋三祭において、学級委員会、生活委員会、保体委員会合同で開催された出し物。委員会の女子がメイド服を来て接客するというコンセプトのカフェ。開催にあたり、今年度予算を使い切らなければ来年度の予算が減らされると危惧したため、委員長の主導でメイド服が余分に作られており、余ったメイド服を奈良木秀畝が着ることになってしまった。

イベント・出来事

尋三祭 (じんさんさい)

草野仁らの通う尋常第三高等学校で行われる文化祭。草野たちが2年生の時に行われたもので91回目を数える。草野たちの所属する2年A組では、特になにか催しものをすることはなく、教室を開放して休憩所にするだけだった。なお、各クラスの出し物のほかに、委員会や部活での出し物もあり、奈良木秀畝は、委員会の催しである委員会癒やしカフェで女装をすることになってしまっている。

大食いチャレンジ (おおぐいちゃれんじ)

毎年の尋三祭で行われる恒例行事。1人もしくは2人で参加するイベントで、テーブルの上に盛られた大盛りのメニューを20分以内に完食することができれば、食堂の回数券10枚がもらえる。なお、制限時間内に食べきれなかった場合は、責任を持って持ち帰らなければならない。要するに、尋三祭で出店された飲食模擬店の売れ残りの、体のいい処分イベントである。 当初、草野仁が仁の母親と一緒に参加するはずだったが、母親が開催時間に来なかったため、たまたま声をかけてきた尼妻と一緒に参加することになった。

その他キーワード

ウマ飲みカレーソーダ

尋常第三高等学校の自販機で売られていた炭酸飲料。ネーミングからして明らかにまずそうだが、試しに買ってみた奈良木秀畝によれば美味しいとのこと。またその奈良木の反応を見て、後に続いた内浦十三、草野仁も美味いと絶賛していた。

ジャンケンポンボンバー

商店街の片隅に置いてあるメダルゲーム機。1メダル、もしくは10円で1プレイが可能で、100円なら11プレイすることができる。メダルか硬貨を入れるとゲームが始まり、プレイヤーは「ジャンケンポン」の掛け声に合わせて筐体に備えられたグー、チョキ、パーのボタンを押す。プレイヤーの選択に合わせて、筐体中央LED表示部にもグー、チョキ、パーのいずれかが表示され、選んだ手が表示された手に勝つと勝利、負けるとハズレ。 ゲームに勝った場合、さらにルーレットが回り、止まった目に応じて1~20枚の景品コインが獲得できるというもの。ゲーム勝利時に獲得できるキイロコイン1枚で、30円のお菓子と交換できる。保延が散歩中、何の気なしにチャレンジしたところ2連敗。 気合を入れた3度目の挑戦では、あいこを繰り返す善戦を繰り広げるが、やはり負けてしまい、心をへし折られた。モデルはメダルゲームの『ジャンケンマン』。

ツナマドレーヌ

葛東水族園で売られているオリジナルのお菓子。パッケージには汗をかいているマグロが描かれており、アンニュイでシュール。葛東水族園がリニューアルオープンしたので、家族で遊びに行った草野仁が、お土産として買ってきて、学校で友人らに配っていた。奇しくも同時期に遊びに行った保延も、同じおみやげを買って来ており、2人が一緒に行ったと勘違いされるのではと、草野の心配の種になる。 なお、実際にはリニューアルしてから葛東水族園に遊びに行った者が多くおり、草野たちを含め最低でも5人は同じおみやげを買って来ていた。

モエカノ

携帯用ゲーム機「PGP」専用の美少女アドベンチャーゲーム。ゲーム好きの草野仁はもちろん、内浦十三、奈良木秀畝、保延までもがプレイしていた人気作品。男子3人組はこのゲームの中で彼女を作ることに成功しており、「現実世界でもゲームみたいな女子イベントが起きれば見逃さない」と豪語していた。

Kaibutsu Gari

携帯用ゲーム機「PGP」専用の狩猟アクションゲーム。草野仁がプレイしていたゲームの1つで、同じソフトを持つ他のプレーヤーとの通信協力プレイが可能。同じゲームをプレイしていた尼妻と仲良くなるきっかけとなった。なお、プレイヤーレベルとしては尼妻よりも草野のほうが下。

アンディ3

くるりと巻いたアホ毛を持つペンギンが出てくる映画作品。サブタイトルは「毛モジャペンギンの恩返し」。作品のストーリーは不明だが、このシリーズが好きだという大久保によれば、作品の中でヒロインが片想い中の男子に気持ちを伝えようとするワンシーンがある。大久保が新里莉々亜と遊びにいくため待ち合わせをしていたところ、同じ場所に内浦十三が1人で佇んでおり、その手にはこの映画のチケットが2枚握られていた。 待ち合わせ時間を過ぎてもなかなか新里が現れないため、大久保は「新里が私達を取り持とうとしている」と察し、内浦に声をかけることにする。

クレジット

原作

さぬい ゆう

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo