台 三元

突撃ラーメン(漫画)の登場人物。読みは「だい さんげん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
突撃ラーメン(漫画)
正式名称
台 三元
ふりがな
だい さんげん

総合スレッド

台 三元(突撃ラーメン)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

満州一のスープの味付けをするという、この道40年の一流料理人。日露戦争の時にロシア軍大陸司令官の宿舎で料理人を務める。一人で敵陣に乗り込んできた一代目の、味に命を掛ける度胸は認めたものの、これまで自分が覚えてきた料理のコツは、突撃10回以上に匹敵する険しい道だと、最初は耳を貸さなかった。

しかし目の前で一代目の舌の確かさを実感すると弟子入りを認め、やがて修行のため奉天に連れて行った。

登場人物・キャラクター

鮎沢錦の祖父。悩む鮎沢錦におやじが、男として取るべき態度を伝える逸話の中で登場。日露戦争に軍夫として戦地での食事係をしていた。納得できる味を追求して、朝から3時間以上も兵達を待たせて調理をするが、それ...

登場作品

トップスターとして活躍する鮎沢錦には、命懸けで味を追求した祖父の魂を引き継ぎ、東京の外れでラーメン屋として屋台を引くおやじがいた。店も持たないおやじをどこかで恥じている人気商売の息子と、派手な仕事を辞...