吉次

遮那王 義経(漫画)の登場人物。読みは「きちじ」。別称、金売り吉次。

  • 吉次
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
遮那王 義経(漫画)
正式名称
吉次
ふりがな
きちじ
別称
金売り吉次

総合スレッド

吉次(遮那王 義経)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

奥州を治める藤原秀衡に仕える商人。もとは武士。キレ者として知られ、漂太牛若丸が入れ替わっていることに気がつく。牛若丸の義父、藤原長成の依頼を受け、漂太を奥州へ案内する。歴史上の実在の人物とされる、橘次がモデル。

登場人物・キャラクター

奥州を治める武将。平家に対抗する力を求めてやってきた漂太(このときは元服して源義経)を、食客として迎え入れる。普段は好々爺然としているが、ひとたび戦いとなれば息子の命を犠牲にすることもいとわない。漂太...
孤児の旅芸人。仲間の少年たちと共に軒下一座を名乗り、大道芸をして暮らしていた。源氏の御曹司牛若丸とうり二つの容姿をしていたことから、その身代わりを頼まれる。子供と思えない度胸の良さと行動力で大役を見事...

登場作品

親を知らない子供の旅芸人・漂太は、連れて行かれた屋敷で自分とそっくりの少年・牛若丸と出会う。漂太が連れてこられた目的は牛若丸の身代わりとなることだった。牛若丸の境遇に同情し、身代わりを務めることを承諾...