国立博物館物語

国立博物館物語

近未来の東京上野公園にある新東京博物館では、ニューロチップAIであるスーパーEを用い、白亜紀の恐竜がいる世界を仮想体験する施設の開発に取り組んでいた。この博物館のユニークな研究者たちを通して自然や科学の物語が展開する。1999年第3回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

正式名称
国立博物館物語
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

森高弥生は新東京博物館の地学部員であり、ニューロチップAI(人工知能)のスーパーEの中につくられた白亜紀の恐竜のいる仮想世界を自由に行動することができる。仮想世界の出来事や新東京博物館のユニークな研究者・学芸員を中心に自然や科学に関する物語が展開する。

登場人物・キャラクター

森高 弥生

東京上野公園にある新東京博物館に勤務している地学部員の24歳の女性。ニューロチップAI(人工知能)のスーパーEの中につくられた白亜紀の仮想世界を自由に行動できる。

益子館長

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の館長で、日本古生物研究を引っ張ってきた重鎮。78歳。 森高弥生に化石クリーニング作業の価値を諭す。

塩野理事長

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の理事長で、元大蔵省主計局長。スーパーEを使って白亜紀の仮想世界を探検するアミューズメント・パークを計画し、研究成果を世間に知らしめ夢を与えようと目論んでいる。

寺越

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館のスーパーEの制御を担当する主任オペレーター。白亜紀の仮想世界にいる森高弥生を補佐するが、時に辛く当たる。

星之川

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の宇宙科学研究部長。隕石の採取・研究では日本の第一人者。

有馬

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の化石が命の地学部員で、森高弥生の同僚。そのキャラクターから毎年のクリスマス・パーティーではトナカイ役をやらされる。

高岡 春美

森高弥生と同じく、スーパーEの仮想世界を自由に動ける女の子。森高弥生が初めて高岡春美をスーパーEの白亜紀の仮想世界を案内したとき、人間の安全機能最優先のスーパーEは二人を仮想世界から解放しようとしなくなる。

西澤博士

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の、ニューロ・チップAI(人工知能)スーパーEの生みの親の天才的数学者。

鴨下

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の鳥類研究室長。森高弥生をフィールド観察に誘い、自然は人間が体系づける以上に複雑であると諭す。

その他キーワード

スーパーE

森高弥生が勤める東京上野公園にある新東京博物館の超弩級ニューロ・チップAI(人工知能)。開発チームはスーパーEの中に白亜紀初期の化石情報に6千万年の淘汰の歴史を与え、生態系の進化を仮想世界をつくりあげ... 関連ページ:スーパーE

SHARE
EC
Amazon
logo