• 黒い風 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 十三人衆

十三人衆

十三人衆

黒い風(漫画)に登場する忍者集団。読みは「じゅうさんにんしゅう」。

登場作品
黒い風(漫画)
正式名称
十三人衆
ふりがな
じゅうさんにんしゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

大きな稼ぎの機会を狙っていた、主君のない忍者集団。徳川家康の出した報奨、城一つと五千の部下を目当てに黒い風を狙う。3人ずつで動くようにするなど、組織的に行動できる一団。火遁、水遁などのオーソドックスな術を得意とする者から、独自の「かわらつぶて」の術を駆使する者まで、メンバーはバラエティーに富んでいる。

登場作品

黒い風

豊臣方の残党の忍者黒い風は、黒太夫の命で新式鉄砲の設計図をアジトに持ち帰る途中、徳川方の忍者に襲われ記憶喪失となる。山中で暮らすこずえの看病を受けたが、現れた追手を体に染みついた忍術で撃退。さらに近寄... 関連ページ:黒い風

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo