大長編ドラえもん1 のび太の恐竜

大長編ドラえもん1 のび太の恐竜

恐竜の卵の化石を見つけ、卵を孵したのび太が、恐竜のピー助を本来暮らすべき世界へと帰すまでのストーリーを主軸に、様々な冒険をくぐり抜け、出会いと別れを経験するSF作品。映画『ドラえもん のび太の恐竜』の原作で『大長編ドラえもんシリーズ』1作目。

正式名称
大長編ドラえもん1 のび太の恐竜
ふりがな
だいちょうへんどらえもんいち のびたのきょうりゅう
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

スネ夫に恐竜のツメの化石を自慢されたのび太。自分も恐竜の化石を見つけると宣言し、近所を掘って丸い石を見つける。なんとそれは本物の恐竜の卵で、タイムふろしきを使い当時の状態に戻した卵を孵して、ピー助と名づけてかわいがるのだった。しかしドラえもんと相談の結果、ピー助をもとの時代に帰すべきだと考え、恐竜たちが暮らしていた白亜紀へ、タイムマシンで向かう。

登場人物・キャラクター

野比 のび太 (のび のびた)

『大長編ドラえもんシリーズ1 のび太の恐竜』の主人公のひとり。勉強も運動も苦手な小学4年生。昼寝が大好きで、あやとりと射撃では類まれな才能を発揮する。近所で掘り出した恐竜の卵が物語の発端になる。恐竜の卵からピー助を孵し育てるが、大きくなって現代社会では暮らせないと考え、ドラえもんとともにピー助をタイムマシンで白亜紀の世界に連れて行く。

ドラえもん

『大長編ドラえもんシリーズ1 のび太の恐竜』の主人公のひとり。22世紀の未来から、のび太の孫のセワシによって送り込まれた猫型ロボット。お腹のポケットから様々な道具を出してのび太たちを助けてくれる、心強い味方。過去に耳を齧られたことから、ネズミが大の苦手。のび太と一緒に白亜紀に恐竜のピー助を連れて行くが、道中で恐竜ハンターに襲われたためタイムマシンが故障し、北アメリカ大陸に送らてしまう。

ピー助 (ぴーすけ)

のび太が掘り出した恐竜の卵の化石をタイムふろしきで復元し、現代に生まれたフタバスズキリュウの子ども。育ててくれたのび太によく懐いており、離れることを嫌がっている。人間に慣れる恐竜は見たことがないとして、恐竜ハンターが狙っている。

源 静香 (みなもと しずか)

のび太たちのグループの紅一点。とても優しい女の子だが、時に無謀な行動をすることも。『のび太と恐竜』でも、ブロントサウルスの子どもを助けるためにティラノサウルスの前に立ちふさがる。

剛田 武 (ごうだ たけし)

のび太たちのガキ大将でいじめっこ。傍若無人な態度を取ることが多いが、ピンチの時には体を張って助けに来てくれるなど、友情に厚い性格。ものすごい音痴で、皆を困らせることが多い。白亜紀の世界ではプテラノドンの大群に襲われた際、タケコプターが外れて落ちそうになったところをのび太に助けられたことに恩を感じ、最後までのび太に協力することを誓う。

骨川 スネ夫 (ほねかわ すねお)

ジャイアンの腰巾着的立ち位置で、一緒になってのび太をいじめることが多い。お金持ちなことを鼻にかけているところがあり、冒頭でも恐竜のツメの化石を見せびらかす。白亜紀の世界では、恐竜ピー助を恐竜ハンターに渡してしまおうと提案するが、皆の説得により最後まで頑張ることを決意する。

恐竜ハンター (きょうりゅうはんたー)

のび太が育てた恐竜ピー助に興味を示し、売って欲しいと未来からやってきた悪人。マスクで顔を覆い、帽子を被っている男性。ピストルを撃ってくるなど、危険なことも平気で行う。

ドルマンスタン

未来の世界の大金持ちで、恐竜狩りを楽しみとしている老人の男性。ドラえもんのひみつ道具の車バギーカーに対する射撃を見ると、銃の腕は良い。恐竜ハンターたちにとっては上客である。

タイムパトロール隊員 (たいむぱとろーるたいいん)

タイムマシンを使った犯罪を取り締まる警察組織タイムパトロールの隊員。恐竜ハンターたちの動きを探っており、恐竜ハンターがのび太たちをおびき寄せるために入り口を開けたことで秘密基地の場所を見つけ、彼らを逮捕した。

ティラノサウルス

『大長編ドラえもんシリーズ1 のび太の恐竜』に登場するキャラクター。のび太たちを襲って食べようとしたが、ドラえもんの「桃太郎印のきびだんご」を食べることで懐いた。物語の終盤でのび太たちが閉じ込められた部屋に恐竜ハンターがティラノサウルスを送り込むが、桃太郎印のきびだんごを食べていため、のび太たちの窮地を救ってくれた。

集団・組織

タイムパトロール

『大長編ドラえもんシリーズ1 のび太の恐竜』に登場する組織。未来のメガロポリスという場所に本部がある警察組織。タイムマシンを使った犯罪を取り締まっており、恐竜ハンターたちを追っている。

その他キーワード

タイムマシン

ドラえもんのひみつ道具。のび太の机の引き出しから、過去や未来の様々な場所へ移動できる乗り物。恐竜ハンターの攻撃や、定員オーバーによる酷使で故障してしまい、のび太たちは現代に帰れなくなる。時間移動と空間移動の機能があり、故障したのは空間移動機能。

桃太郎印のきびだんご (ももたろうじるしのきびだんご)

ドラえもんのひみつ道具。どんな動物でも人間に懐かせてしまうふしぎな団子。白亜紀の恐竜のオーニソミマスやティラノサウルスに食べさせることでのび太たちを助けてくれるようになった。

白亜紀 (はくあき)

『大長編ドラえもんシリーズ1 のび太の恐竜』の舞台となった時代。恐竜たちが暮らし、のび太が孵した恐竜ピー助の卵が生まれた時代と考えられる。ジャングルにはクルミやブドウなどがあり、海には貝や魚がたくさんいる。ドラえもんの道具で加工すれば食料には困らない。

SHARE
EC
Amazon
logo