凡田 夏之介

凡田 夏之介

グラゼニ ~東京ドーム編~(漫画)の主人公。読みは「ぼんだ なつのすけ」。別称、夏之介。

登場作品
グラゼニ ~東京ドーム編~(漫画)
正式名称
凡田 夏之介
ふりがな
ぼんだ なつのすけ
別称
夏之介
関連商品
Amazon 楽天

概要

高卒でプロ野球入りし、中継ぎピッチャーとして神宮スパイダースで活躍していた。左投げのサイドスロー。選手生活10年目を越え大リーグに渡ったがうまくいかず、日本球界に復帰し、文京モップスと契約を結んだ。年俸8000万円に加え50試合登板を果たせた場合に出来高2000万円と、念願の1億円プレイヤーとなった。

背番号は神宮スパイダースの時の「39」から一歩進化してほしいとの意味で「40」が与えられた。天然パーマ気味の髪にメガネをかけており一見柔和だが、シビアな観察眼と野球理論を持つ。野球選手の格を給料の額で見極める癖があり、ほとんどの選手の年俸は頭の中に入っている。

球界の盟主たる文京モップスの人気と重圧に気圧され、シーズン当初は期待を裏切り良い成績を残せなかった。だが徐々にチームに慣れてゆき調子を取り戻し、終盤では中継ぎの柱として優勝に貢献した。しかし連投がたたり利き腕を靭帯損傷してしまった。快復手術を受けたが、復帰は1年半後と遠い先となる。

登場作品

グラゼニ ~東京ドーム編~

プロ野球はカネを稼ぐことが全てと考えているリアリストのピッチャー・凡田夏之介は、契約交渉のもつれから長年在籍した神宮スパイダースを退団し、大リーグに渡った。しかしうまくいかず再び日本球界へと戻り、伝統... 関連ページ:グラゼニ ~東京ドーム編~

SHARE
EC
Amazon
logo