黒鉄〈KUROGANE〉

黒鉄〈KUROGANE〉

賞金首だった江戸時代の渡世人・迅鉄は追手によって命を落とすが、偶然通りかかった源吉という天才蘭学者によって機械の体に改造されたことで生き返る。そんな迅鉄が、同じく源吉によって刀に改造された元人間・銘刀鋼丸とともに諸国を旅し、訪れる先々でさまざまな事件に巻き込まれるファンタジー時代劇漫画。

正式名称
黒鉄〈KUROGANE〉
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
講談社漫画文庫(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

舞台は江戸時代。人斬り迅鉄との異名を取る渡世人・迅鉄は、100両という大金がかけられた賞金首だった。あるとき迅鉄は、賞金を狙う犬使いの三太に追われ、からくも返り討ちにするが犬に喉笛を食いちぎられてしまう。その場に偶然通りかかった男は迅鉄が息を引き取ったのを確認すると、その死体を自宅へと持ち帰るのだった。

3か月後、死んだはずの迅鉄は男の家で目を覚ます。しかし迅鉄の姿は、鋼を多く用いられ話すことができない機械の体へと改造されてしまっていた。源吉と名乗る男は、元々は某藩に仕えたれっきとした武士だったが、とある事情で浪人の身になってしまった人物。その後、源吉からひとふりの刀を与えられた迅鉄は、源吉とともにかつて彼が仕えた藩の剣術道場へと赴くことに。

迅鉄は道場で、師範代相手に見事な勝利を飾り、源吉はその話を聞きつけたかつての上役である奉行と面会を果たす。それこそが源吉の目的だった。源吉の馴染みで奉行の不正を目撃してしまった茶屋の娘・滝が奉行によって謀殺されたことを知った源吉は、しかし浪人の身であるために相手にされず、仇を討てずにいた。

迅鉄を利用することで奉行に面会できた源吉は、奉行の刺殺に成功するものの、駆けつけてきた藩士たちによって斬り伏せられてしまう。仲間と見なされた迅鉄にも藩士たちは襲いかかるが、迅鉄はそのことごとくを討ち果たす。

虫の息だった源吉の最期を看取ると彼を埋葬し、源吉に与えられた刀を墓標代わりに突き刺しその場を去ろうとする迅鉄。しかしそんな迅鉄に何者かから声がかけられる。振り向いた迅鉄は、そこで先ほど自分が突き刺した刀が言葉を話しているさまを見るのだった。迅鉄と同じく源吉によって改造され、人間から刀に変わったというそれは銘刀鋼丸と名乗り、自分も連れて行くようにと言う。

言葉を発せられない迅鉄と、多弁な刀・鋼丸は、その後、流れ者として諸国を旅することとなる。

登場人物・キャラクター

主人公

野州楡木の絹里という村の出身。彫り細工の職人であった父親が、絹里で横行していた渡世人一家によるみかじめ料の支払いを止めようと奔走した結果、殺害されてしまう。仇討ちとして渡世人一家と裏で手を結んでいた役... 関連ページ:迅鉄

迅鉄と同じく平間源吉によって改造され、人間から刀の姿になった。柄頭の近くに目が誂えられており視覚を有する上、言葉を発することも可能。ただし脳は刀のサイズに収まらないので迅鉄の頭部に同居させられており、... 関連ページ:銘刀鋼丸

賞金稼ぎとの戦いで死亡した迅鉄を、機械の体へと改造した蘭学者。また同じく仇討ちで死亡した藤波鋼丸を銘刀鋼丸へと改造した人物でもある。もともとはある藩に仕えるれっきとした武士だったが、あるとき自分の力を... 関連ページ:平間 源吉

賞金首になる前の迅鉄の故郷である絹里で、酒場の看板娘をしている。かつて迅鉄と互いに心を寄せ合い、父親の復讐のため役人を斬って出奔した迅鉄のことを4年の歳月が経っても変わらず想い続けていた。機械の体にな... 関連ページ:お月

迅鉄が役人を斬って故郷を出奔してから知り合った顔なじみの渡世人で、ともに仕事を請け負ったこともある。顔の右半分にある大きな火傷痕が特徴。迅鉄が機械の体に改造されて蘇って再び渡世人として各地を旅するよう... 関連ページ:火渡りの錬司

もともとは赤螽一家という渡世人一家の娘だったが、親分である母・赤螽が謀略により捕らえられ自害したため流浪の渡世人に。旅をするうえで好都合なため、普段は男性のように振る舞っている。怪我をして瀕死のところ... 関連ページ:紅雀の丹

迅鉄と同じ絹里の出身で、迅鉄の幼なじみ。迅鉄より7つ年上で、子どものころはよく迅鉄の面倒を見ていた。迅鉄が役人を斬って出奔するより前に絹里を離れ、渡世人となる。機械の体に改造された迅鉄が各地を旅するよ... 関連ページ:諒次郎

流れ者の壺振り師だが、壺に細工をして出目を操るイカサマで荒稼ぎをしている。元々は大店の娘だったが、父親が悪い高利貸しに騙され店を奪われたため一家離散となった。イカサマがばれてトラブルになっていたところ... 関連ページ:朱女

人間だったころの銘刀鋼丸の幼なじみで許嫁だった女性。父親の仇討ちに旅だった鋼丸が死亡したという情報がもたらされ、その後を追おうと海に身を投じる。重傷を負ったものの死にきれずにいたところに、旅芸人・円月... 関連ページ:溪沢 響

諸国をめぐる旅芸人・円月一座の座頭を務める男性。かつて見世物小屋用の人形を作る腕利きの人形師として知られていたが、いくら精巧に創りあげても人間には及ばない人形に限界を感じ、一座を起ち上げて芝居の世界に... 関連ページ:創月

酷薄な渡世人・千羽の新次郎の娘として生を受けるが幼いころに母親が没すると、新次郎が用意した乳母に懐かず、もてあました新次郎が昔なじみの武芸者・古河の養女にさせた。古河は双刃新顕流という流派の道場を営ん... 関連ページ:古河 小宵

SHARE
EC
Amazon
logo