創月

黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)の登場人物。読みは「そうげつ」。

  • 創月
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)
正式名称
創月
ふりがな
そうげつ

総合スレッド

創月(黒鉄〈KUROGANE〉)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

諸国をめぐる旅芸人・円月一座の座頭を務める男性。かつて見世物小屋用の人形を作る腕利きの人形師として知られていたが、いくら精巧に創りあげても人間には及ばない人形に限界を感じ、一座を起ち上げて芝居の世界に身を投じた。あるとき鋼丸の訃報に触れた溪沢響が、そのあとを追おうと自殺を図るも死にきれずにいたところに遭遇。

響の命を救ったのち、一座に迎え入れた。しかし顔や手足に醜い傷跡が刻まれた響がその後も自殺未遂を繰り返したため、自身の人形師としての技術を用いて傷跡を隠す。ただしその技術はあくまで人形のためのものであり、よく見れば人工物であることが明白なもの。以降、響は創月によって作られた精巧な自動人形・玉響であると称し、円月一座の名物出し物として振る舞うようになった。

創月なりに響を愛していたが、響の方は人形として大切にされているように感じてしまう。それが生身の女性への屈折した感情となり、いつしか響は夜な夜な罪もない女性たち殺害するように。それに気づいた創月は、自分の過ちを悟り、雪暮夜心中追分という演目の本番中、ラストシーンで自らを刺した上で響を刺し、舞台上で実際に心中を果たす。

登場作品

舞台は江戸時代。人斬り迅鉄との異名を取る渡世人・迅鉄は、100両という大金がかけられた賞金首だった。あるとき迅鉄は、賞金を狙う犬使いの三太に追われ、からくも返り討ちにするが犬に喉笛を食いちぎられてしま...